女子ゴルファー

2020年3月29日放送「ジャンクスポーツ」に、韓国のプロゴルファーのアンシネが出演します。アンシネの魅力・ファッション・経歴は?ここでは、「ジャンクスポーツ」に出演したアンシネの魅力・ファッション・経歴についてまとめました。

アンシネが「ジャンクスポーツ」出演!プロフィール&経歴は?

生年月日:1990年12月18日

名前:アン シネ(Shin-Ae Ahn)

職業:プロゴルファー

ランキング:2017年度 出場資格QTランキング 45位

出身地:韓国ソウル

身長:165cm

体重:53kg

血液型:A型

趣味:旅行、音楽鑑賞、ファッション

好きな食べ物:サーモン・キムチ鍋

目標とするプロゴルファー:ロレーナ・オチョア

所属:NOW ON

1995年、彼女が5歳の時にゴルフ関係の仕事をしていた父親の影響で、ゴルフ練習場に連れていってもらったのがきっかけでゴルフを始めます。

その後、9歳の時にニュージーランドに移り住み(リディアコ選手と似たような経歴)本格的にゴルフに取り組み始めます。

1999年、9歳の時に家族でニュージーランドに移住します。このニュージーランドで本格的にゴルフを習い始め、中学1年の時にはニュージーランド

代表に選ばれるまでに上達し、4年間同国代表としてプレーした経験を持ちます。

ニュージーランドには10年ほど居住しており、その間アマチュア大会では15回も優勝の実績を残しています。

韓国に帰ってきたのは、2007年です。

翌2008年からは高校生ながら韓国2部ツアーに参加して、2009年から1部ツアーに昇格しました。

その年の新人王に輝いた。2010年には2勝し、賞金ランキング3位に輝いています。

2015年には「KLPGAチャンピオンシップ」で優勝し、初のメジャー大会制覇も成し遂げました。

2017年にワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップで、日本女子ゴルフのメジャーデビューを果たします。

アンシネが「ジャンクスポーツ」出演!アンシネの魅力は?

アンシネ選手は、関係者や取材陣の前では常に笑顔を絶やさないことで有名です。

あるインタビューでは「私はプロ選手である前に女性です」と語り、その美意識をアピールしています

実際、その美貌は折り紙付きです。

イ・ボミ、キム・ハヌル、ユン・チェヨンら日本でも“美女ゴルファー”として有名な韓国人選手たちが歴任してきた“KLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)広報モデル”を何度も務めています。

また、韓国のゴルフ・ファンたちがネット掲示板などで毎試合選ぶ「今週のベストドレッサー」の常連でもあります。

そういった活動や言動から時に誤解を受けることもあるようですが、成績を見てみれば実力も伴っているのです。

しっかりとツアーで生き残っているのがその証拠でしょう。

もともとアプローチの技術は“芸術的”と言われ、“ショートゲームの達人”との異名も持ちます。

アンシネが「ジャンクスポーツ」出演!アンシネのファッションは?

アン・シネのファッションセンスは注目の的です。

そのボディラインがくっきり表れるジャストフィットなウェアにミニスカートといういで立ちで、ファンを惹きつけます。

以前のインタビュー時期には、“ウエストがゆったりしたものよりもタイトなもののほうが胸のラインがきれいに出る”、“試合のときはウェアのカラーマッチングに気を使う。頭から足元まで揃えたいタイプ。ただ、いろんな色をたくさん混ぜたりしない。あと、体がタイトに見えるものが好き”と語っていました。

ファッションのこだわりは、"かわいい"より先に"着用してラクがどうか"。

機能性の次にファッション性というタイプだけに、タイトで動きやすいウエアを好むアン・シネ。

ウエア契約は韓国アディダスです。

顔も良く、脚線美も素晴らしく、なおかつ大胆なファッションで注目を集め、韓国では“ゴルフ界のセクシークイーン”、“フェアウェイの女神”などと呼ばれています。

まとめ:アンシネの魅力・ファッション・経歴とは?「ジャンクスポーツ」

ここでは、「ジャンクスポーツ」に出演したアンシネの魅力・ファッション・経歴についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事