交通事故

2020年2月27日放送「日本人の3割しか知らないこと」のハナタカ優越館のテーマ「交通」で、交通事故・ドライブレコーダー・車の「ハナタカ」が紹介されます。ここでは、 「日本人の3割しか知らないこと」 で特集される、交通事故の研究所が教えたい「ハナタカ」についてまとめました。

交通事故・ドライブレコーダー・車の「ハナタカ」は!

2020年2月27日放送「日本人の3割しか知らないこと」のハナタカ優越館で、交通事故・ドライブレコーダー・車の「ハナタカ」が紹介されます。

民間の日本交通事故鑑識研究所の専門家が教えてくれます。

・車のナンバーにハイフンを使っている理由とは?

・相手が悪い事故でも高額賠償請求される場合が!?もしもの事故で役に立つ知識!

・ドライブレコーダーをつけた車で事故を起こしたときに声を出して言うべきこととは?

ここでは、 「日本人の3割しか知らないこと」 で特集される、交通事故・ドライブレコーダー・車の「ハナタカ」についてまとめました。

車に関わる「ハナタカ」! 車のナンバーにハイフンを使っている理由は?

4桁の数字の羅列より、間にハイフンが入っていると、人間は覚えやすくなるからです。

ただの長い数字はとても覚えにくいですよね?

電話番号もそうですが、数字の間に「ハイフン」が入っていると、記憶がしやすくなるのです。

交通事故に関わる「ハナタカ」! 相手が悪い事故でも高額賠償請求される?

駐停車禁止ではない場所で停車していた車をよけようとした後続のオートバイに、更にその後続車が接触した場合、 駐停車禁止ではない場所で停車していた車は、過失があるのでしょうか?

事故の原因をつくった、ということで、過失あり、になります。

では、過失割合が低いのに、高額の賠償額が発生する場合があります。

どんなときでしょう?

積荷の破損で、高額の賠償金を請求される場合があるのです。

例え、自分の過失割合が低くても、積荷への賠償も、過失割合分発生することがあるのです。

ドライブレコーダーに関わる「ハナタカ」? 事故を起こしたときに声を出して言うべきこと は?

自分の車にドライブレコーダーがある人が、もし万が一、交通事故を起こしたときには、ドライブレコーダーに、相手のナンバーなど相手の詳細の情報を録音しておきましょう!

相手のナンバーが録画されていない場合もあります。

出来るだけ冷静に、自分で見える範囲の、相手の情報を声にだして録音しておきましょう。

事故のとき裁判などで、大切な証拠になる場合があります。

まとめ:交通事故の鑑識をする研究所の「ハナタカ」は!日本人の3割しか知らない?

ここでは、 「日本人の3割しか知らないこと」 で特集される、交通事故・ドライブレコーダー・車の「ハナタカ」についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事