失敗しない30代の転職のポイントは?転職サイトも徹底比較!

30代の転職は、最も活気ある転職市場でしょう。失敗しないために、いくつもの重要なポイントがあります。30代前半と30代後半の転職の違い、成功のポイント、そして転職サイトも詳細に紹介しています。夢への階段をあがりましょう!

30代の転職に失敗しないために

高層ビルを見上げる人

転職をいずれしたいと希望を持っていたとしても、いつ転職するかについては悩む方が多いと思います。一般に、30代は最も転職市場が活発になる年代です。特に、30代前半は、企業側の需要も多い年代といえるでしょう。業種や職種によっては、新卒時よりも選択肢が広がるかもしれません。

30代の転職者は、志望先に対する過大な期待をする傾向にあります。仕事の内容、給与額や賞与・昇給、残業や休日・休暇の量、勤務地や通勤の便、人間関係、社風、将来性、福利厚生の制度など、すべてが好転するということは難しいと思われます。よって、「目的に優先順位をつける」必要があります。自分が、転職することにより、何を求めているかのプライオリティを明確にするためにも、実際に書き出し、ランク付けすることにより、自己分析することが大切です。その上で、求人情報の絞り込みをしましょう。

企業が30代の転職者を求める理由とは?

  1. 即戦力

実務経験や業務実績、交渉力やプレゼン力、ときにはマネージメント力を身につけており、その事を採用者は大きなメリットと考え、即戦力として採用する傾向があります。

2. 築かれた人脈

今まで培った人脈も、業種によっては、企業にとって財産と考えられます。

30代の転職は厳しい?

1.新たな環境への順応が困難

長年慣れ親しんだ社風から全く違う企業文化に身を置き、とまどうことも多くなると思います。基本的なビジネスマナーは同じものの、やはり、細かな習慣と言うものは企業によって違ってくるのが当たり前です。20代に比べて、新しい環境に合わせていく事が困難な場合も考えられます。

2.知識の対応力、体力、柔軟性

新たな知識を吸収したり、柔軟な発想力や体力面はどうしても20代にはかなわないと思われる傾向があります。

30代前半の転職と30代後半の転職の違いとは?

よく転職の限界年齢は30代前半までと言われていた時代がありますが、これは求める人材が多様化し、終身雇用及び年功序列という日本の伝統的な形式が形骸化されている現在、気にしない会社が増えています。

ただし、今まで経験のない職種に転職するキャリアチェンジをする場合は30代前半までに挑戦するのがベターです。一般に、キャリア理論的には、20代は自分のスキルや可能性を探す「探索期」、30代は専門性を確立する「確立期」だといわれています。

まったくの異業種や経験したことのない職種にチャレンジするという場合には、20代の転職希望者や新卒者が競争相手になることを理解しておく必要があります。

30代前半の限界説は、転職の限界ではなく、今までの職種を変えて、異業種にて専門性を確立する場合の限界ラインと考えられます。(もちろんこれも、一般的な考え方であり、職種によって異なります。)

それでは、30代後半の転職には、何を求められるのでしょうか?

やはり、35歳を過ぎれば、業務課題の把握はもちろん、対応策や改善の提案など、マネジメント意識の有無やパフォーマンス向上への推進力も評価項目になってきます。

リーダーや管理職としての経験があることがベストですが、そのような経験がない場合にも、将来的に管理職になることを考えた場合に自分の優れた資質はどのような点か、課題となるのはどのような点かといったことを説明できるようにしておく必要があるでしょう。

30代の転職の成功のポイントは?

雲の上を青空の中ジャンプする人

30代になると、ある程度のビジネス経験を積んで、チームリーダーやマネジャーを経験した人も出てきます。この年代は基本的には即戦力が期待されるため、20代に求められていた、こうなりたいという思いや、主観的な自己PRよりも、「実際にどのような経験を積んできたか」がより重視されます。そのため、職務経歴書や面接において、どのような会社の、どのような役職でどのような仕事をしてきたのか、明確に提示する必要があります。一方的に、自分のこれからのキャリアの希望のみを主張するのではなく、求人会社の求めているポジションに、自分のリーダーとしての経験や、専門性がどのようにいかせるかをアピールすることが求められます。

企業側は、20代には、各人がどのような仕事をしていいきたいか?どのようなキャリアアップを考えているのか?を自由に語らせ、その人の意欲であったり、素質を注意深く観察します。主張していることが、多少現実とは合わない場合があったとしても、その人の高いモチベーションやバイタリティー、将来的な成長力を注視します。30代の場合は、ある期間ビジネス経験を積んだ上での考えとなりますので、一方的な主張ではなく、企業側の視点、つまり人材を求めている側からも考えて、

自身の経験や得意分野をもとに、「だから私は、貴社に貢献できる」と論理的に説明することが求められます。30代の転職者に対して求人企業が求めているのは、即戦力としての貢献です。実務力や専門知識などに加え、リーダーシップを問われるのが20代とは違います。また35歳を過ぎれば、業務課題の把握はもちろん、対応策や改善の提案など、マネジメント意識の有無やパフォーマンス向上への推進力も評価項目になってきます。

30代の転職、求人活動の方法は?

求人媒体にもハローワーク、新聞、雑誌、フリーペーパーとさまざまなものがありますが、欠かせないものはやはりウェブ求人媒体、つまり転職サイト、転職エージェントです。

よほど小さな企業でない限りは現状ほとんどの企業がネットで求人を出しているといっても差し支えないでしょう。転職者側からしても、応募のためのレジュメも一度登録してしまえば複数社に送りやすく、少ない労力で多くの企業にアタックできるメリットがあります。

また、本気の転職にはエージェントのサポートは大変強力です。転職エージェント(人材紹介会社)は、転職を希望するあなたのアドバイザーであり、最適な求人を紹介します。登録をすると一人ひとりに担当が付き、さまざまな相談に乗ってくれるのが特徴です。

電話や面談でのヒアリングが必要になるため、登録したらすぐ利用できる転職サイトに比べて手間はありますが、あなたの経歴や要望を考慮した案件紹介や企業への推薦、面接日調整や書類作成アドバイス、模擬面接など転職を成功させるための手厚いサポートを受けられます。

30代の転職におすすめの転職サイトは?

マイナビエージェント

「マイナビエージェント」は、新卒(就職活動)と第二新卒の転職で首位の大手エージェントです。30代の転職にも力を入れています。求人数は業界でもトップクラスで、そのうち約8割が会員限定の非公開求人となっています。大手及び優良企業の好条件求人は、応募が殺到するため非公開求人にされることが多いです。そのため、倍率が低くなるという意味でも非公開求人には多くのメリットがあります。一般に、「マイナビエージェント」はサポートも手厚く、綿密な面接対策や書類の添削で、選考突破率が高いのも特徴です。

マイナビエージェントのサイト

リクルートエージェント

「リクルートエージェント」は国内最大手の総合転職エージェントで、全国から海外まで、職種・年齢ともに幅広い求人を扱います。紹介実績はNO.1で、32万人がリクルートエージェントで転職をしています。歴史から培ったノウハウが生かされた、独自の企業レポートや、簡単に職務経歴書を作成できるツールは大変便利です。担当コンサルタントの営業力は非常に高いので、良い案件を探し、かつ企業人事に猛烈にプッシュしてくれることでしょう。企業からの知名度も高く、求人数は業界トップなので一つは登録しておきたいところです。

リクルートエージェントのサイト

DODA

「DODA」は、パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、大手総合転職エージェントです。こちらも案件数はリクルートに匹敵するほど多く、登録するべきエージェントです。DODAでは転職活動で悩んでいる人、ヒアリング・面接・応募書類対策に特に力を入れ、転職者満足度NO.1を獲得しています。転職サイト、転職エージェントを兼ね備えたサービスでもあるので、自分で求人を探し、エージェントからの紹介を持つという二方向で進められます。「第二新卒歓迎」の公開記事だけで、2000件前後は常に案件があります。Uターン・Iターン転職にも強いです。

DODAのサイト

パソナキャリア

「パソナキャリア」は大手の中でも特にコンサルタントが親身だと評判の良いエージェントです。サポートは最高評価。親身・丁寧、転職すべきか悩んでいる方にもフラットに対応し、無理な押し込みはありません。自分のキャリアに迷っていたり、転職じたいに不安を持っている場合、相談してみるべきエージェントでしょう。

パソナキャリアのサイト

アイデムスマートエージェント

「アイデムスマートエージェント」は、国内最大級の求人サイト株式会社アイデムが運営する2011年からスタートさせた総合転職エージェントです。20代を中心に若手の転職に強く、転職支援サービス。アイデムは求人媒体の事業運営は約40年以上となり、これまで築いてきた約25万社以上の企業とのネットワークがあります。未経験OKの求人も数多く保有しているため、30代前半で未経験の方も最初から紹介を断られることは少ないことでしょう。アイデムスマートエージェントは他の転職エージェントと比較すると「紹介してもらえる求人が少ない」との声もありますが、転職希望者のことをしっかりと把握して、1人1人にマッチする求人を紹介しているようです。

アイデムスマートエージェントのサイト

エンエージェント

「エンエージェント」は、転職・派遣・アルバイトなどの大手人材会社enジャパン社が運営する転職エージェントです。応募者への丁寧なサポートに定評があり、独自の取り組みとして「3Eテスト」という適性試験(性格診断テスト)を実施した上でキャリア面談をしてくれます。マンツーマンで対応してくれる担当のキャリアパートナーは業界、職種に熟知し、専門的な知識をもった職種のプロ。です

求職者の希望職種に合わせて得意分野とする専門のキャリアパートナーが専任されています。職種に精通し、企業とも太いネットワークを持っているため、常に新しい企業情報と求人情報を持っています。ただし、案件の数が他社と比べて比較的少ないので、利用する場合は他社との併用も考える必要があるでしょう。

エンエージェントのサイト

Type

「Type」は東京・神奈川・埼玉・千葉など首都圏に特化する案件を中心に取り扱う、総合転職エージェントで、中小企業とのパイプを持ちます。知名度としては業界最大手のリクルート、JACリクルートメント、DODAに比べると低いですが、実は1994年から運営をしている老舗エージェントです。異業界への転職や、未経験職種への転職だと年収は落ちる傾向がありますが、typeが得意なのは、年収アップです。30代は関東圏にとってはまだまだ働き盛りの一番欲しい世代です。30代で正社員未経験となるとサポートを断られる可能性が残念ながありますが、typeは未経験OKの案件を多く保有しているため、他で断られても相談してみましょう。

Typeのサイト

アデコ

「アデコ」は、スイスに本社を置くグローバル企業で、人材サービスにおいて世界一の実績を持ち、売上は国内最大手人材サービスのリクルートの約3倍の2兆5000億円です。

規模が大きく、グローバルなネットワークを活かした非公開求人が多いので、外資系・国内企業ふくめ案件数は圧倒的です。求人情報が深く、ミスマッチが起こりにくいです。

アドバイザーと法人担当が兼任する体制により、案件情報を熟知していて提案力が高いです。転職してからマネジメント経験を積みたい方も、ポジション指定での非公開案件が多いので、相談してみましょう。

アデコのサイト

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のハイキャリアポジションについては国内実績No.1です。20代とは違う経験とスキルを積んで、転職をきっかけに年収アップを狙いたい人におすすめです。取り扱う求人の内容としては、エグゼクティブ・管理職・スペシャリスト求人などで、日系企業だけでなく外資系企業の求人も多く扱っています。
面談も非常に丁寧で、キャリアの棚卸、キャリアプラン相談、レジュメ添削、面接対策まで全て無料で提供してくれて、相談をするだけで考えがまとまり、大いに役に立ちます。年収500万円以上のハイクラス向け求人で、利用者の約70%以上なので、キャリアやスキルに自信のある方は、登録すべきエージェントです。ただし、合理的な社風でシビアに応募者を評価するため、市場価値が低いと判断されると案件をあまり紹介してもらえないリスクもあります。転職で年収をよりアップする可能性が充分ある転職エージェントです。

JACリクルートメントのサイト

ビズリーチ

「ビズリーチ」は管理職・専門職などのハイクラス向け求人に特化した転職エージェントです。エージェントとしての機能だけではなく、7200企業・1800人のヘッドハンターと提携し、スカウト求

人が中心>の転職サイトです。そのため、ヘッドハンター経由での求人も紹介してくれるため、求人件数はJACに比べたら少ないですが、内定率が高く好条件で転職できるのが特徴です。スカウトが特徴の転職サイトなので、今までの経歴・スキルは言い回しなどを工夫しできるだけ検索にヒットするように入力してください。場合によっては2000万越え案件もありますので、まずは登録してスカウト連絡を待っていれば、素晴らしい案件が紹介されるかもしれません。ビズリーチでは年収だけではなく、管理職・専門職でも強みを持ちます。

ビズリーチのサイト

ワークポート

「ワークポート」は、IT・Web領域、ゲーム業界に強い総合転職エージェントです。SEなどは経験を積めば積むほど重宝される職種ですし、業界としても将来性は抜群です。最大手の「リクルートエージェント」や「DODA」といった大手エージェントに比べると知名度が低い分、一人あたりに時間をかけて丁寧に接してくれると評判です。ワークポートはIT業界の求人を得意としているだけあって、未経験者でも飛び込める求人も多く取り扱っています。出し惜しみせず案件を出してくれるので、キャリアコンサルタントに協力してもらい自己分析やPRポイントなど相談してみましょう。

ワークポートのサイト

おすすめの記事