40代の転職で失敗しないために!おすすめの職種、業界、転職サイトは?

40代の転職で失敗しないためには、重要なポイントがあります。ここでは、40代の転職で失敗しないめに知るべき、何を求められているか、何が難しいポイントか、おすすめの業界、職種、転職サイトを紹介します。失敗しない転職にむけて、是非参考にしてください!

40代の転職で失敗しないために!市場が求める動向は?

階段を登るサラリーマン

従来35歳転職限界説といわれていましたが、最近は企業は失敗のない戦力、つまり即戦力を求めていることもあり、35歳が転職の限界とはいえず、40代の転職の可能性は広がっています。

2017年は、40代の有効求人倍率も上昇し続け、さまざまな業界で人手不足が叫ばれました。

さらに「働き方改革」により、ビジネスの現場や採用市場に多くの変化が訪れた年でもありました。

大きな「変革期」を迎え、2018年には、業務遂行力と管理の能力が求められる、30代そして40代の「プレイングマネージャー」に企業の関心が向いています。

40代を中心とする「ミドル転職市場」の転職については、今後景気が後退しない限り新規事業やプロジェクトの軌道修正など、相応の経験や実績を求められるフィールドでの「即戦力」が求められるでしょう。

40代の転職者へのニーズは、今後ますます高まると思われます。

40代の転職で失敗しないために! 企業が40代を求める理由は?

1.圧倒的な即戦力としての期待ができる

20代の転職や30代の転職と違って、40代の経験豊富な人材が特に採用しやすいのです。

しかも、40代ともなれば、プロジェクトの中心になって進めた経験企画力だけでなく実行力もあると判断されています。

よって、20代や30代が転職する際には、粗削りな能力しか持っていなくても転職後の成長に期待されて採用されるケースがありますが、40代の場合それがありません。

40代の転職には、失敗が少ない完成された能力やスキルが求められてしまいます。

2.長年のビジネス経験により培われた人脈

人脈をしっかりと築いていること、つまり40代の転職には、その豊富な人脈に採用側の企業が期待しています。

様々な企業にパイプを持っている40代の人材は、喉から手が出るほど欲しい企業が多いです。

40代の転職では、人脈の広さを面接などでアピールすることも重要なポイントです。

40代の転職で失敗しないために! 40代の転職が難しいポイントは?

1.異業種への転職はかなり難しい

新たな分野への転職は、40代は柔軟性がないのでは?プライドが邪魔をして一から学んでいくことは難しく、人材補強の失敗につながるのでは?と、消極的な判断がされがちです。

2.求めている年収や地位が高い

40代の転職となると、元々の年収が高く家庭でも収入が一番必要となる時期でしょう。

40代の転職は、失敗が許されないと考える方が多いでしょう。

その40代の地位や年収のこだわりの強さが、40代の転職の際、企業側とのギャップになるケースもあります。

40代の転職で失敗しないために! 成功するためのコツは?

1.転職希望理由の優先順位をつける。

「年収を上げたい」「仕事内容も細かく指定したい」「福利厚生制度も必須」などと希望条件をいくつも挙げて、すべてかなう転職先を見つけることは失敗の可能性を高めてしまいます。

40代の転職で重要なことは、転職目的の優先順位をつけることです。

2.歴史が浅い、将来性のある企業を狙う。

40代の転職の際、転職先の企業選定も、失敗を避ける大切なポイントです。

企業として熟成している老舗企業大手企業などでは、40代を超える中途社員をあまり採用しない傾向があります。

それは、社内に仕事のノウハウは十分に蓄積されており、社員教育もある程度施されており、豊富なキャリアのある40代のビジネスマンを、他社からの転職により獲得する必要がないからです。

40代の転職者が狙う例としては、歴史が浅い企業です。

若手社員ばかりで仕事のノウハウや社員たちの経験が少なく、失敗が少ない40代の転職者のスキルや経験が求められているからです。

そして、即戦力危機管理能力マネジメント経験などという若い会社に足りない部分を売りにすれば、40代の転職では大きなアピールとなり、失敗を避けることができるでしょう!

3.いらないプライドを捨てる。

40代の転職で失敗しないためには、プライドや過去の実績にとらわれない柔軟さが必要です。

40代の転職に不安要素はつきものですが、そこから目をそらさずしっかりと向き合うことで転職活動に活路を見出すことができるでしょう。

会社にいかにインパクトを与えるかをアピール

40代は、管理職の経験がある人も増え、管理職としての転職を希望する人も多いと思います。

会社の課題解決ができ、会社全体にインパクトを与えられる人かどうかが見られている40代の転職者には、30代よりも、より即戦力性が求められます。

そして、企業がこ40代に求めるのは、部署の業績への貢献にとどまりません。

その人が入社したことによって、会社が変わるかどうかという観点がプラスされるようになります。

高いレベルになると、会社の課題解決に貢献することで、業界全体へもインパクトを与えるような働きを、40代の転職者に求める企業もあります。

それだけの成果を出すためには、個人の技量だけでなんとかするのではなく、例えばチームにうまく働きかけたり社外の人とのつながりを活用したりする力が必要です。

5.マネジメント能力を明快に示す。

前職で培ったキャリアやスキルを明確にしておくことが、40代の転職を避けるため、重要なポイントとなります。

しかし、自身のキャリアについて明快にアピールすることは難しいです。

40代の管理職の経験がある転職者は、過去の実績具体的に事実にもとづいたエピソードで示す必要があります。

管理職として適切な経験を積んできたことを、転職を希望する会社に合わせてどう生かすことができるのか、文章化するなどして考えてみるとよいでしょう。

管理職経験がない人も、今までの経験を振り返り、いかに管理能力があるかという、潜在的なマネジメント能力をアピールすることがポイントです。

40代の管理者としての視点を持ち、転職先の企業に新たな風を吹き込む能力のある人材だということを示しましょう。

40代の転職で失敗しないために! 40代の転職者を積極採用している業界、職種は?

握手している手

40代の転職者が転職しやすい業界や職種とは、どのようなところがあるのでしょうか。

40代以上の中高年の中途採用を広く行っているのは、不動産業界メーカー建設業界流通・小売業界サービス業界などです。

日本の景気は回復傾向にあるため人手不足が進んでおり、特にこれらの業界でその問題が深刻化しています。

メーカーや建設業界、不動産業界では経験豊富な営業職の中途採用が盛んであり、営業成績次第では年収もかなり高くなります。

建設業界の場合、現場で活かせる資格保持者などは、40代〜50代であっても求人がある、やや特殊な業界です。

その他、慢性的に人員が足りない業界や離職率が高い業界も求人が多い傾向にあります。

流通・小売業界やサービス業界ではもともと慢性的な人手不足のため、40代でも転職しやすい状況ですが、労働条件が良いとは言えないというデメリットがあり、そのため異動が多い業種とも言えると思います。

40代以上でも転職しやすい職種は、営業職、マーケティング職、経営企画職などです。

営業職やマーケティング職は人手不足でもありますし、40代以上の優れた営業手腕やマーケティング能力を持つ百戦錬磨のビジネスマンが求められているという企業側の事情もあります。

経営企画職は、企業規模を拡大し新店舗や新支社を設立したり、新しい事業を立ち上げたりする企業に特に40代のニーズがあります。

どのような職種を選ぶにせよ、このように人手不足な職種への転職は、失敗を避けるための一つの手段でしょう!

その他、外資系企業は、国際経験のある40代のマネジメント能力を常に探しており、特に多くのプロジェクト経験がある人材を求めています。

外資系企業の40代の転職は、頻繁に行われています!

40代の転職で失敗しないために! 40代におすすめの転職サイトは?

キャリアカーバー

キャリアカーバー」は、国内人材紹介企業No1のリクルートが展開する、ハイクラス・エグゼクティブ向け転職サービスです。

キャリアカーバーは、既存の転職エージェントとは全く異なる性質を持っており、登録されている約600名のコンサルタントデータベースから担当者を指名することができるサービスで、ハイキャリア層にとってはメリットのあるサービスです。

他社で起きがちな、担当コンサルタントとの性格的なミスマッチや転職希望業界に詳しくないといったトラブルを避けることができ、転職活動をより効率的に進めることができます。

エージェント・ヘッドハンターは厳選されたメンバーで構成され、40代からの転職はじめ、高年収や経営ボードを狙う求職者に対して、妥協しない転職活動を支援します。

キャリアカーパーのサイト

JAC Recruitment(ジェイエイシー リクルートメント)

JACリクルートメントは、ロンドンが発祥の外資系転職エージェントで、外資系・国内企業のハイキャリアポジションについては国内実績No.1です。

20代とは違う経験とスキルを積んで、40代の転職をきっかけに年収アップを狙いたい人におすすめです。

取り扱う求人の内容としては、エグゼクティブ・管理職・スペシャリスト求人などで、日系企業だけでなく外資系企業の求人も多く扱っています。

面談も非常に丁寧で、キャリアの棚卸、キャリアプラン相談、レジュメ添削、面接対策まで全て無料で提供してくれて、相談をするだけで考えがまとまり、大いに役に立ちます。

年収500万円以上のハイクラス向け求人で、利用者の約70%以上なので、キャリアやスキルに自信のある40代の転職者は、登録すべきエージェントです。

ただし、合理的な社風でシビアに応募者を評価するため、市場価値が低いと判断されると案件をあまり紹介してもらえないリスクもあります。

40代の転職で年収をよりアップする可能性が充分ある転職エージェントです。

JACリクルートメントのサイト

DODAエグゼクティブ

DODA エグゼクティブ」は、国内求人数TOPクラス、かつ全国展開の「DODA」が展開する、ハイクラス・エグゼクティブに特化した転職支援サービスです。

実績豊富なキャリアアドバイザーが、ハイクラス・キャリアアップ転職を強力にサポートしていく転職サービスです。

多種多様な業界・職種の求人の中から、年収800万円を超える「エグゼクティブ向け」の求人を厳選し、紹介していきます。

非公開求人として一般には出回っていない、幹部層(CEO・COO・CFO・CIO)や管理部門・営業部門の責任者、その他各専門職(ITやエンジニア職、コンサルティング、金融等)のスペシャリスト向け求人情報も、数多く紹介しています。

DODA エグゼクティブのサイト

まとめ: 40代の転職で失敗しないために!

40代の転職で失敗しないために、実践に知っておいたほうが良い、現在の40代の転職者市場の動向、懸念点、アピールすべきポイント40代を求めている業界や職種も紹介しました。

また40代の転職の際に利用した方がいいと思われる、おすすめの転職情報サイトも紹介しています。

40代の転職は、支える人も多くなり、やはり失敗はしたくないですよね。

ここでしっかり40代の転職を失敗しないためのポイントを理解していただき、満足できる転職につながることを願います!

おすすめの記事