唐揚げ

2020年4月14日放送「林修の今でしょ!講座」では、「豚肉VS鶏肉」免疫力UPNo.1食材にて、鶏肉の栄養や免疫効果やレシピが紹介されました。ここでは、「林修の今でしょ!講座」で木村拓哉さんも学んだ、鶏肉の栄養や免疫効果や唐揚げのレシピについてまとめました。

「林修の今でしょ!講座」鶏肉の栄養や免疫力アップの効果とは?

2020年4月14日放送「林修の今でしょ!講座」では、「豚肉VS鶏肉」免疫力UPNo.1食材にて、鶏肉の栄養や免疫効果やレシピが紹介されました。

「豚肉VS鶏肉」免疫力UPNo.1食材はどちらでしょうか?

骨を強くする鶏皮や軟骨の意外な栄養素とは?

鶏肉のとある部位に豊富に含まれているという名医絶賛の史上最強の疲労回復成分とは?

唐揚げの裏技レシピとは?

ここでは、「林修の今でしょ!講座」では、鶏肉の栄養や免疫効果や唐揚げのレシピについてまとめました。

「林修の今でしょ!講座」粘膜を丈夫にする栄養素とは?

鶏肉には、粘膜を丈夫にして感染から身を守るビタミンAが豊富に入っています

健康な肌は、潤いバリアをもっています。

これにより、感染から防御できるのです。

ビタミンAが不足すると、肌の乾燥や目の乾燥も起こり、潤いバリアが崩れ感染しやすくなります。

ビタミンAが豊富に含まれている鶏肉の部位は、鶏レバーです。

鹿児島では、鶏レバニラ炒めに黒糖を使用していました。

ビタミンAは脂溶性なので、脂と一緒に取る方が吸収率が高くなり効果的です。

「林修の今でしょ!講座」骨を強くする鶏皮や軟骨の意外な栄養素とは?

鶏肉に含まれる豊富なコラーゲンとビタミンKが骨を丈夫にします。

コラーゲンにより、しなやかで丈夫な骨をつくることができます。

コラーゲンが多い部位は軟骨です。

コラーゲンの働きを助けるのがビタミンKです。

鶏の皮にビタミンKが多く含まれています。

鶏肉のコラーゲンの吸収率を上げる食べ方は、鶏飯と薩摩汁です。

鶏肉とさつまいもの組み合わせは骨にいいです。

サツマイモはビタミンCが豊富で、コラーゲンを作るのにビタミンCが必要不可欠です。

「林修の今でしょ!講座」鶏肉のとある部位に豊富に含まれている疲労回復成分とは?

鶏肉に超豊富なイミダゾールジぺブチドが肉体疲労を回復します。

また、イミダゾールジペプチドは脳に良い働きがあります。

イミダゾールジペプチドは、活性酸素も撃退します。

24時間持続します。

イミダゾールジペプチドが豊富な部位は、ムネ肉です。

「林修の今でしょ!講座」唐揚げの裏技レシピとは?

パサパサの唐揚げにならないよういするためには?

柔らかく、ジューシーになる鶏肉の切り方はどのようにすればいいのでしょうか。

筋肉の繊維に対して、直角に切ることによりパサパサを防ぐことができます。

鶏肉は加熱により筋繊維が縮み、水分が出てかたくなります。

直角に切ることのより、柔らかくジューシーにすることができます。

まとめ:「林修の今でしょ!講座」鶏肉の栄養や免疫効果?唐揚げのレシピは?

ここでは、「林修の今でしょ!講座」では、鶏肉の栄養や免疫効果や唐揚げのレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事