アイデア

2020年2月22日放送「マツコ会議」に、Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田)が登場します。ここでは、 「マツコ会議」 の中継場所になった、 Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田) についての情報を紹介します。

「マツコ会議」Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田)!個性的な女性ライター続々?

2020年2月22日放送「マツコ会議」に、Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田)が登場します。

「マツコ会議」では、毎週ちょっと気になる話題の場所と会議室とを中継でつなぎ、総合演出のマツコさんが現場と会話をしながら進行!途中、分からないことがあったら、スタッフと一緒になってマツコさんも検索し深掘りしていきます。

最終的にマツコさんがもっと掘り下げたくなった人やモノをVTRにするプロセスを楽しむ、新しいバラエティーです。

2月22日の「マツコ会議」では、五反田の会員制コワーキングスペース「CONTENTZ」から中継です。

今五反田では、ITやベンチャー企業が急増しており、新たなビジネスエリアとして注目されているそうです。

店舗内のカフェスペースにいた女性3人組に話を聞いてみると、一人はライターを始めてまだ2か月とのことで、当然ながらライター編集者さんとの繋がりがなく、新しい繋がりを作るために、このコワーキングスペースに通っているそうです。

特に海外旅行が好きなので、海外スポット特集の記事を書き、好きなことを仕事に出来ればと考えているそうです。

隣の女性はここで定期的に行われる「ライター交流会」で知り合ったそうで、その女性にマツコさんが「具体的にここでどうやって仕事になるの?」と聞くと、「ライター交流会」では自分の好きなことをプレゼンできるそうで、自分は「ボートレースが好きなんです」って話をしていたら、そこにいた編集者さんが、「そんなに好きだったらうちの媒体で記事を書きませんか?」と言われ、取材記事を書くことになったそうです。

マツコさんは「いきなりここに行ってライターの仕事がもらえるほど甘くはない」、「とりあえずあそこ行こう!はダメ」とフォローします。

その後も、都内の神社にある狛犬を記事にする女性や、スナックで働きながらライター業もこなす女性、小顔ローラーを片方だけ1万回やるとどうなるかを記事にした女性など、個性的な女性ライターたちが続々登場するそうです。

ここでは、 「マツコ会議」 の中継場所になった、 Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田) についての情報を紹介します。

「マツコ会議」Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田)! 編集・記事「ノオト」がオープン?

五反田にあるコワーキングスペース「CONTENTZ」は、 数々のメディアで編集や記事制作を手がけている有限会社ノオトがオープンしました。

ライターさんにとって働きやすい場所、出会いがあって、成長していけるスペースに仕上がっている『CONTENTZ』。

有限会社ノオトは、設立10周年を機に、コワーキングスペース『CONTENTZ』(コンテンツ)を立ち上げました。

ライターや編集者、カメラマンやデザイナーなどのメデイア業界で働くクリエイターを応援するコワーキングスペースです。

宮脇さん率いる編集プロダクションが運営する『CONTENTZ』だから、フリーライターとして活躍中の人に是非ともおすすめしたい場所です。

五反田にあるコワーキングスペース「CONTENTZ」は、共用フロアとは別に電話や仮眠ができる個室や取材の写真なども撮れる喫茶店スペースがあります。

居酒屋スペースなどもあり、特にフリーランスのライターに人気が高いです。

ちなみにノオトでは、常にフリーライターを探しているそうです。

心地よく働ける場所を手に入れながら、優れた編集者やライターとの素敵な出会いが期待できる場所ですね!

「マツコ会議」Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田)! 場所・料金・営業時間は?

コワーキング「CONTENTZ」

場所:東京都品川区西五反田1-13-7 マルキビル503

料金: 月額9,900円~(個人・NPO)、29,700円(法人)

営業時間: 9:00~21:00(月~金)、9:00~18:00(土)、日祝定休

電源: ◯ 

Wi-Fi: ◯

まとめ:「マツコ会議」Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」五反田!

ここでは、 「マツコ会議」 の中継場所になった、 Webライターが集まるコワーキング「CONTENTZ」(五反田) についての情報を紹介します。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事