満員御礼

2020年2月9日放送「ジャンクスポーツ」に炎鵬が出演します。炎鵬の経歴や技や白鵬との関係など気になりますよね。ここでは、 「ジャンクスポーツ」 に出演する 炎鵬の経歴や技や白鵬との関係をまとめました。ぜひご参照ください!

「ジャンクスポーツ」炎鵬が出演(2月9日)!炎鵬の人気の秘密は?

2020年2月9日放送「ジャンクスポーツ」に炎鵬が出演します。

炎鵬力士としては超小柄な99㎏しかなく、幕内の平均体重である160㎏台に遠くおよびませんが、イケメンでかわいいと噂になっています。

幕内力士の平均体重が160キロを超える時代の中、100キロ未満の幕内力士は実に6年8カ月ぶりで、なんと身長は168cmです!

それでいて、大型力士を翻弄し、しまいには投げてしまう実力者です!

また、稽古が終わった後に立ち寄ったコンビニエンスストアで、雑誌の表紙に写った田中みな実さんが「天使に見えた」と話すなど、お茶目な面もあります。

炎鵬人気の秘密の秘密は、かわいい、イケメンとの評判以外に、その性格もあり、受け答えも丁寧でコメントも面白いのが理由でしょうか?

「ジャンクスポーツ」 に出演する 炎鵬の経歴や技や白鵬との関係 をまとめました。

「ジャンクスポーツ」炎鵬が出演(2月9日)! 経歴は?

炎鵬 晃(えんほう あきら)のプロフィール

本名:中村 友哉(なかむら ゆうや)

出身地:石川県金沢市

出身校:金沢学院東高校・金沢学院大学

所属:宮城野部屋

炎鵬の出身は石川県金沢市です。

炎鵬の父は、石川県および富山県内で事業を営んでいる北國新聞社に勤められている方だそうです。

炎鵬関が相撲を始められたのは、小学校入学前の5歳からで、しこ名の由来ともなった兄の影響で相撲を始めています。

西南部中学校時代は幕内力士である輝関と同期で、炎鵬が3年生の頃全国都道府県中学生相撲選手権大会県の代表として共に出場し、なんと優勝という記録を残しています。

炎鵬は大徳小学校時代は水球でキーパーを行っていた時期もあるそうです。

炎鵬の金沢学院東高校時代は、3年次世界ジュニア相撲選手権の軽量級で優勝という記録を残しています。

ちなみに炎鵬の出身高校相撲部が強い事で知られており、これまで遠藤関や大翔丸関、豊山関を輩出しています。

炎鵬は、金沢学院大学では世界相撲選手権大会の軽量級を2連覇し、全部で10個のタイトルを獲得しました。アマチュアの部門においては相当な実力者だったことが分かりますね。

炎鵬は、卒業後の進路として教員を検討された事もあったようですが、4年次の全日本選手権で1回戦で敗退した事から悔しい想いが芽生え、角界入りを決断されています。

「ジャンクスポーツ」炎鵬が出演(2月9日)! 炎鵬と白鵬の関係とは?

2017年の初場所後に白鵬と対面した炎鵬は当時大学4年時だったそうですが、この対面が決め手となって角界に入ることになったようです。

炎鵬が入門したのは宮城野部屋でした。

炎鵬は白鵬から「鵬」の字を譲り受け、力士が勝ち上がるには「常に燃えていくことが重要」という白鵬の思いを込めた「炎」という字をもらい炎鵬となりました。

幼少期に相撲で競い合い、11年前に18歳の若さで事故死した北晃さんに活躍を誓うために名前の「晃」の名を自分で付け、炎鵬晃というしこ名になったとのことです。

実は炎鵬は、白鵬関の「内弟子」なのです。

内弟子とは、現役の力士や部屋付き親方が将来部屋を持つ際に、弟子として連れて行く予定の力士に対して用いられる言葉です。

つまり白鵬関が宮城野部屋から独立して自分の部屋を起こす場合、炎鵬は宮城野部屋から白鵬が立ち上げる部屋へ移籍することになるでしょう。

2018年の8月には、炎鵬関は白鵬関から、横綱土俵入りの際の「将来の太刀持ち候補」として期待されている事も報じられています。

かわいい、イケメンと評判の炎鵬は、初土俵の2017年3月場所から、序の口、序二段、三段目と全勝優勝し、西幕下14枚目、東幕下6枚目ときて、所要6場所で十両に昇進しました。

「ジャンクスポーツ」炎鵬が出演(2月9日)! 相撲の技や取り方は?

小柄な力士炎鵬関を見ていると、やはり舞の海さんを思い出します。

技のデパートと言われた舞の海さんと炎鵬は、同じ小兵力士でも両者の戦法に違いがあります。

炎鵬は、舞の海と同様“下手投げ”や“寄り切り”“押し出し”が多いです。

その他、炎鵬は「 ひねり王子 」の異名のとおり、ひねり技の決まり手は“かいなひねり”“肩透かし”“上手ひねり”と多彩です。

一方で、舞の海さんほど、炎鵬には足技は多くありません。

また、 炎鵬は、立ち合いも真っ向勝負で、あまり奇襲戦法を見せません

「ジャンクスポーツ」炎鵬が出演(2月9日)! 炎鵬と白鵬の同門対決は?

通常の場所では、炎鵬と白鵬は同門なので、優勝決定選以外では対戦はありません。

しかし。2020年2月9日、負けの許されない一戦必勝の「日本大相撲トーナメント」で、世紀の対戦が実現しました。

白鵬そして初場所で大活躍した炎鵬がともに勝ち上がり、3回戦で激突したのです!

炎鵬と白鵬の同部屋対決は、まるでレスリングのようでした。

炎鵬の頭を抑える白鵬!

しかし、炎鵬が素早く回り込み中に入ります。

白鵬は内弟子の炎鵬に立ち合い距離を取られ、最後は足取りからの上手投げで転がされました。

見事、 炎鵬の勝利です!

荒磯親方は「よく考えられた相撲内容」と炎鵬を絶賛しました!

最初は組まずに距離を取り、 炎鵬 は「動き回って中に入れたらと思っていた。緊張した。勝ててよかった」と興奮気味でした。

まとめ:「ジャンクスポーツ」炎鵬が出演(2月9日)!経歴・技・白鵬とは?

ここでは、 「ジャンクスポーツ」 に出演する 炎鵬の経歴や技や白鵬との関係 をまとめました。

記事をご覧いただきありがとうございました!

おすすめの記事