フェンシング

2020年3月17日放送「中居正広の4番勝負」で、那須川天心さんと吉田沙保里さんが参戦し、バドミントン対決します。ここでは、「中居正広の4番勝負」 のフェンシング対決で、 ロンドンオリンピック銀メダリスト三宅諒さんに、那須川天心さんや吉田沙保里さんが挑戦した内容をまとめました。

「中居正広の4番勝負」フェンシング対決!

2020年3月17日放送「中居正広の4番勝負」で、那須川天心さんと吉田沙保里さんが参戦し、バドミントン対決します。

ロンドンオリンピック銀メダリスト三宅諒を相手に、那須川天心と吉田沙保里という最強助っ人コンビが炸裂します?!

「中居正広の4番勝負」フェンシング対決! ルールやメンバーは?

【ルール】 アスリート15点、チーム中居4点のハンデマッチ!

【アスリート】
ロンドンオリンピック銀メダリスト
三宅諒(フェンシングステージ)

【チーム中居】
中居正広
レスリング:吉田沙保里
ボクシング:那須川天心

【解説】
江村宏二(元日本代表監督) 

【実況】
山本紘之(日本テレビアナウンサー)

「中居正広の4番勝負」フェンシング対決! 結果は?

1番手は吉田沙保里さんが、 三宅諒選手に挑戦です。

3本 三宅諒選手が取った後、 吉田沙保里さんが見事1本取りました。

その後、三宅選手が吉田さんを圧倒し、6対1(三宅選手対チーム中居)となったところで、吉田さんから那須川さんに選手交代となりました。

那須川選手は1本とられた後、見事1本取り返し、7対2 (三宅選手対チーム中居 )となりました

その後は、本気になった見ケ瀬選手が立て続けにポイントをゲットし、12対2 (三宅選手対チーム中居 ) となり、那須川選手から中居選手に選手交代です。

中居さんが1本とり、三宅選手が1本とって、 14対3(三宅選手対チーム中居 )となりました。

両社勝利まで後1本です。(三宅選手15本先取で、中居チームは4本先取で勝利)

激闘の末、ほぼ同時に突きを行い両方のランプがつき、ビデオ判定です。

三宅選手の突きが早く入っていたことが確認でき、三宅選手の勝利となりました!

まとめ:「中居正広の4番勝負」フェンシング対決!那須川天心と吉田沙保里が参戦?

ここでは、「中居正広の4番勝負」 のフェンシング対決で、 ロンドンオリンピック銀メダリスト三宅諒さんに、那須川天心さんや吉田沙保里さんが挑戦した内容をまとめました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

おすすめの記事