ビジネス順調

2020年1月12日放送「がっちりマンデー!!」で、スゴい社長が気になるスゴい会社を紹介しました。どのスゴい会社も、これからさらに話題になるであろう現代のニーズをがっちりつかんだスゴい会社です。「がっちりマンデー!!」のスゴい社長のお年玉も超豪華です!

「がっちりマンデー」スゴい社長勢ぞろい!

計算機を持ってグッドサインのビジネスマン

2020年1月12(日)に「がっちりマンデー!!社長SPスゴい社長が気になるスゴい会社」が放送されました。

今回は、日本のスゴい社長が勢ぞろいで、それだけでもスゴいのですが、そのスゴい社長が気になるスゴい会社を紹介するという面白いテーマでした。

今後、儲かりそうなスゴい会社を教えてもらうという企画です。

登場したスゴい社長は以下の通りです。

オーケー(株) 二宮涼太郎社長

ゴディバ ジャパン(株) ジェローム・シュシャン社長

(株)ニトリホールディングス 似鳥昭雄会長

日本交通(株) 川鍋一朗会長

RIZAPグループ(株) 瀬戸健社長

(株)Luup  岡井 大輝社長

メゾン・ロココ(株) 若林 洋平社長

(株)MiL 杉岡 侑也社長

「がっちりマンデー」スゴい会社Luup(ループ)が未来の移動手段でがっちり儲かる!

まず日本交通の川鍋会長が気になっているスゴい会社を紹介しました。

気になるスゴい会社は、「Luup(ループ)」です。

Luupの岡井社長にインタビューしました。

Luupは、電動キックスケーターを製造して、シェアリングする会社です。

電動キックスケーターのシェアリングは2年前から欧米で急速に拡大し、2025年には市場規模が5兆円となると予想されています。

超巨大ビジネスですね。

Luupの岡井社長は、この巨大ビジネスをまだ普及していな日本に持ち込めば、がっちり儲かる!という考えです。

Luupでは、電動キックスケーターの使用を、アプリを利用して鍵の開け閉めが100円ででき、1分10円で乗れるシステムにしようと考えているといいます。

この仕組みを実験的に、横浜国立大学で導入していました。

学生には、アクセルをひねるだけで加速できるので、電動キックスケーターは好評でした。

電動キックスケーターは、自転車よりもコンパクトで、駐車のスペースをとりません

自動車1台分の駐車スペースで、自転車は約10台分の駐車スペースなのに対し、電動キックスケーターは約40台駐車可能です!

シェアリングサービスにおいて、たくさん置けることは重要になります。

電動キックスケーターの価格も約5万円~10万円と、電動自転車格(価格10万円~20万円)に比べてリーズナブルです。

安全面でも、脚を置く場所と地面が近いので、ふらついても足をつけばよいので問題ないと考えられています。

電動キックスケーターには、カゴ付タイプや4輪タイプもあるそうです。

Luupの岡井社長、年商800億円を目指しているそうです。

がっちり儲かりますね!

ハードルは、日本では電動キックスケーターは、原付きバイクと同じ扱いになり、道の安全面の検証がされていないことだと話していました。

日本交通の川鍋会長が、キックスケーターを持ってタクシーに簡単に乗り込めるというような、電動キックスケーターとタクシーを組み合わせたサービス案を語りました。

「がっちりマンデー」スゴい会社メゾン・ロココが高級店だけで飲めるビールでがっちり儲かる!

次にゴディバジャパンのシュシャン社長にスゴい会社を聞くとメゾン・ロココだと答えました。

メゾン・ロココの社長である若林洋平さん(32歳)は、アメリカ人とカナダ人の共同経営者を紹介しました。

メゾン・ロココは、日本初の「ロココトーキョーホワイト」というラグジュアリービールをつくっています。

「ロココトーキョーホワイト」のビールは、ミシュランの星を持っているような超高級レストランに行かないと飲めず、一般の店には置いていないそうです。

お店では、一本1500円~2000円で提供されているそうです。

調べたところ、JAL国際線ファーストクラス 洋食担当のSUGALABO、銀座しのはら、虎白、山田屋、Esquisse、L’Effervescence、すし宮川、鮨よしたけなどのミシュラン星付きレストランで飲むことができます。

やはり、選び抜かれた一流レストランのみでの販売となっており、小売販売やネット通販での販売は行っていませんでした。

現在は、東京を中心に350店舗に取り扱いがあるそうです。

かなり売れていて1ヶ月に100本以上売れているお店もあるといいます。

なぜこの高価なビールが売れるのでしょうか?

フレンチのレストランでシャンパンの代わりに高級なビールは売れないのかと考えて、高級レストランに営業をかけたと社長は話します。

高級な三ツ星のフレンチレストランでも、シャンパンではなくて高級ビールで乾杯してもらえればと考えたそうです。

取り合えずビールという日本の文化に、乾杯酒として合うのではと考えたそうです。

フレンチレストラン「RYUZU」の飯塚オーナーシェフは、ロココトーキョーホワイトを、飲み口が軽やかで香りがいいと絶賛しています。

料理と合わせて飲んでも合うビールと絶賛しています。

今年中にパリの三つ星レストランで販売予定だといいます。

静岡県御殿場市にある、メゾン・ロココの協力工場を取材しました。

メゾン・ロココのビールは材料に拘りがあり、ドイツ産ホップ、チェコ産ホップ、ドイツ産大麦麦芽、ドイツ産小麦麦芽など最高のものを使っていて、水は富士山の伏流水を使用しているそうです。

ロココトーキョーホワイトは、パリの三ツ星レストランでも2020年の販売が決定しています。

スタジオで、MCの加藤浩次さんが早速そのビールを飲んでみると、すごくフルーティで美味しいと感動していました、

オーケーの二宮社長が、自分の会社でも取り扱いしたいと語っていました。

「がっちりマンデー」MiL(ミル)がスゴい会社サブスクリプション型離乳食でがっちり儲かる!

ニトリの似鳥会長が紹介する会社はMILです。

MILは、28歳の杉岡佑也社長と妻千草さんの夫婦で創業したと語っていました。

MiLは、日本で初めてサブスクリプション型で離乳食を販売していて、販売開始から5万食が売れています。

定額制(月額1万1980円:20食)で、離乳食を自宅に届けるというサービスをしているそうです。

一食あたり600円と高いですが、昨年販売を開始して5万食ぐらい売れているそうです。

その離乳食は野菜に特化していて、簡単に用意でき、一流の料理人がちゃんと監修しているのでとても安心できるそうです。

野菜を赤ちゃんに食べさせることは、ママさんにとってはハードで、すべてを手作りで行うのはとても時間がかかります。

MiLは、必要な野菜の栄養が入った離乳食を、冷凍して配達します。

定額制のメリットとして、決まった量が一定で売れるので、無駄なく仕入れができるそうです。

番組では、MiLの離乳食が製造されているバイオコスモの工場(神奈川県伊勢原市)で、製造工程を取材しました。

かぼちゃもオーブンで丸焼きするなど、プロのレシピにより、栄養分だけではなく味も良いと評判です。

今後は、レトルトバージョンも販売予定とのことです。

数年で2桁億を目指すそうです。

スタジオでは定額制のシステムはまだまだ拡がるかが討論されました。

「がっちりマンデー!!」スゴい社長のお年玉プレゼントとは?

最後に、すごい社長たちからお年玉プレゼントを紹介します。

オーケー株式会社

・オーケー商品券1万円分 50名様

ゴディバ ジャパン株式会社

・バレンタイン限定商品セット 30名様

(株)ニトリホールディングス

・ひもなしカバーリング3点セット(シングルサイズ)100名様

・アロマオイル対応加湿器 100名様

・キッチン収納用品8点セット 100名様

・銀鱗荘宿泊ペアチケット 10組20名様

(小樽芸術村入館無料、果樹園食べ放題つき)

日本交通(株)

「JapanTaxi」アプリで使えるタクシークーポン3,000円分 100名様

JapanTaxi提供「日本交通 東京観光タクシー体験」3時間コース 10名様

「JapanTaxi」オリジナルパーカー 10名様

RIZAPグループ株式会社

・RIZAP(ボディメイク)2ヵ月分(16回)チケット 1名様

※RIZAP既定により入会をお断りさせて頂くことがあります

RIZAP GOLF 2ヵ月分チケット 1名様

※RIZAP既定により入会をお断りさせて頂くことがあります

・RIZAP ENGLISH 2ヵ月分チケット 1名様

※RIZAP既定により入会をお断りさせて頂くことがあります

WEBサイト(https://www.tbs.co.jp/gacchiri/)から応募願います。

WEBサイトにて、応募の詳細ご確認ください!

【締め切り】:2020年1月14日(火)24時まで

まとめ:「がっちりマンデー」Luupとメゾン・ロココとMiL!すごい社長注目!

売上が伸びる様子

2020年1月12日放送「がっちりマンデー!!」で、スゴい社長が気になるスゴい会社SPで紹介された会社を紹介しました。

電動キックスケーター、高級ビール、定額制の離乳食と発想も面白く、これからの長いニーズに対応した、すばらしい商品やサービスだと思います。

そして、スゴい社長のお年玉は本当豪華ですね!

締切間近なので、お急ぎください!

おすすめの記事