手のしびれ

2020年2月2日「ゲンキの時間」では「しびれに潜む病気のサイン」をテーマに、しびれの原因や対策を放送しました。ここでは、「ゲンキの時間」で取り上げた「しびれに潜む病気のサイン」について、しびれの原因や対策をわかりやすく説明しています。

「ゲンキの時間」しびれに潜む病気のサイン!命に関わる身体のSOS?

手のしびれの問診

2020年2月2日の「ゲンキの時間」では、「しびれに潜む病気のサイン」をテーマに放送されました。

今回は、東京女子医科大学東日本センターの脳神経外科の平澤元浩先生が教えてくれました。

普段からしびれを感じている65歳以上の割合は7割以上にものぼるそうです。

また、平澤元浩先生によると、手や足のしびれを放置したせいで寝たきりになるケースもあるそうです。

しびれは脳卒中や心筋梗塞など、命に関わる身体のSOSの場合もあるそうです。

それでは、しびれに潜む病気とは何かを説明していきます。

「ゲンキの時間」 しびれに潜む病気のサイン!しびれ痛み外来の診療とは?

東京女子医科大学脳神経外科のしびれ痛み外来担当の平澤元浩先生が、実際に病院で行う診療を実践されていました。

しびれ痛み外来での最初の診療は以下の通りです。

1.症状などを伺う問診から始まります。

2.腱反射テストで、筋肉が正常な反応を示すかどうか調べます。

3.感覚テストで、感覚が鈍くなっているかどうかを調べます。

4.筋力テストで、筋力の低下がないかを調べます。

「ゲンキの時間」 しびれに潜む病気のサイン!しびれの原因や症状は?

しびれがあると、感覚の鈍さや筋力の衰えがあるのでしょうか。

しびれの原因の一つが、圧迫による神経の障害です。

神経の中でも感覚神経が刺激されて、それがしびれを感じているということです。

神経は、外部から受けた刺激や脳からの指令などが行き来します。

しびれの症状1

感覚神経の圧迫による軽いしびれがおこります。

正座の場合は、まず体重により、感覚神経が圧迫されしびれが起こります。

しびれの症状2

感覚神経が麻痺し、感覚が鈍くなります。

正座を15分くらいすると、洗濯バサミをはさんでも痛みを感じません。

圧迫によるしびれが長く続くと、冷たさや痛さなどの感覚がなくなってきます。

しびれの症状3

運動神経が麻痺し、筋肉が思い通りに動かない。

たとえば正座を30分すると、足首も動かなくなります。(経験ありますよね!)

身体を動かすために、脳からの指令を受けるのが運動神経です。

しかし、運動神経が障害を受けると、脳から筋肉に指令をだしても、思い通りに動かすことができません。

結果、筋力が衰えてしまいます。

「ゲンキの時間」 しびれに潜む病気のサイン!薬指と小指のしびれは?

薬指と小指のしびれの場合、可能性の一つとして、ひじの内側小指にかけて通る神経が障害される肘部管症候群があります。

肘部管症候群は、ひじの内側をとおる神経の損傷で薬油と小指にしびれが生じます。

ひじを曲げた際に関節部分で神経が伸ばされ、強い圧迫を受けることなどが原因です。

長い間パソコン作業などで、ひじをよく曲げる人や、荷物を運ぶ仕事のような、重いものを持ちひじに負担をかける機会が多い人などひじに負担がかかる生活をしている人によく見られます。

肘部管症候群になる原因の神経は、薬指の中でも小指に近い側に伸びています。

そのため薬指の小指側と薬指の中指側とを比べ、小指側に近いほうだけにしびれをかんじたら、肘部管症候群の可能性があります。

「ゲンキの時間」 しびれに潜む病気のサイン!薬指から親指側のしびれは?

手のしびれで女性に多い病気に手根管症候群があります。

手根管とは、手首の中にある骨とじん帯に囲まれたトンネルのような狭い空間でその中に神経が通っています。

料理でフライパンを持つ作業が多かったり、手首に負担がかかる生活をしていると、靭帯が分厚くなり空間が狭くなることで神経を圧迫します。

神経が圧迫されると指先がしびれ、手根管症候群になってしまいます。

女性で手がしびれる方の3分の1から半分は、手根管症候群の可能性があります。

手根管症候群のしびれには特徴があり、必ずしびれるの薬指から親指側です。

小指は一切しびれません。

手根管症候群のセルフチェックは

1.両手の指先を下に向け、手の甲を胸の前で合わせます。

2.この時、しびれが生じる場合は手根管症候群が疑われます。

手根管症候群及び肘部管症候群ともに、関節に負担をかけない生活が必要です。

しびれに潜む病気のサイン!放っておくと寝たきりになるしびれとは?

中枢神経とは、脳と脊髄からなる全身に指令をおくることや、情報を受け取る中心的な働きをしています。

中枢神経が圧迫を受けている場合、腱反射テストで、反射は強く出るそうです。

反射が強く出た場所から患部を推測ができ、患部は首で、一番多いのは変形性頚椎症です。

変形性頚椎症とは、頚椎の一部に棘のような骨が形成され変形した状態のことです。

突き出た部分が脊髄を圧迫するとしびれなどの症状が現れます。

サインを年齢のせいにして放置しがちです。

脊髄は、全身の感覚神経・運動神経とつながっているため圧迫が進むと症状が現れる部位が移動または広がります。

手遅れになると、歩行障害や寝たきりになることもあります。

変形性頚椎症の原因は加齢なので、誰にもそのリスクがあります。

放置していたら、日常生活が送れなくなります。

「ゲンキの時間」しびれに潜む病気のサイン!変形性頚椎症のサインとは?

ささいな変化が変形性頚椎症のサインとなります。

変形性頚椎症のサイン

・箸が使いづらい。

・よくつまずく。

・ものをよく落とす。

・字が書きづらい。

・シャツのボタンが留めづらい。

・ふらつく。

50~60代で手足がしびれたり、歩きづらくなったと感じているものを、年齢のせいだと思っている方が多いそうです。

そういう方が放置すると、取り返しのつかないことになるので、症状が軽くても病院で見てもらうことが重要です。

腰の骨が変形する腰部脊柱管狭窄症では、下半身にしびれが生じます。

足の動脈硬化は、歩行時にしびれが生じます。

糖尿病では、手足など末端にしびれが生じることがあります。

しびれに潜む病気のサイン!突然のしびれは要注意?

突然生のしびれは、非常に怖く、命の危険性があります。

顔や手足の左右の片側が突然しびれる場合は、脳卒中の可能性があります。

左肩が突然しびれたら、心筋梗塞の可能性があります。

まとめ:「ゲンキの時間」しびれに潜む病気のサイン!原因や対策は?(2020年2月2日)

痺れ

2020年2月2日「ゲンキの時間」では「しびれに潜む病気のサイン」について、しびれの原因や対策を説明しました。

しびれが起こっても、なかなか病院に行こうと思わないで、しびれがいつかなくなるだろうとかそのしびれに慣れてしまうケースもありますよね。

今回、しびれは病気の大きなサインであることがわかりました。

みなさんも、しびれがしょうじた場合には、自己判断せず念のため病院で診てもらいましょう!

おすすめの記事