鉄道跡地

2020年2月19日「世界何だコレミステリー」に熊本県の熊延鉄道の遺構「八角トンネル」が登場します。まるで異世界の入口です。ここでは、「世界何だコレミステリー」 に登場する、異世界入口のような熊延鉄道の遺構「八角トンネル」について紹介します。

「世界何だコレミステリー」熊延鉄道の遺構「八角トンネル」! 「廃線跡」シリーズ!

2020年2月19日「世界何だコレミステリー」に熊本県の熊延鉄道の遺構「八角トンネル」が登場します。

鉄道マニア・六角精児さんと巡る「廃線跡」シリーズ!です。

今から56年前に廃線となった熊本県の「熊延(ゆうえん)鉄道」

そこには、他の廃線跡にはないという、珍しい形をした建造物が今も残っているといいます。

今回も目的地へ向かう道中、六角さんは森や町に残された痕跡を次々と発見します。

そして、かつて走った列車の姿に思いを馳せます。

ここでは、「世界何だコレミステリー」 に登場する、異世界入口のような熊延鉄道の遺構「八角トンネル」について紹介します。

「世界何だコレミステリー」熊延鉄道の遺構「八角トンネル」! 廃線跡や廃墟好きの聖地?

熊本と延岡(宮崎県)を結ぼうと計画され、1964年まで、熊本市の南熊本駅と熊本県美里町の砥用(ともち)駅を結んでいた「熊延(ゆうえん)鉄道」。

熊本の 「熊延(ゆうえん)鉄道」の跡地に、廃線跡や廃墟好きの方におすすめの場所があります。

そこは恋人の聖地「二俣橋」のすぐ近くにある、熊延鉄道(ゆうえんてつどう)の遺構「八角トンネル」です。

山道を進むと不思議な形のトンネルが見えてきます。

八角形の独特の形のトンネルです。

ここはかって、熊延鉄道(ゆうえんてつどう)が走っていました。

蔦がからんだ八角形の洞門が連なり、まるで異世界に続いているようです。

不思議な写真が撮影できることから、SNSでも密かに注目の場所です。

熊本県の美里町には、歴史ある石橋が数多く残っています。

たとえば、高さ約24mの年禰橋(としねばし)は、県道の主要な交通を担うために大正時代に架けられた橋です。

「二俣橋」がフォトジェニックといわれる由縁は、石橋と川面に映る影がハート形に見えるからです。

熊延鉄道の遺構は「八角トンネル」の奥にもあります。

津留川に残る、「第二津留川橋梁橋脚」。

かっての鉄橋の橋げたはなく、脚部分のみが残っています。

名称 八角トンネル

住所 熊本県下益城郡美里町小筵

まとめ:「世界何だコレミステリー」熊延鉄道の遺構「八角トンネル」!異世界入口?

ここでは、「世界何だコレミステリー」 に登場する、異世界入口のような熊延鉄道の遺構「八角トンネル」について紹介しました。

ぜひ訪れてみてください!

おすすめの記事