素顔

2020年3月15日放送「行列のできる法律相談所」で、女優、波留さんがY監督(遊川和彦監督)へのクレームを告白します。その内容とは?ここでは、「行列」に出演する波留さんが、 Y監督(遊川和彦監督) へのクレームの内容をまとめました。

「行列」波留がY監督(遊川和彦)にクレーム?完成披露試写会でも一言?

2020年3月15日放送「行列のできる法律相談所」で、女優、波留さんがY監督(遊川和彦監督)へのクレームを告白します。

人気ドラマ「家政婦のミタ」「女王の教室」などを手がけた脚本家・遊川和彦さんのオリジナル脚本による第2回監督作品「弥生、三月 君を愛した30年」の完成披露試写会でも、波瑠さんは遊川和彦監督に一言ありました。

波瑠さんと成田さんが演じる2人の男女が出会いから、別の相手との結婚や離婚、災害、配偶者の死を経験する30年間を3月の出来事だけで紡いでいく恋愛ドラマです。

主人公・弥生の10代後半から50代まで演じた波瑠さんは「脚本に感動しましたが、純粋な強さをもつ弥生さんを自分がお受けしても、対応しかねると思った」と振り返り、「お断りをするために、遊川さんとお会いした」と明かしていました。

遊川監督が「あっ、そうだったの?」と驚きの表情を見せると、「でも、監督の情熱に負けてしまいました。こういう方とお仕事できる機会はないんじゃないかと思って」と一転、オファーを快諾した経緯を説明していました。

ここでは、「行列」に出演する波留さんが、 Y監督(遊川和彦監督) へのクレームの内容をまとめました。  

「行列」波留がY監督(遊川和彦)にクレーム?その内容は?

遊川和彦さんの映画では、波瑠さんが走るシーンが多かったようで、何回全力で走らせるの?と思われたそうです。

「弥生、三月 君を愛した30年」 では、高校生から50歳まで演じるので、その年齢によって走り方の違いを遊川和彦監督は要望されたようです。

そのことに、波瑠さんにクレームを入れたという話も?

更なるクレームは、撮影前の衣装合わせ。昼食以外一切の休憩なしで朝9時から9時間!!

遊川監督からもクレームが!波留さんはターミネーターのように無言で衣装合わせをし、様々な場面でキツク遊川監督言い返していたそうで、結構凹んだそうですが、それをとても楽しそうに話されていました。

まとめ:「行列」波留がY監督(遊川和彦)にクレーム?その内容は?

ここでは、「行列」に出演する波留さんが、 Y監督(遊川和彦監督) へのクレームの内容をまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事