タケノコ

2020年4月6日放送で、林亮平さんが伝授するの鶏と筍の夏みかんてりやきレシピが紹介されました。ここでは、「ごごナマ」で紹介された、林亮平さんが伝授するの鶏と筍の夏みかんてりやきのレシピについてまとめました。

「ごごナマ」鶏と筍の夏みかんてりやきのレシピ!

材料 4人分

鶏もも肉

タケノコ

ごま油

小麦粉

ゆでそら豆

木の実

てりやきのタレの材料

夏みかん

日本酒 

みりん 

しょう油 

作り方

1.下処理済みのタケノコの表面のザラザラを取り、口当たりよく、食べやすい大きさに切ります。

2.鶏もも肉は、筋を切り、厚みがある部分は、包丁を少し入れて広げます。

3.鶏もも肉と筍に、小麦粉をまぶします。

4.フライパンにごま油をしいて、鶏もも肉と筍を並べ、火を付け、こんがり焼きます。

5.夏みかんを半分に切り、中身を絞って、タネを取ります。

6.夏みかんの搾り汁、日本酒、みりん、しょう油を、1:1:2:1の割合で混ぜ合わせて、てりやきのタレにします。

7.フライパンで、鶏もも肉と筍を焼きながら、余分な油をキッチンペーパーで拭き取ります。

8.てりやきのタレを加え、煮込みます。

9.鶏もも肉を一口サイズに切ります。

10. お皿に鶏もも肉、筍を盛り付け、ゆでそら豆と木の実を飾り付けたら、完成です!

「ごごナマ」林亮平さんのプロフィールは?

1976年生まれの林亮平シェフは今年で43歳になられ、日本料理アカデミーの正会員です。

生まれは香川県丸亀市ですが、育った場所は岡山県玉野市です。

立命館大学を卒業されています

林亮平さんは、名門〈菊乃井〉出身。

店主、村田吉弘さんのもとで18年間、腕を磨き、上海の支店や赤坂店で料理長を務めましたた。

2011年から本店副料理長、2015年からは渉外料理長を務めて、独立しました。

グラフィックデザイナーから和食の世界に転身した女将、紗里さんと夫婦で2018年3月に〈てのしま〉をオープン。

菊乃井仕込みの技術をベースに、少し日常に寄った日本料理を提供するその奥には、2つのヴィジョンが潜んでいます。

1.いりこ文化を発展的に伝承する。

2.手島(てしま/香川県丸亀市)で店を開く。

内装は「土間のある台所」をテーマに、SUPPOSE DESIFN OFFICEが手がけています。

「ごごナマ」林亮平さんのお店「てのしま」の場所や営業時間は?

「てのしま」

東京都港区南青山1-3-21 1-55ビル2F

東京メトロ青山一丁目駅より徒歩3分

TEL:03-6316-2150

営業時間:18:00~23:00(LO22:00)21:00以降はアラカルト

定休日:日曜、月2回不定休

おまかせ10000円(税・サ別)

まとめ:「ごごナマ」鶏と筍の夏みかんてりやきのレシピ!林亮平さん伝授!

ここでは、「ごごナマ」で紹介された、林亮平さんが伝授する鶏と筍の夏みかんてりやきのレシピについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事