広島護国神社とんど祭2023の日程・時間や出店は?場所やアクセスや駐車場は?
広島護国神社とんど祭

広島護国神社では、2023年とんど祭(どんど焼き)が開催されますが、日程・時間や場所、屋台の出店、歴史やご利益、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、広島護国神社とんど祭の2023年開催日程・時間や場所、屋台の出店、歴史や見どころ、ご利益、アクセスや駐車場について紹介します。

広島護国神社とんど祭の2023年開催日程・時間や場所は?

広島護国神社とんど祭が開催されます。

日程を確認していきましょう。

広島護国神社とんど祭の2023年開催日程・時間や場所

【開催日程】

2023年1月15日(日)

【時間】

10:00〜16:00

10時からの祭典終了後にとんどに点火し、とんどの火はほぼ終日燃えています。

【場所】

広島護国神社

住所:広島市中区基町21-2

広島護国神社とんど祭の2023年屋台(露店)の出店は?

屋台の出店はあるようです。

初詣では、広島B級グルメのお店が出店していたようで、とんど祭でも楽しめるかもしれません。

2023年のとんど祭に、どのような屋台が出店されるか?楽しみですね!

広島護国神社とんど祭の歴史や見どころは?ご利益は?

広島護国神社は、400年余りの歴史を刻む、広島城跡に鎮座し、多くの人々の心の拠り所として崇敬されています。

とんど祭とは、古いお守りやお札、破魔矢などの縁起物を高く積み上げてお焚き上げをすることです。

広島護国神社のとんど祭は、境内に10メートルはあるであろう竹で組まれた櫓に火がくべられ、高く組まれた竹やその中のお札に火は移り、空高くまで燃え上がり、迫力満点の高い火柱を見ることができます。

とんど祭では、お守りやお札に感謝する神事を行ってから、清浄な火で点火します。

炎が落ち着いたら、お正月に供えられた鏡餅が焼かれ、参拝者に振る舞われ、そのお餅を食べると一年間無病息災、風邪をひかないとされています。

2023年は残念ながら、お餅のふるまいはありません。

お正月のしめ縄飾りは、地域によって異なりますが、1月7日まで飾っておいて外すと良いと言われています。

広島護国神社では、古いお守りお札などは、1月14日まで受け付けているそうです。

とんど祭では、どんなものでも焼けるというわけではなく、神社神道以外の物、仏具、神社以外で購入した物、財布、だるま、門松、だいだい、みかんなどは焼くことができませんのでご注意ください。

広島護国神社では、神社のものであれば、他の神社のものでも受け付けてくれるようです。

広島護国神社とんど祭で、無病息災、家内安全、豊作を願い、新しく縁起物を頂き、今年もいい年になるといいですね。

広島護国神社とんど祭2023のアクセスは?

広島護国神社とんど祭のアクセスが気になりますね。

アクセスもみていきましょう。

【アクセス】

電車でのアクセス

JR「広島駅」から広島電鉄「紙屋町東」下車 徒歩10分

JR「広島駅」からバス「広島バスセンター」下車 徒歩8分

車でのアクセス

広島ICから広島市内方面へ約20分

広島護国神社とんど祭2023の駐車場は?

【駐車場】

境内は祈願者のみの駐車場になります。

周囲の有料駐車場をご利用ください。

広島市中央駐車場

営業時間 : 6:30-翌1:00

収容台数 : 406台車両制限 

最大料金:(全日) 1泊 ¥500

※営業終了時間から翌営業開始時間まで駐車している車に対して加算 (全日) 6:30-翌1:00 ¥1,600

時間料金: (全日) 終日 ¥210 30分

住所:広島県広島市中区基町2

広島県立総合体育館駐車場(もとまちパーキングアクセス)

営業時間 : 7:30-22:00(入庫は20:00まで)

収容台数 : 200台

料金 : 【時間料金】220円 30分

住所: 広島県広島市中区基町4−1

まとめ:広島護国神社とんど祭2023の日程・時間や出店は?場所やアクセスや駐車場は?

ここでは、広島護国神社とんど祭の2023年開催日程・時間や場所、屋台の出店、歴史や見どころ、ご利益、アクセスや駐車場について紹介しました。

10mはあるであろう竹で組まれた櫓に火がくべられ、迫力満点ですよ♪

関連キーワード
おすすめの記事