ソフトボール

2020年2月15日「激レアさん」に、岐阜の24時間ソフトボールの審判を一人で行った堀江健太郎さんが登場します。ここでは、「激レアさん」で紹介された 24時間ソフトボール について、なぜ 堀江健太郎さんは一人で 24時間ソフトボールの審判を行ったのかをまとめました。

24時間ソフトボールの審判を一人で務めた堀江健太郎さんが「激レアさん」に登場!

2020年2月15日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。』のゲストは、『24時間ソフトボール』の審判を1人で務めた細江健太郎(ホソエケンタロウ)さんです。

多くの人がソフトボールでイメージするのは、2008年の北京オリンピックで金メダルを獲得したことでしょうか。

2020年の東京オリンピックも、女子ソフトボールは楽しみですよね。

しかし、24時間ソフトボールとは聞いたことがないですよね。

細江健太郎さんは、岐阜県に伝わる“24時間ソフトボール”で、24時間たった1人で審判をしたのです。

この24時間ソフトボールでは、従来2時間ごとに選手も審判も交代しながら行われていました。

20年以上の歴史で、 細江健太郎さんは初めて1人で審判を務め上げることを決意します。

ここでは、「激レアさん」で紹介された 24時間ソフトボール について、なぜ 堀江健太郎さんは一人で 24時間ソフトボールの審判を行ったのかをまとめました。

「激レアさん」24時間ソフトボールの開催地・背景・ルール・スコアは?

24時間ソフトボール大会は、下呂温泉として知られる岐阜県下呂市に4年に一度、地域の住民によって行われます

試合は深夜も続くといいます。

いったい何点入るのでしょうか?メンバー交代はあるのでしょうか?そもそもなぜ丸1日ソフトボールなのでしょうか? 

1995年頃に、地域(門和佐・和川)の若手がノリで始めたのがきっかけで、地域住民の交流のためにその後も継続して行われることになりました。

ただし、お年寄りも参加するため、4年に1度の開催になっています。

小学生、女性、大人などに分かれており、時間交代制です。

ルールはアバウトで、「お年寄りの代わりに代走」「ルールの分からない子供には付添い」「参加人数も得点に加算」「70代は2点、80代は3点」など、独自のルールが設けられています。

4年に一度、8月中旬、下呂の温泉街から車で20分ほどの山あいのグラウンドに子どもからお年寄りまでの住民100人ほどが集まります。

のぼり旗もあちこちに立ててあり、出店も並ぶそうです。

日陰用のテントや大型扇風機も用意され、地域総出の様子がうかがえます。

スコアボードは120回まで得点が書けるようになっています。

大会の目的はあくまでも親睦だそうで、みんなが楽しめないと意味がないそうです。

年齢関係なくプレーできます。

ちなみに、2019年は、120回まで書き込めるスコアボードに「471対338」というスコアが記されたそうです。

「激レアさん」細江健太郎さんが 24時間ソフトボールの審判を一人で務めた理由は?

「24時間ソフトボール」の審判は、選手同様に交代制となっています。

24時間審判を務め上げるということは、 細江健太郎さんは、無論24時間に及んで中腰で居続けるということ。足腰には計り知れない負担が掛かります。

しかし、フィジカル面は問題ないものの、メンタルはそれほど強くなかったという細江健太郎さん 。

24時間という長時間大役を務め続けるプレッシャーからか、喜怒哀楽のスイッチが壊れてしまったそうです。

細江健太郎さんは、 2015年の大会で審判をやるはずだったのに、大好きな長渕剛さんのコンサートに行くことを選びました

その懺悔の気持ちもあり、2019年大会は、一人で24時間審判をすると立候補したのです。

夏の暑い気温の中、細江健太郎さんはファン付き作業着を着て、見事に24時間審判をやり遂げました。

まとめ:24時間ソフトボールの審判一人?堀江健太郎が「激レアさん」出演!

ここでは、「激レアさん」で紹介された 24時間ソフトボール について、なぜ 堀江健太郎さんは一人で 24時間ソフトボールの審判を行ったのかをまとめました。

堀江健太郎さんは、まさしく、みんなが求めている「激レアさん」ですよね!

岐阜の下呂で行われている 24時間ソフトボール !一度は見に行きたいですね。

おすすめの記事