くびれ

2020年5月13日放送「あさイチ」で、ダイエット・肩こり&腰痛解消などインナーマッスルのトレーニング法が紹介されました。ここでは、「あさイチ」にて紹介された、、ぽっかりお腹解消のダイエット・肩こり&腰痛解消などインナーマッスルのトレーニング法についてまとめました。

「あさイチ」インナーマッスルを鍛えてダイエット・肩こり&腰痛解消?

2020年5月13日放送「あさイチ」で、ダイエット・肩こり&腰痛解消などインナーマッスルのトレーニング法が紹介されました。

外出自粛やテレワークなど家にこもりっきりの毎日が続き、いすに座りっぱなしなど同じ姿勢が続いて体に負担がかかりがちですよね。

そんなとき、働きが鈍くなり腰痛や肩こりを引き起こしかねないのが「インナーマッスル」です。

整形外科医の金岡恒治先生が教えてくれました。

金岡恒治先生は、スポーツ医学のスペシャリストでオリンピックドクターも務めています。

インナーマッスルは、骨や内臓さらには外側の筋肉(アウターマッスル)まで支える役割を持つものです。

インナーマッスルは、腰痛や肩こり、ポッコリお腹はもちろん、正しい姿勢の保持や、高齢者の転倒防止などさまざまな事柄と関係があることが分かってきました。

あさイチでは、毎日自宅で数分でできるトレーニング方法が紹介されました。

ここでは、「あさイチ」にて紹介された、、ダイエット・肩こり&腰痛解消などインナーマッスルのトレーニング法についてまとめました。

「あさイチ」インナーマッスルの自宅でのチェック法は?

1.両手足をついて、四つん這いになります。

2.片足を上げた時に、腰が傾くかどうかがポイントになります。

グラグラ傾く場合は、インナーマッスルが使えていないと判断できます。

「あさイチ」インナーマッスルのトレーニング法は?

日常生活の中でも、お尻の穴をすぼめるよう意識して力を入れていくと、インナーマッスルは強化されます。

金岡恒治先生が様々なインナーマッスルトレーニングを教授しました。

インナーマッスルを強化して腰痛解消トレーニング

1.立ったまま片足を上げて、両手で膝をおなかに引き寄せます。

2.両手をはなして、膝がお腹からできるだけ離れような体制で、片足立ちで10秒キープします。

最初はぐらつきますが、だんだんとぐらつきも減っていきます。

腰痛も解消されていきます!

肩こり解消のインナーマッスルトレーニング

ギューストン

1.両肩をおもいきり持ち上げ、一気にストンと落とします。

力を抜くときには、一気に抜いてください。

肩が凝ったなと思ったら、3回ぐらい行ってください。

肩甲骨クローズ

1.手のひらを内側に向け腕をあげます。

2.そこから3秒ほどかけて、手のひらを外側にして、肘を曲げ奈良が向ゆっくり下げていきます。

3.それから、3秒かけてゆっくり腕をあげてください。

4.2と3を、1日10回ほど行います。

ポイントは肩甲骨の菱形筋を意識して行ってください。

理学療法士の田舎真由美さんがぽっこりお腹解消のトレーニングを教えてくれました。

ぼっこりお腹解消トレーニング

骨盤底筋群に力を入れるイメージは、「おしっこを止める」のようなかんじです。

力を入れた時、お腹がすこしへこみます。

息をしながら、その状態で10秒間キープしてください。

まとめ:「あさイチ」インナーマッスルのトレーニング法!お腹ぽっこり・肩こり&腰痛解消?5月13日

ここでは、「あさイチ」にて紹介された、、ダイエット・肩こり&腰痛解消などインナーマッスルのトレーニング法についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事