トリートメント

2020年3月31日放送「この差って何ですか」で 「 第一印象がいい人悪い人の差 」を特集します。ここでは、「この差って何ですか」で特集される、「第一印象がいい人悪い人の差 」第一印象が良い人とは?印象を良くするためのコツ等を紹介します。

「この差って何」 第一印象がいい人と第一印象が悪い人の差?

2020年3月31日放送「この差って何ですか」で 「 第一印象がいい人悪い人の差 」を特集します。

新年度を迎え、新しい学校、職場等で、「出会い」が多いこの時期に気になる、【「第一印象が良い人」と「第一印象の悪い人」の差】に迫ります。

「インタビュアー」や「テーマパークのキャスト」、「美容師」など「第一印象が悪いと仕事にならない」という職業の人々に徹底取材を実施し、「眉毛と眉毛の間を少し広くする」や「話をする時に、目をじっとみないようにする」など、印象をよくするための様々なコツが明らかになりました。

その1: 眉毛…眉毛と眉毛の間が狭いと高圧的な印象!親しみやすくするには、眉毛と眉毛の間をやや広くするのがポイント ?

その2: 簡単そうで難しい「自然な笑顔」!

テーマパークの一流キャストは客の年代別に「笑顔の種類」を変えていた?!

その3: 仲間と思ってもらう…相手が腕を組んだら自分も腕を組み、相手が水を飲んだら自分も…たったこれだけで共感度アップ?!

「この差って何」印象を良くするためのコツとは?眉毛を離して描く!

眉毛が近いと、顔がきつく見えます。

第一印象を良くするためには、少し柔らかい印象を相手に与えるのが重要です。

そのために、眉毛は、少し離して描くと、顔の印象が柔らかくなりますので、この点を意識して、眉毛を整えてみましょう!

「この差って何」印象を良くするためのコツとは? 自然な笑顔を作るコツ!

第一印象を良くするために、自然に笑顔を作るコツは、「相手を子ネコだと思う」

目の前にいる相手を、好きなもの、に置き換えると、意識しすぎない、自然な笑顔を作れます。

「一生懸命笑おう」とするのではなく、「口角をあげる」ことを意識するのが大切です。

指で、口角をあげて、「口角をあげる」感じをつかむのも大切です。

また、相手の年代に合わせた笑顔を使い分けるのも重要です。

「この差って何」印象を良くするためのコツとは? 話の聞き方や相手の動きをマネる!

相手に気持ちよく話をしてもらうための、「話の聞き方」も重要です。

大切なのは、「リアクション」や「視線」。

相手の目を直視すると、威圧感を与えてしまうので、相手の目の周り、を見るのが良いそうです。

また、相手の動きをマネることは、ミラーリング効果と言われ、好印象を与えると言われています。

相手のアクションをさりげなく、真似したり、相手の言葉をそのまま返したりすることで、共感が生まれ、自然に距離が縮まる効果があるようです。

自然な笑顔と聞き上手は、第一印象を良くするのに、大切なことです。

明日から実践できますから、ぜひ参考にしてください!

まとめ:「この差って何」第一印象が良い人?よくするためのコツとは?

ここでは、「この差って何ですか」で特集される、「第一印象がいい人悪い人の差 」第一印象が良い人とは?印象を良くするためのコツ等を紹介します。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事