テニス

 2020年5月2日放送「博士ちゃん」では、石井琢朗氏の娘(石井さやか)が親譲り博士ちゃんとして登場します。ここでは、親譲り博士ちゃんとして登場する石井琢朗氏の娘(石井さやか)のテニスの活躍やバッティングチャレンジの結果についてもまとめました。

「博士ちゃん」石井琢朗氏の娘(石井さやか)が親譲り博士ちゃんとして登場!

2020年5月2日放送「博士ちゃん」では、石井琢朗氏の娘(石井さやか)が親譲り博士ちゃんとして登場します。

プロ野球選手として現役時代は2000本安打を達成、名球会入りして球界を代表する天才バッターとして活躍、現在は読売ジャイアンツで野手総合コーチをつとめる石井琢朗さん。

番組では石井琢朗さんの娘に密着しています。

まだ14歳だというのにあるジャンルで日本一になっていました。

それは、テニスです。

父親譲りのバッティングにもチャレンジします!

その結果はどうなったのでしょうか?

ここでは、親譲り博士ちゃんとして登場する石井琢朗氏の娘(石井さやか)のテニスの活躍やバッティングチャレンジの結果についてもまとめました。

「親譲り博士ちゃん」石井琢朗氏の娘(石井さやか)のテニスの活躍は?

石井琢朗さんの次女、石井さやかさんは2005年8月に生れ、5歳からテニスを始めました。

2012年、お父さんの石井琢朗さんの引退試合では長女のはる佳さんとともに始球式に登場しました。

石井さやかさんは、小学校は青山学院の初等部に入学していますが、当時からテニスの才能を発揮していました。

2017年には、関東小学生大会で優勝しました。

お母さんの荒瀬詩織さんは、テニスに集中し、それで結果が出なかったときのことを考えて、受験なしで進める青山学院中等部を勧めました。

しかし、お父さんの石井琢朗さんは、「楽な逃げ道を作るな。退路を断て」と厳しく反論し、結局退路を断つ方向を決意、中学は公立校に入学しました。

2018年には、全国選抜ジュニアテニス選手権大会で、準優勝を飾っています。

そして、2019年には、ワールドジュニアテニス世界大会の代表選考会を兼ねた「DUNLOP SRIXON CUP 全国選抜ジュニアテニス選手権大会」で、14歳以下女子シングルスに出場し見事優勝しました。

14歳の中学2年生ですが、既に身長は170cmあり、アスリートらしい体形で、将来が期待です。

2020年3月時点でジュニア世界ランキング298位です。

昨年は、1年の約半分を、日本代表として、遠征で海外で過ごしたそうです。

今の夢は、オリンピックに出場することです。

石井さやかさんの所属するテニスクラブですが、「TEAM YONEZAWA」に所属しています。

「博士ちゃん」石井琢朗氏の娘(石井さやか)のバッティングは親譲り?

父親である石井琢朗さんからの教えは、「諦めない心」「相手を尊敬すること」「物を大事にする」だそうです。

そしてアスリートとしての心構えを、お父さんから教わっているそうです。

多くを語らず、身をもって教えるのが、石井琢朗さんのスタイルです。

目標は、耳で聞いて、目で見て、書くことが重要。

この熱い父の教えを守り、石井さやかさんは日本一になりました。

お母さんの荒瀬詩織さんも、石井琢朗さんに作っていたようなアスリート用の食事で全面サポートです。

石井さやかさんは、お父さん譲りで、野球がうまいのでしょうか?!

バッティングセンターで検証です!

野球経験なしでも、バッティングは「ジャストミート」!

やっぱり、運動神経は、引き継いでいるんですね!

まとめ:「親譲り博士ちゃん」石井琢朗氏の娘(石井さやか)!テニスで注目?

ここでは、親譲り博士ちゃんとして登場する石井琢朗氏の娘(石井さやか)のテニスの活躍やバッティングチャレンジの結果についてもまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事