自然薯

2020年3月26日放送「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、自然薯の美味しい食べ方や手のかゆみの防ぎ方や栽培法を紹介しました。ここでは、「ハナタカ」で紹介された、自然薯の効能や美味しい食べ方や山芋の手のかゆみの防ぎ方や栽培法をまとめました。

「ハナタカ」自然薯とは?

2020年3月26日放送「ハナタカ」で、自然薯の美味しい食べ方手のかゆみの防ぎ方や栽培法を紹介しました。

自然薯は、日本原産の野生種で、その他の山芋(長芋、大和芋など)とは別物です。

古来より滋養強壮食として珍重され山菜の王者と呼ばれ親しまれて来ました。

また漢方名「山薬」と呼ばれいろいろな効用が説かれています

自然薯の手のかゆみは○○で防げる?

自然薯は○○で栽培するから貴重!?

プロが教える自然薯の美味しい食べ方とは? 

ここでは、「ハナタカ」で紹介された、 自然薯の美味しい食べ方や手のかゆみの防ぎ方や栽培法をまとめました。

「ハナタカ」自然薯の専門店  裏恵比寿・自然生村

裏恵比寿 自然生村

住所:東京都渋谷区恵比寿1-21-15 いーすとEBISU 1F

アクセス:JR山手線・埼京線【恵比寿駅】東口 徒歩5分
     東京メトロ日比谷線【恵比寿駅】徒歩7分
     恵比寿駅から365m

営業時間:[月〜土] 11:30~14:30(L.O) 18:00~翌0:00(L.O.23:30)
     [日・祝] 11:30〜14:30(L.O) 17:00〜23:30(L.O.23:00)

定休日:無休

「ハナタカ」自然薯の効能は?

自然薯の大きな特色は、良質の澱粉質に加え、アミラーゼなどの酵素がたくさん含まれていて、食べたものを速やかに消化吸収する作用があります。

また、カルシウム、鉄分、リン等のミネラルやビタミン類も豊富で、新陳代謝や細胞の増殖機能を促進する作用も著しく、疲労回復、虚弱体質の改善、食欲増進、免疫力を高めかぜ予防にも効果があると言われます。

古来より精のつく滋養強壮食として一般に用いられてきた他、漢方薬でも“山薬”“じょよ”と称し珍重されてきました。

また、最近になって自然薯にだけ含まれるディオスゲニンと言う物質が、若さの維持やホルモンバランスに関係しているDHEAを増やす役割があるということも分かってきました。

「ハナタカ」自然薯の手のかゆみは○○で防げる?

手がかゆくなるのは自然薯に含まれるシュウ酸カルシウムというアルカリ性の物質のせいです。

こすらずにお酢を水で薄めた酢水で軽く洗い流してください。

※なお、酢水で洗ってもかゆみが収まらない場合はアレルギーの可能性もあります。

「ハナタカ」 自然薯は○○で栽培するから貴重?

自然薯は、値段も普通の山芋の倍以上!

栄養豊富で高級イメージの自然薯。

なぜ栽培もしているのに貴重なのでしょうか?

ほとんどが手作業で栽培するから貴重なのです!

天然物は、風雨の影響で地下でくねくねと曲がりが強く、手作業でしか傷つけずに掘ることが難しいため、とても貴重なのです。

「ハナタカ」プロが教える自然薯の美味しい食べ方とは?

自然薯に限らず、山芋は、ねばり・アク共に、根元ほど強く、上に行くほど弱くなります。

自然薯農家のプロがおすすめの食べ方は、「卵かけご飯」自然薯バージョンです。

作り方

1.麦飯に生卵を落とします。

2.卵の黄身と同じくらいの量の自然薯をご飯と生卵の上にかけたら完成です。

よく混ぜながら食べましょう!

山芋をすりおろすときには、空気がよくはいるようにおろすと、美味しさが増します。

また、ヒゲ根をとってから生で食べるのもおススメです。

まとめ:自然薯の美味しい食べ方?手のかゆみの防ぎ方や栽培法? 「ハナタカ」

ここでは、「ハナタカ」で紹介された、自然薯の効能や美味しい食べ方や手のかゆみの防ぎ方や栽培法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事