座布団

2020年2月16日「情熱大陸」に神田松之丞(伯山)さんが出演します。神田松之丞 (伯山) さんの講談の経歴・ラジオ・家族とは?ここでは、情熱大陸に出演する神田松之丞(伯山)のプロフィール・講談の経歴・ラジオ・魅力・家族などを紹介します。

「情熱大陸」神田松之丞(改め神田伯山)は講談の伝道師?

古い屏風

2020年2月16日「情熱大陸」に神田松之丞(伯山)さんが出演します。

講談歴史的なお家騒動や討ち入りの話を聞かせる日本の伝統芸能です。

同じ話芸の落語と比べ、とっつきにくいイメージを持つ人もいるかもしれません。

落語は会話を重視して会話で成り立っていく芸能で、講談は会話だけでなく、話の中に地の文という説明文が入ります。

見た目も違っていて、東京の落語家さんは座布団の上に座り、扇子や手ぬぐいなどの所作を交えて話しますが、講談師は高座に置かれた釈台という小さな机の前に座り、釈台を張扇でパンパンと叩きながらお話をします。

しかし、 神田松之丞(伯山)さんの講談を聴くとその認識は一変するでしょう。

2020年2月11日に大名跡、六代目・神田伯山(かんだはくざん)を襲名しました。

軽快な毒舌を交えたマクラ(小話)で爆笑させ、講談では一転します。

熱のこもった語り口と怪演で登場人物を生き生きと蘇らせます。

2月11日、真打ち昇進とともに、大名跡である六代目・神田伯山(はくざん)を襲名した人気講談師・神田松之丞さん。

いまもっともチケットの取れない講談師」といわれる彼に、『情熱大陸』のカメラが密着します。

その語りの才能は、ラジオやテレビなど、さまざまなメディアで花開いており、2017年にスタートし、彼の代名詞となったラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(TBSラジオ)では、予定調和をものともしない語りが人気です。

基本的にメディアへの露出は「講談を広く知ってもらうため」と言い切る神田伯山さん。

今、もっとも力を入れているのが「連続物」と呼ばれる、長い物語を何日もかけて披露する講談です。今年1月、真打ち昇進を間近に控えて挑んだのが『畔倉重四郎(あぜくらじゅうしろう)』。

全19話、5日間連続で、物語の長さはのべ10時間にも及ぶ大ネタです。

ここでは、情熱大陸に出演する神田松之丞(伯山)のプロフィール・講談の経歴・ラジオ・魅力・家族などを紹介します。

「情熱大陸」神田松之丞(改め神田伯山) のプロフィールは?

芸名: 神田 伯山 (かんだ はくざん)

本名: 古舘 克彦 (ふるたち かつひこ)

生年月日:1983年6月4日

芸種: 講談

階級: 真打

出囃子: 滝流し

血液型:A型

趣味:落語を聞くこと

好きなもの:プロレス、漫画「スラムダンク」

所属:日本講談教会・落語芸術教会

神田松之丞さんの生い立ちをお調べしたところ、両親と母方の祖父母、4歳上の兄と母方の実家で育ちました 。

貿易関係の仕事をされていた父親は、ときどきキャッチボールをしてくれたそうですが、神田松之丞さんが小学校4年生のときに他界されたそうです。

父親との永遠の別れは、少年であった神田松之丞さん自身、相当ショックが大きかったでしょう。

この時からそれまで明るい子だった松之丞さんは、父の死をきっかけに「笑う」ことができなくなったそうです。

その大きなショックが、結果的には神田松之丞さんを天才講談師へと導いていきます。

東京都豊島区出身の神田松之丞さんは地元・豊島区立池袋第三小学校から豊島区立道和中学校を卒業します。

そして東京都中区北里にある聖学院高等学校で高校時代を過ごし、その後大学は東京都練馬区にある武蔵大学経済学部経営学科を卒業しています。

「情熱大陸」神田松之丞(改め神田伯山)の講談師としての経歴は?

神田松之丞さんの講談師となる経歴についてですが、神田松之丞さんが講談との出会ったのが高校2年の時だそうです。

NHKラジオ深夜便で6代目三遊亭圓生の『御神酒徳利』を聞き、大変感銘を受けたそうです。

その後、2007年11月に3代目神田松鯉(かんだしょうり)さんに入門し、同月30日に末広亭の楽屋で「神田松之丞」と命名されました。

前座時代には要領も悪く仕事を覚えるのも大変だったようですが、それでも頑張って努力し、2012年には二ツ目に昇進しました。

神田松之丞さんは、2015年10月、浅草演芸ホールで行われた「読売杯争奪 激突!二ツ目バトル」で優勝し、2016年には花形演芸大賞銀賞も受賞しました。

講談師としてテレビにも度々出演したり、ラジオにも冠番組を持っています。

2012年6月二ツ目昇進。若くして、宮本武蔵全17席、慶安太平記全19席、村井長庵全12席、天保水滸伝、天明白浪伝全、畔倉重四郎などの連続物や、「端物」と言われる数々の読み物を継承しています。

持ちネタは10年で130を超え、講談普及の先頭に立つ活躍を見せ、2015年10月「読売杯争奪 激突! 二ツ目バトル」優勝しました。

2016年4月「今夜も落語漬け」3分講談優勝、2016年12月「真冬の話術」優勝、2017年3月「平成28年度花形演芸大賞」銀賞受賞しています。

2020年2月には真打昇進とともに、6代目神田伯山を襲名しました。

「情熱大陸」神田松之丞(改め神田伯山)のご家族は?

神田松之丞さんは2016年に週刊新潮がスクープした形で、奥様がいたことがわかりました。

奥様のお名前は理沙さんといいます。

神田さんの奥様は、神田さんの講談があまり好きではないそうで、「いつか嫁に認められるように頑張ろう」という気持ちで、講談師として日々成長していることを語っていました。

神田松之丞さんには、 2018年9月 に誕生されたお子さんが一人います。

「情熱大陸」神田松之丞(改め神田伯山)の講談師としての魅力は?

神田松之丞(伯山)さんは、体力があり体が大きく肺活量が多く大きな声を出せます。

お客様の心をガーっとつかんで引っ張り、聞かせるところはしっかり聞かせて、笑わせるところは大いに笑わせます。

神田松之丞(伯山)さんは、 ふり幅の大きさも際立ち、よほど稽古しないとあそこまでの高座はできないでしょう。

途切れることのない、その情熱的な迫真の語りは、まさに圧巻です。

演技性が高く、注釈も加えて初心者にもわかりやすい話術と、豊かな表現力に客席がどんどん引き付けられていくのが伝わってきます。

江戸の町の風景や匂い、町人が集まっている様子が見えてくるようで、想像力が刺激されます。

「情熱大陸」神田松之丞(改め神田伯山)のラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」とは?

神田さんはTBSラジオでレギュラー番組「神田松之丞 問わず語りの松之丞」を持っていますが、この番組が大変おもしろいと評判です!

講談の世界から誕生した若きスターとして、数々のメディアに取り上げられ、若い女性からも絶大な人気を誇る神田松之丞さん。

そんな 神田松之丞(伯山)さん の人気を全国区にしたきっかけのひとつが、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』でしょう。

同じ局のパーソナリティやテレビ番組で共演した人など、名前をあげて「どうもあいつは信用できない」といった忌憚のない発言は、聴いている方がどきどきします。

神田松之丞さんが、真打ち昇進と同時に六代目神田伯山(はくざん)を襲名したことを受け、TBSラジオの冠番組『神田松之丞 問わず語りの松之丞』(毎週金曜 後9:30)が、2020年2月14日から新たな番組名『問わず語りの神田伯山』とでスタートしました。

2020年2月7日放送のエンディングでは、「『問わず語りの松之丞』は、これにてお開きということでね。来週から『問わず語りの神田伯山』ということになります。それでは、また来週。最後の神田松之丞でございました。来週からは神田伯山になります。みなさん、本当に松之丞時代、ありがとうございまーす」と感謝の思いを伝えていました。

まとめ:「情熱大陸」神田松之丞(伯山)の講談の経歴・ラジオ・家族・魅力は?

古い歌舞伎場

ここでは、情熱大陸に出演する神田松之丞(伯山)のプロフィール・講談の経歴・ラジオ・魅力・家族などを紹介しました。

六代目・神田伯山を襲名し、今後ますますご活躍されることを期待します。

おすすめの記事