男性

2020年3月22日放送「健康カプセル!ゲンキの時間」では、専門家が新型コロナウイルスにも効果がある感染症の予防策を紹介しました。ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、 新型コロナウイルスにも効果がある感染症の予防策についてまとめました。

【ゲンキの時間】新型コロナウイルスにも効果あり!

ウイルス

2020年3月22日放送「健康カプセル!ゲンキの時間」では、専門家が新型コロナウイルスにも効果がある感染症の予防策を紹介しました。

瞬く間に世界中をパニックに陥れた「新型コロナウイルス」。

様々な経路で広まってしまう感染症は実に恐ろしい病気。

感染症といえば、インフルエンザのように冬に流行するイメージがありますが、春の感染症の恐ろしさについて専門家は警鐘を鳴らします。

新型コロナウイルス対策にも効果がある専門家が教える正しい感染症予防法とは?

普段から心がけたい感染症予防の4原則とは?

ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、 新型コロナウイルスにも効果がある感染症の予防策についてまとめました。

【ゲンキの時間】春に気を付けたい感染症とは?溶連菌感染症?

春に気を付けたい感染症① 溶連菌感染症

溶連菌感染症は、多くが5歳未満の子供がかかることが多いのですが、実は大人もかかるのです!

主な症状は、喉の痛み、発熱。

溶連菌は、主に喉の扁桃腺に感染し、喉の腫れや痛み、38℃以上の高熱などの症状を引き起こします。

1年通じて起こりえますが、特に冬と春に増えます。

新型コロナウイルス感染予防にも効果的な予防法は?

感染症予防の4大原則は、「手洗い」「うがい」「マスク」「人ごみを避ける」

【ゲンキの時間】春に気を付けたい感染症とは?ロタウイルス?

春に気を付けたい感染症② ロタウイルス

主な症状は、高熱、吐き気、下痢。

ノロウイルスの症状に似ていますが、ウイルスの量が違い、ノロウイルスの100万倍!

しかも感染力が強いのです。

春に起こる感染性胃腸炎の約半数は、ロタウイルスです。

感染拡大の落とし穴は、「トイレ」

便器のフタを閉めずに水を流すと、壁までウイルスがとびます。

必ず、便器のフタを閉めて、水を流しましょう。

ロタウイルス予防のためには、アルコール消毒はあまり効かないそうです。

塩素系漂白剤を薄めた液体で、掃除をしましょう!

普通の掃除に使う場合2Lのペットボトルのキャップ2杯分の漂白剤を混ぜて作りましょう。

【ゲンキの時間】 春に気を付けたい感染症とは?マダニが運ぶ感染症SFTS?

春に気を付けたい感染症③ マダニが運ぶ感染症SFTS(重症熱性血小板減少症候群)

マダニに咬まれる事で感染します。

主な症状は、発熱、下痢、嘔吐、内出血、意識障害、言語障害などの神経症状だそうです。

予防対策は、マダニに咬まれないことです。

春になると、アウトドアに出かける機会が増えますね。

服装は、「マダニを発見しやすい白っぽい服」「靴下+裾を輪ゴムで止める」「頭を守る帽子と襟元からの侵入を防ぐタオル」「軍手+袖口を輪ゴムで止める」などの点に気を付けましょう。

虫よけスプレーも効果的です。

もしマダニに咬まれてしまったら、無理に自分ではずそうとせず、病院へ行きましょう!

【ゲンキの時間】 春に気を付けたい感染症とは?レジオネラ症?

レジオネラ症とは?

レジオネラ菌が呼吸器に感染し、重篤な肺炎を引き起こす病気です。

花粉症対策のため使う機会が増える加湿器が、レジオネラ菌を増殖させる危険が!

加湿器は、水の注ぎ足しを行わず、使うたびにタンクを洗い、乾燥させて、清潔に使いましょう!

【ゲンキの時間】 感染症予防のための「手洗い」の注意点!

①指輪や腕時計は外して洗いましょう!

指輪や腕時計の隙間には、ウイルスが残りやすいのです。

②30秒ほどかけてしっかり洗いましょう!

③水分を拭き取り、しっかり乾かしましょう !

【正しい手の洗い方】のおさらい

①水で濡らした手に石鹸を付けて泡立て、手のひら、手の甲を洗いましょう

②指先、爪の間を手のひらでこすりましょう

③指を組むようにして指の間もしっかり洗いましょう

④親指を反対の手で握り、ねじるようにこすりましょう

⑤手首を洗いましょう

⑥石鹸をよく水で洗い流し、水分を拭き取り、よく乾かしましょう

まとめ:【ゲンキの時間】春に気を付けたい感染症の予防?新型コロナウイルス対策にも!

手洗い

ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、 新型コロナウイルスにも効果がある感染症の予防策についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事