認知症のイメージ

2020年1月21日放送「たけしの家庭の医学」で、認知症予防クイズが行われていました。ここでは、「たけしの家庭の医学」のクイズ内容や解答、認知症予防に効果のある食べ物や行動についての説明を紹介しています。

「たけしの家庭の医学」 認知症予防クイズ!注目です!

認知症クイズ

2020年1月21日テレビ朝日「名医とつながる!たけしの家庭の医学」が放送されました。

「たけしの家庭の医学」自分ではなかなか気づくことのできない病に気づくためのチェック方法のみならず、症状が良くならない病気への別のアプローチ法、病を未然に防ぐ方法まで、バラエティ仕立てで楽しみながら、学べる内容が魅力ですよね。

2020年1月21日の「たけしの家庭の医学」では、クイズ形式で病気のことを知ることのできる2時間スペシャルでした。

認知症予防血管・骨・関節を若返らせる方法救命救急で命を救う正しい対処法便秘改善法などですが、ここでは、認知症予防に関するクイズに注目しました。

「たけしの家庭の医学」認知症予防クイズ!効果のあるお菓子は?

高齢者の人口が増加すると共に増えていると言われているのが、認知症患者数です。

そんな認知症にまつわるクイズが出題されました。

日本全国、どのスーパーにも置かれている商品の中に、認知症予防効果が期待されているお菓子があるそう。そのお菓子とは?

1:おせんべい

2:さきいか

3:ピーナッツ

正解は、

3のピーナッツです。

国立循環器病研究センターの猪原匡史先生によると、ピーナッツの薄皮に含まれるレスベラトロールという栄養素が血管の拍動を強くし、脳の老廃物であるアミロイドβを脳の外に洗い流します

認知症予防に効果的なピーナッツの食べ方は、ピーナッツを薄皮ごと食べることが重要です。

「たけしの家庭の医学」認知症予防クイズ!効果のある手軽なメニューは?

次に、手軽に手に入れることのできる食材にまつわる問題です。

お出かけしたときの楽しみに、サービスエリアやショッピングモールにあるフードコート。そんな場所で食べられる料理の中に、認知症予防の原因物質が脳にたまるのを防ぐ成分が豊富に含まれている料理あります。それは次のうち、どれでしょうか?

1:とんこつ醤油ラーメン

2:カレーライス

3:天ぷらそば

4:海鮮丼

正解は、

2のカレーライス

国立長寿医療研究センターの遠藤英俊先生によると、カレーライスに使われるターメリックの中に多く含まれているクルクミンが、脳の老廃物であるアミロイドβを溜まりにくくするそうです

カレーライスのスパイスターメリックのクルクミンが、認知症予防成分なのです。

5カ月間クルクミンを与えたマウスと与えなかったマウスと比べた場合、脳の中の老廃物であるアミロイドβの数値が大きくことなり、クルクミンを与えたマウスにはアミロイドβがほとんどありませんでした。

遠藤先生も週に3回はカレーライスを食べて認知症対策をしているのだそうです。

「たけしの家庭の医学」認知症予防クイズ!効果のある夫婦の行動は?

最後に行動にまつわる出題です!

いつまでも仲良く円満に過ごしたいと願う方も多い夫婦の関係。そんな夫婦関係の中にも、実は認知症を防ぐカギが隠されているといいます。

次の夫婦の行動のうち、認知症予防につながると考えられているものは?

1:手をつないで歩く

2:愛しているよと言い合う

3:出かけるときなどにチューをする

正解は、

1の手をつなぐことです。

国立循環器病研究センターの猪原匡史先生によると、ポイントは手を繋ぐなど、手足の皮膚に心地よい刺激を与えることです。

その刺激は脳に届き、脳の神経細胞を成長させる物質NGFを分泌させるそうです。

まとめ:「たけしの家庭の医学」認知症予防クイズ!効果的な食べ物や行動は?

老夫婦と犬

体の健康も重要ですが、頭の健康もすごく重要ですよね。

ここでは、2020年1月21日放送「たけしの家庭の医学」のクイズ内容や解答、認知症予防に効果のある食べ物や行動についての説明を紹介しました。

特別な食べ物や行動ではなく、普段の生活の中で、知識があるかないかで認知症予防に努めることができることがわかりました。

頭をすっきりさせていくためにも、今回紹介された内容を実践していこうと思います。

おすすめの記事