キクラゲ

2020年3月12日放送「主治医が見つかる診療所」で、ビタミンDを取り入れる最強食材「キクラゲ」が紹介されます。ここでは、「主治医が見つかる診療所」 で紹介される、ガンのリスク減少・カゼの予防・免疫力アップ・アレルギー予防・花粉症の改善・骨粗しょう症の予防に効果があるビタミンDやキクラゲの効果をまとめました。

「主治医が見つかる診療所」ビタミンD最強食材「キクラゲ」!

2020年3月12日放送「主治医が見つかる診療所」で、ビタミンDを取り入れる最強食材「キクラゲ」が紹介されます。

番組では、日本人に不足している!ビタミンD徹底攻略します!

骨若返り&風邪予防する最強食材とは?

納豆足して免疫力UP?

現在医師たちが大注目している栄養素「ビタミンD」の特集です。

ビタミンDは免疫力アップやアレルギー予防、がんの予防効果が期待でき、感染症から身を守るためにも取り入れたい栄養素です。

ビタミンDを取り入れる最強食材として、キクラゲ等が紹介されるようです。

ここでは、 「主治医が見つかる診療所」 で紹介される、ガン予防・免疫力アップ・アレルギー予防に効果があるビタミンDの最強食材のキクラゲの効果をまとめました。

「主治医が見つかる診療所」ビタミンD(キクラゲ)の健康効果は?

きくらげやキノコ類に多く含まれているビタミンDには、カルシウムやリンの吸収を促す働きがあります。

カルシウムの吸収を助け、丈夫な骨を作る働きがあります。

ビタミンDが不足すると、骨折のリスクが3.2倍増えるという研究結果があるそうです。

また、カルシウムは血液を通って全身の細胞に送られますが、その血液中のカルシウムの濃度を一定に保つのも、ビタミンDの大切な役割です。

そして血液中のビタミンD濃度の高い人は、、ガンにかかるリスクが最大で25%低下するという報告もあります。

更に、ビタミンDを十分に摂取している人は、インフルエンザの感染リスクも、42%低下する研究結果もあります。

カルシウムの吸収が低下すると、女性の場合は、妊娠中の骨軟化症や閉経後の骨粗しょう症になりやすい、といわれています。

女性は特に、意識的に摂取したい栄養素です。

キクラゲはきのこの中でもお通じ改善に役立つ「食物繊維」が豊富ですし、「ビタミンD」の含有量は食品の中でもトップクラス!

その他食物繊維を多く含みローカロリー、また鉄分も豊富なので貧血予防にもなり、女性に嬉しい栄養素が多く含まれているのがキクラゲの特徴です。

低カロリーで腹持ちも良いのでダイエット食材としてもおすすめです。

「主治医が見つかる診療所」 乾燥キクラゲの使い方?

ビタミンDは日光に当たると増える性質があるので、天日干しした乾燥きくらげでは、ビタミンDが約10倍増えています。

乾燥キクラゲは、水で戻して使用するのがおススメですが、時短料理に、乾燥のまま煮込むこともできます。

より美味しい乾燥きくらげの戻し方は、冷水につけて冷蔵庫に入れ、約6時間かけて戻す方法です。

戻したきくらげは、冷蔵庫で約1週間、冷凍庫で約1か月持ちます。

きくらげ自体、クセのない風味ですので中華料理だけではなく、日々の様々な料理に使うことができます。

中華料理によく使用されているのは、油との相性が良いからです。

相性が良い理由は、実は、美味しさの面だけでなく栄養面でもいえることなのです。

ビタミンDは油脂に溶けやすい脂溶性のため、動物性食品のほうが吸収しやすいのです。

例えばアヒージョやラー油で炒めるととても美味しく仕上がるそうです。

カロリーが気になる方は、例えばお肉の代わりにきくらげを入れてお野菜と一緒に炒めるのもおすすめです。

番組内では、きくらげの肉巻き、きくらげの卵焼き、きくらげのキムチ炒め、きくらげの天ぷらなどが紹介されるようです!

乾燥きくらげのきくらげパウダー?

より効率よくビタミンDを摂取するには、乾燥きくらげを粉末状に加工した「きくらげパウダー」がおすすめです。

きくらげパウダーのメリットは、普通の乾燥きくらげと比べて水で戻す手間がかからないことです。

粉末をそのままスープ等に加えることで簡単にビタミンDたっぷりな料理を時短でつくることができます。

まとめ:「主治医が見つかる診療所」ビタミンD最強食材はキクラゲ!ガン予防・免疫力アップ?

ここでは、「主治医が見つかる診療所」 で紹介される、ガン予防・免疫力アップ・アレルギー予防に効果があるビタミンDやキクラゲの効果をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事