赤い傘

喜多村緑郎さんは、一般家庭からあることきっかけに歌舞伎役者となり現在は劇団新派で活躍されています。ここでは、世襲制のイメージが強い歌舞伎界において、喜多村緑郎さんが一般家庭から歌舞伎役者の径に進んだ経緯、スーパー歌舞伎から劇団新派への経歴を紹介します。

喜多村緑郎の経歴!プロフィールは?

芸名:二代目 喜多村 緑郎

(にだいめ きたむら ろくろう)

本名:神田和幸(かんだ かずゆき)

生年月日:1969年1月6日

年齢:51才(2020年2月時点)

出身地:A型

身長:183cm

体重:65kg

2013年に、宝塚の男役トップスターの貴城けいさんと結婚されています。

喜多村緑郎の経歴!一般家庭から歌舞伎役者の道へ

喜多村緑郎さんは、もともと歌舞伎の家柄ではなく、一般のご家庭の出身です。

それにでは、なぜ歌舞伎の世界に入られたのでしょうか。

喜多村緑郎さんは、新潟県出身です。

喜多村緑郎さんが歌舞伎の世界に飛び込んだ背景は、実の妹さんを病気で亡くされたことに関係があるようです

妹さんが病死され、喜多村緑郎さんは人生に絶望していました。

そんな喜多村緑郎さんを見て、喜多村緑郎さんの母が歌舞伎俳優を育成する国立劇場・第九期の講座の受講を勧めます。

そこから、喜多村緑郎さんは歌舞伎役者の道をスタートします。

喜多村緑郎さんは、歌舞伎俳優を目指し、寿司屋でアルバイトをしながら研修をしていました。

もともと歌舞伎のお家柄出身ではなかった喜多村緑郎さんは、アルバイトをしながら、歌舞伎俳優をめざしたのです。

1988年、喜多村緑郎さんが33歳の時に歌舞伎俳優の研修を終えています。

喜多村緑郎の経歴!歌舞伎役者の異端児 ・市川猿之助のスーパー歌舞伎に?

喜多村緑郎さんは、歌舞伎役者になるため日々努め、歌舞伎座で初舞台を演じることになり、その後、澤瀉屋の四代目市川段四郎に入門しました。

その後、 喜多村緑郎さんは市川段治郎を名乗り、1994年には三代目市川猿之助の部屋子となりました。

2004年には、 喜多村緑郎さんは市川猿之助の代役として、スーパー歌舞伎「新・三国志Ⅲ」の謳凌、関羽を見事に務めます

2008年には、 喜多村緑郎さんは、スーパー歌舞伎「ヤマトタケル」に出演しヤマトタケルを演じるなど、花形俳優として成長しています。

桜姫東文章(歌舞伎座)では、 喜多村緑郎さんは坂東玉三郎の相手役に抜擢され、清玄、権助を演じました。

そして、 喜多村緑郎さんは2011年12月に二代目市川月乃助を襲名しました。

喜多村緑郎の経歴!歌舞伎役者の幅を舞台・テレビ・映画へ?

喜多村緑郎さんは、歌舞伎の世界にとどまらず、朗読劇や日本舞踊・西洋舞踊など様々なジャンルの舞台に挑戦されています。

また、喜多村緑郎さんは、テレビ、映画の世界にも出演されています。

2011年には、 喜多村緑郎さんはTV「水戸黄門」に出演をはたしました。

喜多村緑郎さんは、幅広い俳優としての活躍をしています。

喜多村緑郎の経歴!歌舞伎役者として劇団新派へ

2016年1月 劇団新派へ入団し、喜多村緑郎を二代目として襲名することを明らかにしました。同年9月1日開幕の新橋演舞場「九月新派特別公演」にて正式に二代目 喜多村緑郎を襲名しました。

喜多村緑郎さんの襲名披露公演は新橋演舞場と大阪松竹座にて行われました。

以降、 喜多村緑郎さんは、「華岡青洲の妻」の華岡青洲、「日本橋」葛木晋三など新派の重要な役どころを演じるとともに、「海の上のピアニスト」でトランぺッターを演じるなど、ますます活躍の幅を広げています。

劇新派の喜多村緑郎さんと河合雪之丞さんは、2018年、「怪人二十面相〜黒蜥蜴 二の替わり〜」を企画し、自主公演しています。

同舞台には喜多村緑郎さんの妻で宝塚元男役トップスターの女優、貴城けいさんも出演されました。

2人は独身時代に舞台共演で意気投合し、結婚しました。

取材会に出席した貴城けいさんは、結婚後では初めての共演に「主人の自主公演なので、成功しないことには…という思いでございます」と話されていました。

2020年2月16日に新橋演舞場で初日を迎える「八つ墓村」では、金田一耕助、久弥、要蔵の3役を演じます。

喜多村緑郎の経歴!劇団新派とは?

劇団新派とは、古典でも現代劇でもない、新派にしかない独特のムードがあります。

劇団新派は、日本人の哀歓や情緒を情感豊かに表現する劇団として、およそ百三十年の歴史を有しています。

河合武雄、初代喜多村緑郎、花柳章太郎ら名優の活躍で、大正から戦後にかけて黄金時代を迎え、その後は初代水谷八重子が新派の顔となりました。

「新派悲劇」という言葉があるように、尾崎紅葉の「金色夜叉(こんじきやしゃ)」、泉鏡花の「婦系図(おんなけいず)」など、身分や経済的な理由で男女が破綻していく悲劇が多いのも特徴で、いまも大切なレパートリーとなっています。

新派は、歌舞伎のような型のある古典ではなく、新劇や小劇場演劇のような現代劇でもない、新派にしかない独特のムードがあり、とりわけ日本語の美しさは大きな魅力といえます。

まとめ:喜多村緑郎の経歴とは?一般家庭から歌舞伎役者そして劇団新派へ!

ここでは、世襲制のイメージが強い歌舞伎界において、喜多村緑郎さんが一般家庭から歌舞伎役者の道に進んだ経緯、スーパー歌舞伎から劇団新派への経歴を紹介しました。

喜多村緑郎さんは、研修所時代から約30年間、歌舞伎の世界で学び、培ってきたものを、新派の舞台で発揮されています。

おすすめの記事