児島フェスティバル2022秋の日程や屋台は?場所やアクセスや駐車場は?
児島フェスティバル

岡山県の児島フェスティバルが2022年開催予定ですが、日程・時間や場所、飲み食い横丁等屋台の出店、アクセスや駐車場等気になりますよね。ここでは、児島フェスティバルの魅力や見どころ、2022年開催日程・時間や場所、 飲み食い横丁等屋台(露店)の出店、 アクセスや駐車場について紹介します。

児島フェスティバル2022秋の開催日程・時間や場所は?

児島フェスティバルは、元々せんい児島瀬戸大橋まつりと呼ばれていたようですが、現在は主に児島フェスティバルと呼ばれているようです。

春と秋に実施されています。

秋は

2022年の11月12日(土)9:00~17:00

2022年の11月13日(日)9:00~16:00に開催されます。

場所は倉敷市児島ボートレース場です。

コロナの感染拡大などがあり、1か所に大勢が集まる形式では開催できていませんでしたが、2022年は3年ぶりに児島ボートレース場で開催されます!

新型コロナの感染予防対策もあり、会場レイアウトの変更などがあるかもしれませんが、ご協力のほどおねがいいたします。

児島フェスティバル2022秋の魅力や見どころは?

岡山県倉敷市児島などはせんい産業が盛んなまちです。

1965年に日本初となる国内縫製ジーンズが誕生したことから、国産ジーンズの発祥の地と言われています。

ベティスミスやボブソン、ビッグジョンなどのデニムのブランド名はご存じの方も多いのではないでしょうか?

岡山デニムの縫製技術は、世界的にも注目されています。

ブランド名は知っていましたが、実は国内のブランドだったのですね。

児島フェスティバルは せんいのまち児島ならではのイベントで、地元メーカーを中心とした即売テントが多数出店し、岡山県内でも多くのお客さんが集まるイベントの一つです。

ジーンズをはじめ、カジュアル、ワーキング、制服やTシャツなど児島メーカーの製品や帽子や靴などが一堂に販売されます。

「即売大テント村」や露店がいっぱいの「飲み食い横丁」などの人気のイベントも3年ぶりに復活します。

踊りや郷土芸能などもあり、従来の形での開催となります。

2022年11月12日~27日までは、児島に点在するショップを会場とした分散型フェスも同時に開催されます。

お得な割引やプレゼントもあるそうです。

児島フェスティバルは、児島というまちの魅力を知ってもらうためのイベントでもあるのですね。

分散型のフェスは会期中に会場に来れない方もイベントに参加できるので、いいアイデアですね。

児島フェスティバル2022秋の飲み食い横丁等屋台(露店)の出店は?

数年前のイベントの様子だと思いますが、すごい人出ですね。

岡山県内で多くのお客さんが集まるイベントというのはまさにその通りですね。

飲み食い横丁の名の通り、下津井産のタコをつかったタコ飯や、タコ塩焼きそばなどの地域グルメをはじめ、から揚げやお好み、茶屋などさまざまな食が楽しめます。

下津井のタコは、一年のうち美味しくない時期は3日しかないと言われています。

11月はタコ漁の最盛期で、今まさに旬です。

すごく柔らかくて、美味しいとか。

是非食べてみたいです!

児島フェスティバル2022秋のアクセスや駐車場は?

公共交通機関ご利用の場合

JR児島駅より、無料バスが運行しています。

またはJR児島駅から徒歩で約10分です。

自家用車ご利用の場合

瀬戸中央道児島ICより車で約10分です。

しかし、駐車可能な台数が限られていますので、公共交通機関のご利用をお願いします。

海沿いの街で美味しいものを食べてゆっくりできる、いいイベントですね。

当日もお天気に恵まれることを祈ります!

まとめ:児島フェスティバル2022秋の日程や屋台は?場所やアクセスや駐車場は?

ここでは、児島フェスティバルの魅力や見どころ、2022年開催日程・時間や場所、 飲み食い横丁等屋台(露店)の出店、 アクセスや駐車場について紹介しました。

せんいのまち 児島の秋祭りを思う存分楽しみましょう!

おすすめの記事