コンニャク

2020年4月16日放送「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、コンニャクに味を染み込ませる方法や保存法を紹介しました。ここでは、「ハナタカ」で紹介した、コンニャクに味を染み込ませる方法や保存法などについてまとめました。

コンニャクの専門店がコンニャクの「ハナタカ」を紹介!

2020年4月16日放送「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で、コンニャクに味を染み込ませる方法や保存法を紹介しました。

・そもそもコンニャクは何からできている?コンニャクの黒いブツブツは何?

・コンニャクはどうやって保存するのがいい?

・コンニャクに味を染み込ませるシンプルな方法とは?

ここでは、「ハナタカ」で紹介した、コンニャクに味を染み込ませる方法や保存法などについてまとめました。

コンニャクのハナタカ!コンニャクは何からできている?

コンニャクは、コンニャク芋から出来ています。

コンニャクは、コンニャク芋の粉末、水酸化カルシウム、水を混ぜて作ります。

黒いつぶつぶは、ひじきなどの海藻類です。

昔は、コンニャク芋の皮ごと使ってコンニャクを作っていたので、色がグレーだったのですが、皮をむいてコンニャクをつくると白いコンニャクになるので、ひじきなどの海藻類を入れて、昔ながらの黒いコンニャクをつくっています。

コンニャクのハナタカ!コンニャクはどうやって保存するのがいい?

スーパーでは、冷蔵で販売していますが、コンニャクは冷暗所での保存で、品質上は問題ありません。

開封したコンニャクの鮮度を保つには、元々コンニャクが入っていた水に、余ったコンニャクを戻して、封をして冷蔵庫で保存するのがよいです。

コンニャクが入っていた袋に入っている水は、アルカリ性で、殺菌された状態を保つことができます。

コンニャクのハナタカ!コンニャクに味を染み込ませるシンプルな方法とは?

コンニャクに味をしみ込ませる、簡単な方法は、コンニャクを激しく叩く、です。

強めにコンニャクを叩くことで、食物繊維が壊れ、水分が抜けやすくなります。

その結果、味がしみ込みやすくなるそうです。

まとめ:「ハナタカ」コンニャクに味を染み込ませる方法は?保存法は?

ここでは、「ハナタカ」で紹介した、コンニャクに味を染み込ませる方法や保存法などについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事