マスク

2020年4月14日放送「教えてもらう前と後」で、呼吸器が専門の医師が勧める、マスクを長持ちさせる方法が紹介されました。ここでは、マスク不足の今、医師が教えてくれる、ガーゼやキッチンペーパーを使って、マスクを長持ちさせる方法をまとめました。

「教えてもらう前と後」マスクを長持ちさせる方法!

マスク不足がなかなか解消されず、ストックがなくなって困っている方も多いでしょう。

そこで、「教えてもらう前と後」で紹介された、呼吸器系の著書を数多く出版している、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長が教えてくれる、マスクを長持ちさせる方法をまとめました。

1つ目の方法は、使い捨てマスクに「ガーゼを挟む」です。

ただし、内側にだけではなく、外側も含めて、マスクをぐるっと内から外まで囲って使用し、ガーゼを毎日交換すればOKです。

残念ながら、最近ではガーゼも品不足で、入手が難しい場合には、「キッチンペーパーで代用」しましょう。

ガーゼと同様、キッチンペーパーをマスクのサイズに折り、マスク全体を包みます。

1日1回キッチンペーパーを取り替えれば、数日はマスクを使えます。

勿論、本来は、マスクを毎日取り換えるのが理想です。

でも、とにかくなかなかマスク不足が解消されない今、ガーゼやキッチンペーパーを使って、マスクをくるんでしまえば、何回かは使えるということです。

まとめ:「教えてもらう前と後」マスクを長持ちさせる方法!

ここでは、マスク不足の今、医師が教えてくれる、ガーゼやキッチンペーパーを使って、マスクを長持ちさせる方法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事