マスク

2020年3月17日放送「あさイチ」で、新型コロナや花粉対策として、マスクの使い方や 選び方やつけ方、素材による違いなど効果をあげる新常識が紹介されました。ここでは、「あさイチ」で紹介された、 マスクの正しい使い方・正しい選び方・素材の違いなど新常識をまとめました。

「あさイチ」マスクの使い方や選び方!効果をあげる新常識とは?

2020年3月17日放送「あさイチ」で、新型コロナや花粉対策として、マスクの使い方や 選び方、素材による違いなど効果をあげる新常識が紹介されました。

2020年3月17日放送「あさイチ」で、新型コロナや花粉対策として、マスクの使い方や選び方など効果など効果をあげる新常識が紹介されました。

インフルエンザや花粉症対策にと、今や私たちの暮らしに欠かせない「マスク」。

特に今、新型コロナウイルスの感染予防にと、売り切れが相次ぎ、社会問題にもなっています。

しかしその一方、「マスク」について知らないことも多いですよね?

「不織布」、「ポリウレタン」・・・素材や価格の違いで、どう機能が変わるのでしょうか?

「BFE」、「PFE」、「VFE」・・・、パッケージにある表示にはどんな意味があるのかでしょう?

そもそも「ウイルス対策にあまり効果はない」という意見は本当なのでしょうか?

そこで、マスクメーカーから感染症の専門家まで徹底調査しました。

「種類や素材による違い」、「目的別のマスクの選び方」、そして、専門家直伝「マスクの能力を30%向上させる装着法」、さらには、感染症の専門家も実践!

「マスクの正しい使い方」など、今、知っておきたいマスクの新常識をお伝えします。

ここでは、「あさイチ」で紹介された、 マスクの正しい使い方・正しい選び方・素材の違いなど新常識をまとめました。

「あさイチ」マスクの正しい使い方?

マスクは、飛沫感染を防ぐのに重要です。つまり、菌を他の人に移さないために効果があります。

防御というよりは、感染を広めない役割をするのです。

マスクを外すと聞きは、ストラップの所を持って外して下さい。

「あさイチ」マスクの正しいつけ方?

マスクは、鼻を隠してしっかりつけてください。

一番重要なのは、顔とマスクを密着させることが重要です。(たいての漏れ率は、70%以上となります。)

マスクが漏れる部分は、鼻・ほほ・あごの部分です。

正しいマスクのつけ方

1.マスクの表裏や上下を確認します。硬い棒が入っているのが上です・

2.半分に折って、左右対称につけやすくなります。

3.マスクの上を目頭の際まであげます。(鼻の隙間が少なくなります。)

4.目頭部分を抑えながら、マスクをあごの奥まで広げます。

5.手でなじませます。

6.強く息をして隙間がないか確認します。

マスクのひもをねじってつけると、漏れが少なくなります。

「あさイチ」マスクの正しい選び方?

マスクは、ガーゼ製・ポリウレタン製・不織布製があります。

ガーゼ製は、フィット感が強く保湿性が高いです。のどのケアに最適です。

ポリウレタン製は、伸縮性に優れ隙間が少なく、花粉対策におすすめです。

不織布製は、いわゆる使い捨てで、価格も安くそこそこのフィット感です。市場の9割をしめます。

PM2.5(PFE) PM2.5などの細かい粒子。

ウイルス飛沫(VFE) ウイルスを含む飛沫です。

バクテリア(BFE) 細菌を含む飛沫です。

まとめ:「あさイチ」マスクの使い方や付け方や選び方?効果をあげる新常識とは?

ここでは、「あさイチ」で紹介された、 マスクの正しい使い方・正しい選び方・素材の違いなど新常識をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事