深呼吸

2020年4月26日放送「ゲンキの時間」では、新型コロナに負けない、自宅で健康になれる運動・入浴・睡眠・食事などの免疫力アップについて紹介されました。ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、自宅で健康になれる運動・入浴・睡眠・食事などの免疫力アップについてまとめました。

「ゲンキの時間」運動で免疫力アップ?

少し息が上がる程度の運動は、血流を増やす効果があります。

免疫細胞がつくられる骨髄への血流量が増え免疫力アップにつながります。

ただ、運動はただやればいいというものではありません。

免疫学で有名な、帝京大学の医学博士の安部良先生が説明してくれました。

あまりに過度な運動をすると、筋肉を修復するめ免疫細胞が筋肉に集中してしまいます。

ウイルスや細菌を撃退する力が低下してしまいます。

「ゲンキの時間」免疫力アップのギュッパー体操!

免疫力アップギュッパー体操

1.椅子に座り、全力の7~8割の力で顔や手足をギュッとして身体を緊張させます。

2.一気にパッと力を抜きそのまま15棒ほどだらんとします。

これだけで、筋弛緩運動で免疫力アップにつながります。

朝起きたときや、仕事中でもでき、血流改善も期待できます。

「ゲンキの時間」入浴で免疫力アップ?

湯舟にゆっくり浸かるのは、免疫力アップで重要です。

鍵となるのが、自律神経です。

自律神経は、無意識に内蔵や血管の機能を自動的に調節する神経系です。

リラックスしているときに優位になるのが副交感神経で、副交感神経が免疫力アップのカギです。

お風呂の温度が大切で、41度は副交感神経が高まる温度で、入浴時間は15分がおすすめです。

「ゲンキの時間」食事で免疫力アップ?

免疫力アップにはバランスのとれた内容がおすすめです。

食材で免疫力アップでおすすめなのは、キノコ類です。

βグルカンが豊富で、免疫細胞に刺激を与え、活性化させる効果があります。

キノコの中でも、マイタケがおすすめです。

煮汁まで食べることがおすすめです。

生姜も免疫力アップ食材です。

ショウガオールは、免疫力アップにつながります。

マイタケと生姜の粕汁などは、免疫最強レシピです。

ヨーグルトもおすすめです。

「ゲンキの時間」睡眠で免疫力アップ?

睡眠の前にスマホなどを見ていると、光の刺激により身体が緊張状態になります

血流も悪くなり、夜中も起きてしまい、免疫力が低下します。

免疫力を上げるためには、寝る前の2時間前以降はスマホの使用は控えましょう。

睡眠の質を高める方法

1.朝日を浴びる。(体内時計リセット。メラトニン分泌を促す。)

2.朝食にバナナ。(脳を活性化するドーパミンを増やす。)

3.寝る前に温かい飲み物(カフェインなし)。(温かい飲み物は、副交感神経を優位にさせます。)

まとめ:「ゲンキの時間」免疫力アップのギュッパー体操?運動・入浴・睡眠・食事?

ここでは、「ゲンキの時間」で紹介された、自宅で健康になれる運動・入浴・睡眠・食事などの免疫力アップについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事