バドミントン

2020年3月29日放送「情熱大陸」では、桃田賢斗選手の事故から復帰まで追っています。ここでは、「情熱大陸」に登場した桃田賢斗選手の事故から復帰まで、桃田選手の経歴や素顔や支えとなった手紙についてまとめました。

桃田賢斗選手が「情熱大陸」に出演!

2020年3月29日放送「情熱大陸」では、桃田賢斗選手の事故から復帰まで追っています。

バドミントン、男子シングルス世界王者・桃田賢斗。

2019年には、世界選手権連覇、史上最多ツアー11勝など快進撃は止まりませんでした。

バドミントン界における最大の名誉である年間最優秀選手賞を獲得し、東京五輪の金メダル候補の大本命と評されていました。

しかし、今年1月、絶対王者を襲った突然の事故。

右目眼窩底骨折が発覚し、緊急手術し、表舞台から姿を消しました。

実家で過した絶対安静の日々。

その時、桃田選手はどう過ごし、何を思ったのでしょうか。

トレーニングする気にならないほど、ショックは大きかったそうです。

全ていちからに戻されたという感覚だったそうです。

寝る前にこのままバドミントンができなくなったらどうしようという不安の日々を送られていたそうです。

カメラが捉えた、復帰までの苦悩の日々追います。

そして、オンエアーの10日前、番組だけに明かしてくれた心の内とはなんでしょうか。

「なんでだよ」という気持ちが正直あたそうです。

喪失感が大きくメンタルのダメージが多かったそうですが、周りのサポートもあり前向きな気持ちに切り替えたそうです。

「落ちるところまで落ちたので、あとは前に進んでいくだけ」その言葉の裏には、彼を励まし続ける人々の存在がありました。

強さの秘密として、人一倍長い足の指をトレーナーがあげていました。

桃田選手の心に刺さったもの、それは「手紙」だったといいます。

訪ねた小学校からたくさんの手紙が届きました、

早くコートに戻ってください!という温かいメッセージがたくさんありました。

「ぐっときました。1人で部屋で読みながら泣いていました」番組が密着を始めたのは事故に合う少し前です。

甘い物が好きで、漫画が好きで、バドミントンが大好き。

番組では、表参道でパンケーキを美味しそうに食べていました。

野菜が嫌いで、痛いのが嫌いで、負けるのが大っ嫌い。

ここでは、「情熱大陸」に登場した桃田賢斗選手の事故から復帰まで、桃田選手の経歴や素顔や支えとなった手紙についてまとめました。

桃田賢斗選手が「情熱大陸」に出演! プロフィールや経歴は?

生年月日:1994年9月1日

身長/体重:175cm

血液型:A型

家族構成:両親と姉の4人家族

出身地:香川県三豊市

出身校:福島県立富岡高校

「賢斗」という名前はアメリカコミックのスーパーマンの主人公、「クラーク・ケント」に由来しており、世界一強い人間になるようにとの願いが込められているそうです。

まさに名前に込められた想い通りの活躍ですね。

1994年生まれ。香川県三豊郡三野町(現:三豊市)出身。

小学校1生の時、姉が所属していた三豊ジュニアのコーチに誘われバドミントンを始めました。

3歳年上の姉が所属していたクラブのコーチに誘われたことがきっかけだと言います。

すぐに天性の才能を見せ始め、小学校6年生の時には全日本小学校選手権シングルスで初優勝。

同年に開催された全日本ジュニアグランプリにも香川県代表チームの一員として出場し、団体優勝に輝きました。

高校3年生の時、インターハイ男子シングルスで初優勝。その後、日本勢としては初の世界ジュニア選手権優勝。

2013年高校卒業後、NTT東日本に入社し、2015年日本人で初めてスーパーシリーズファイナルズのシングルスで優勝。

2016年、自己最高位となる世界ランク2位になりました。

同日、東京都内の違法カジノ店で賭博をしていたことが判明し無期限の競技会出場停止処分になり、リオオリンピック出場を逃します。

2017年5月、違法賭博による無期限出場停止処分が解け、復帰しました。

2018年8月、シングルスで日本男子初の世界選手権初優勝します。同9月、世界ランク1位になりました。

2019年全英オープン優勝、世界選手権連覇を含むツアー史上最多11勝を達成しました。

2019年のMVPにも選ばれました。

2020年1月、マレーシアで交通事故に遭う。2月に手術を行い、26日から練習に復帰します。

事故以降大会出場はないが、現在も世界ランクは1位です。

桃田賢斗選手が「情熱大陸」に出演!事故後初の会見とは?

3月6日に、 桃田賢斗選手は、およそ2か月ぶりの公の場で元気な姿を見せました。

右目下の骨折跡が痛々しい 桃田賢斗選手は、「朝4時半出発だったのでバスで寝ていました。衝撃で目が覚めたんですが、なにが起きたのか分からなくて混乱していたので、感情は覚えていません。取り乱すことはなかったけど、ずっとグッタリした状態でした」と事故を振り返り、「お亡くなりになった運転手の方のご冥福を祈ります」と神妙な面持ちで語りました。

今後の競技生活については、「これだけ長い間バドミントンから離れたことがなかったので、いまは羽根を打つのがすごく楽しいですね。充実感もあるし、身体も切れも少しずつ戻ってきています」と力を込め、「東京五輪で金メダルを狙っていきたい思う。すごい経験をしたことで伝えられることもあると思いますし、それなりの責任もある。しっかりと受け止めて力に変えて、スケールの大きな選手になりたいです」と前を見据えました。

桃田賢斗選手が「情熱大陸」に出演!五輪延期後の会見とは?

現在、桃田賢斗選手は、練習を再開し、実戦復帰を見据えて練習を続けています。

桃田賢斗選手は 自身は現行の選考ルールでは、昨年12月の時点で五輪出場が確実となっています。

新型コロナウイルスにより、五輪が最大1年延期となることを受け、所属を通じてコメントを発表しました。

「まず、新型コロナウイルスによる影響が一日でも早く収束することを祈っています。僕自身は、一日一日を大切に過ごし、より一層練習に励んでいきたいと思います」と語っています。

まとめ:「情熱大陸」桃田賢斗の事故から復帰まで!素顔と支えとなった手紙とは?

ここでは、「情熱大陸」に登場した桃田賢斗選手の事故から復帰まで、桃田選手の経歴や素顔や支えとなった手紙についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事