発酵

2020年2月12日 放送「ソクラテスのため息」 に、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんがに登場します。ここでは、 「ソクラテスのため息」 に登場する発酵デザイナーの小倉ヒラクさんのプロフィールや経歴を紹介します。

小倉ヒラク(発酵デザイナー)が「ソクラテスのため息」に登場!発酵デザイナーとは?

流行

2020年2月12日 放送「ソクラテスのため息」 に、発酵デザイナーの小倉ヒラクさんがに登場します。

小倉ヒラクさんによれば、 発酵デザイナーの定義は、「見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにするひと」です。

まさに、発酵食品のエキスパートです。

おそらく世界でひとりの肩書きを持つ人物、「発酵デザイナー」小倉ヒラクさんの活動は、実に幅広いです。

10年前は、当の本人も想像できなかった人生だそうです。

ばらばらに見えた経歴が、実はすべてがつながっているとしたら? 

寄せ集めから価値を生み出す「ブリコラージュ」で生きる小倉ヒラクさんは、通ってきた道、得てきたものをひらめきで接続し、どこにもなかった自分だけの仕事を作りあげています。

現在、味噌、しょうゆ、みりん といった調味料から納豆やお酒など様々な発酵食品を食べていますが、 小倉ヒラクさんはその発酵の魅力を いろんな角度から発信されています。

ここでは、 「ソクラテスのため息」 に登場する発酵デザイナーの小倉ヒラクさんのプロフィールや経歴を紹介します。

小倉ヒラク(発酵デザイナー)が「ソクラテスのため息」に登場! プロフィールは?

小倉ヒラクさんのプロフィール

名前:小倉ヒラク

生年月日:1983年

出身地:東京都

学歴:早稲田大学演劇映像・文化人類学

職業:発酵デザイナー

小川ヒラクさんは、見えない発酵菌たちのはたらきを、デザインを通して見えるようにすることを目指し、東京農業大学の醸造学科研究生として発酵を学びつつ、全国各地の醸造家たちと商品開発や絵本・アニメの制作やワークショップをおこなっています。

書籍『てまえみそのうた』でグッドデザイン賞2014受賞。

自由大学や桜美林大学等の一般向け講座で、発酵学の講師も務めています。

2015年より「こうじづくりワークショップ」を全国で展開中です。

著書に『おうちでかんたん こうじづくり』『図書館版 発酵菌ですぐできる おいしい自由研究』などがあります。

小倉ヒラクが「ソクラテスのため息」に登場! 発酵デザイナーとしてスタート(2014年)する前の経歴は?

小倉ヒラクさんは、東京生まれの東京育ち ですが、幼い頃は体が弱かったため、 中学生の頃までは毎年夏に母親の実家 である玄界灘に、預けられ、自然の中で 過ごされていたそうです。

高校生の頃には一人旅にハマっていたそうです。

大学受験では美大受験をしたそうですが、 学費が払えず、早稲田大学の文学部へ進学しました。

大学4年生の就活時期に、ユーゴスラヴィア人の絵描きと出会いパリへ渡って展覧会を開いていたそうです。

そんな生活を送っていたためか、卒業時には就職が決まらず、無職の状態で卒業されたそうです。

旅が好きだった小倉ヒラクさんは、住んでいる家をゲストハウスにしようと思い立ち、ゲストハウスの運営を開始したそうです。

これが大繁盛したそうで、毎晩世界中の旅人たちとパーティーをしていたそうです。

しかし、ある時「このままではヤバイ」と思ったらしく化粧品会社に就職します。

会社での仕事はデザイナーとして、 チラシ版下データ作りやWEBの制作、 広報誌の取材や企画など、デザインに 関わる仕事全般、さらに人事の仕事まで 幅広い仕事を経験できたそうです。

その後は、デザイナーとして独立されて、地方の一次産業や生態系に関わる仕事が多くなりそれが現在の小倉ヒラクさんの仕事のベースになったんだそうです。

2014年には発酵醸造に本格的に関わるようになり、微生物を極めるため東京農業大学の研究生となりました。

ここから、発酵デザイナーとしてのキャリアがスタートします。

小倉ヒラクが「ソクラテスのため息」に登場! 発酵デザイナー後の経歴は?

「発酵好きなデザイナー」だった 小倉ヒラクさんに転機が訪れたのは、2014年の春、五味醤油とともにつくったアニメ『てまえみそのうた』が絵本になったこです。

取材に来てた新聞記者の方が、 小倉ヒラクさんに「発酵デザイナー」という肩書をつけられたそうです。

そして2014年の夏に、 小倉ヒラクさんは創業したデザイン会社を離れてデザイナーの道を離れ、微生物の世界に全てを賭けることを決意され、東京農業大学醸造科の研究生になり、発酵学を体系的に学び始めます。

小倉ヒラクさんの「てまえみそのうた」は、グッドデザイン賞2014を受賞しました。

グッドデザイン賞受賞と同時期に雑誌ソトコトの「発酵をめぐる冒険」の特集巻頭で発酵デザイナーが大きく取り上げられ、 小倉ヒラクさんの謎の活動が一部世間に知られることとなりました。

さらに2014年末には、五味醤油と全国の醸造家たちとの新作アニメ『こうじのうた』制作のためのクラウドファンディングがスタートし見事成功、豪華ミュージシャンチームを迎えて前作『てまえみそのうた』からレベルアップしたアニメが公開されました。

2015年、 小倉ヒラクさんは、30年間慣れ親しんだ東京から、微生物を育てるのに適した山梨県甲州市の山の中へ引っ越し、五味醤油の兄妹と合流して本格的に発酵のスペシャリストとしての活動が始まりました。

この頃からデザイナー時代から続けていたブログをきっかけに、 小倉ヒラクさんは、 メディア取材や寄稿が増えていきます。

雑誌ソトコトで、 小倉ヒラクさんの連載『発酵文化人類学』がスタートしました。

その後、ロングラン企画になる「発酵デザイナーのこうじづくり講座」がスタートします。

2015年秋から、山梨の放送局YBSにてラジオ番組『発酵兄妹のCOZY TALK』がスタートします。

2016年の年始には、カルチャー雑誌Spectatorの特集「発酵のひみつ」を編集部と一緒につくり、発酵業界の垣根を越え、カルチャー界隈からも大きな話題を呼びました。

このSpectatorの特集から書籍『発酵文化人類学』の構想が始まりました。

2016年の夏には、 小倉ヒラクさんは ハンガリーのブダペストで学会デビューされています。

2016年は年末にかけて、様々な発酵メソッドをまとめた小学生向けの自由研究本『発酵菌ですぐできるおいしい自由研究』が出版されました。

また、greenz.jpの連続講座『発酵デザイン入門』を開催します。

実践的な仕込みから微生物学の基礎、顕微鏡の使いかたやDNAの分子模型を組み立てるなど、多角的に微生物の世界を学ぶ激DOPEな少人数講座です。

その後、「いかにして無名の著者によるニッチな本がベストセラーになるのか?」と出版業界の仕組みを研究し、出版前から発酵コミュニティとやりとりしながら「発酵文化人類学」が完成しました。

発酵を起点に人類学、生物学、経済学、デザイン、アート、宗教、ITやバイオテクノロジーが詰め込められた400ページの大著です。

この 「発酵文化人類学」 が、口コミでどんどん広がり三万部を超すスマッシュヒットになります。

2017年の春から秋にかけて全国出版ツアーが敢行され、北海道から沖縄まで55ヶ所を巡り、100人超えの会場がいくつもあらわれる盛り上がりました。

その盛り上がりとシンクロするように、大手文芸誌や新聞、テレビやラジオなどマスメディアに書評やインタビューが掲載され、『カルチャーとしての発酵』という概念が確立したそうです。

2018年、これまでの活動の集大成となるヒカリエでの展覧会“Fermentation Tourism Nippon”プロジェクトをスタートしました。

小倉ヒラクさんは、 47都道府県全部をまわり、山の中の集落や辺境の海辺、どうやってたどり着いていいのかわからない離島などを七転八倒しながら訪ね歩き、にわかには信じられないような光景を目にしました。

そして、文字通り魂を削って書いた「日本発酵紀行」は、発売前からとんでもない盛り上がりを見せ、初版3000部→予約殺到で校了前に5000部に変更→さらに予約殺到で発売前重版出来という展開となりました。

小倉ヒラク(発酵デザイナー)が「ソクラテスのため息」に登場! 現在と今後の活動は?

2019年には、 小倉ヒラクさんは、 以下の3つを目標に掲げています。

博士になるまでの勉強をはじめる

海外での本格的活動の足がかりをつくる

新しいことをやらず、これまでの仕事を発展させる

さらなる上を目指して勉強しなおし、新しいプロジェクトに時間を割くのではなく、これまでやってきた仕事を仕組み化して、事業として回るようにされるそうです。

建設していた発酵ラボがようやく稼働できるようになり、してただいま絶賛開発中の情報学者ドミニク・チェンさんとデータサイエンティストのソン・ヨンアさんとの共同プロジェクト『NukaBot』がお披露目になりました。

これを足がかりに本格的な研究プロジェクトや国際交流プロジェクトがスタートしています。

2020年のテーマは、「信じる」というインフラが日本の社会から失われていくなかで、個人は何ができるのか?についてだそうです。

まとめ:小倉ヒラク(発酵デザイナー)が「ソクラテスのため息」に登場!経歴は?

発酵食品

ここでは、 「ソクラテスのため息」 に登場する発酵デザイナーの小倉ヒラクさんのプロフィールや経歴を紹介しました。

小倉ヒラクさんが展開する発酵の世界は興味深いですね。

小倉ヒラクさんのますますのご活躍に期待します!

おすすめの記事