グラブとボール

2020年3月29日放送「 ジャンクスポーツ スーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP 」が特集されました。ここでは、番組内の 「スーパースター奥の奥!大谷翔平・本田圭佑SP」 で紹介されたスーパースター徹底解剖!大谷翔平をまとめました。

「ジャンクスポーツ」大谷翔平の最新情報や指導法は?徹底解剖!

2020年3月29日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS スーパースターが大集結!!ニッポンを明るくするぞSP」(日曜・後7時)では、エンゼルス・大谷平(25)と、ブラジル1部ボタフォゴに新加入した元日本代表MF本田圭佑(33)を特集します。

スーパースター奥の奥!大谷翔平・本田圭佑SP」と題し、日本が世界に誇るスーパースターの大谷平と本田圭佑がどんな教えを受け、どんな事を実践して誕生したのかを徹底解剖です!

ここでは、エンゼルス・大谷平(25)について、まとめました。

「ジャンクスポーツ 」大谷翔平!スーパースター徹底解剖! プロフィールは?

名前:大谷翔平(おおたにしょうへい)

所属:ロサンゼルス・エンゼルス

位置・投打:投手/外野手、右投げ左打ち

背番号:17

生年月日: 1994年7月5日

身長・体重:193センチ、97キロ

出身地: 岩手県水沢市(現奥州市)

経歴:花巻東-日本ハム

ドラフト年度と順位:2012年ドラフト1位

メジャー移籍:2017年オフ・ポスティングシステム

姉体小2から水沢リトルで野球を始め、水沢南中では一関シニアに所属しました。

花巻東高では1年春から4番、1年秋からエースとして活躍しました。

甲子園には2年夏、3年春の2度出場し、高校通算56本塁打、3年夏に高校生最速160キロをマークしました。

2012年ドラフト会議前にメジャー志望を表明しましたが、日本ハムが1位指名しました。

栗山監督らの説得が奏効し入団後、2016年のクライマックスシリーズで日本プロ野球最速の165キロを記録しました。

2015年に最多勝、最優秀防御率、最高勝率。

2015、2016年ベストナイン(2015年は投手、2016年は投手と指名打者)。

2016年パ・リーグ最優秀選手。18年にエンゼルスに移籍しました。

「ジャンクスポーツ」大谷翔平の最新情報や指導法は?徹底解剖!

番組では、日本ハムのコーチ時代に大谷選手を指導した白井一幸氏(58)と元日本ハム投手でメジャーリーグでも活躍した建山義紀氏(44)、野球ファン代表のトータルテンボス・藤田憲右(44)らが登場し、スーパースター大谷翔平選手の育て方やすごさに迫ります。

白井一幸氏(58) によれば、大谷翔平選手は、 2020年5月に二刀流復活する予定だそうです。

トミー・ジョン手術をした大谷選手ですが、この トミー・ジョン手術、リハビリ後に4~5km球速が速くなる選手もいるとのことで、大谷選手は165キロが最速なので、もしかして170キロが出る?!

大谷翔平選手はメジャーでもホームランを量産していますが、それはバッドの芯で打つ、ミート力が必要ですが、大谷選手のバットを見ると、バットの一か所だけが塗装がはげているのがわかります。

大谷翔平選手がメジャーに来たことにより、「投手登録」と「野手登録」の二種類だったところ、それまでメジャーの150年の歴史上なかった、「二刀流登録」というのが出来たそうです。

父から受けていた指導法」は、「野球ノート」をつけること。

監督から受けていた指導法」は、「目標達成シート」をつけることです。

有名になった「目標達成シート」ですが、記入の仕方は、以下の通りです。

①真ん中のマスに「達成したい目標」を書きます。

大谷選手は、「ドラフト1位指名を8球団から受ける」と記載。

②周りのマスに、「目標達成に必要な項目を8つ」書きます。

大谷選手は、「体づくり」「コントロール」「キレ」「メンタル」「スピード160km/h」「人間性」「運」「変化球」と記載。

③更に、その8つの項目を細分化します。

④それぞれの行動目標を書きます。

⑤これら64項目をもとに、目標達成を実現するシートです。

例えば、「運」の行動目標のひとつが、「ゴミを拾う」

実際に、大谷選手は、いつもゴミを拾い、「ゴミではなくて、運を拾ってるんです」と答えるそうです!

大谷選手は、今年マッチョ化でパワーアップしています。

世界に通用する選手になるために、技術だけではなく、ボディーも世界水準に!

まとめ:「ジャンクスポーツ」大谷翔平の最新情報や指導法は?徹底解剖!

ここでは、番組内の 「スーパースター奥の奥!大谷翔平・本田圭佑SP」 で紹介されたスーパースター徹底解剖!大谷翔平をまとめました。

これからの大谷選手にますます期待ですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめの記事