ぺんぎん

2020年5月2日放送「博士ちゃん」に、ペンギン博士ちゃんこと濱中多瑛子さんが登場します。ここでは、「博士ちゃん」に出演する、ペンギン博士ちゃんの濱中多瑛子(はまなかたえこ)さんの自由研究やペンギンの驚くべき生体についてまとめました。

「博士ちゃん」ペンギン博士ちゃん・濱中多瑛子(はまなかたえこ)さんが登場!

2020年5月2日放送「博士ちゃん」に、ペンギンについて大人顔負けの知識を紹介してくれるペンギン博士ちゃんこと、濱中多瑛子さん(10)が登場します。

サンドウィッチマンと芦田愛菜も驚くペンギンの情報が明らかになります。

癒しの動物としても人気のあるペンギン。

 そんなペンギンが好きすぎて研究しまくる10歳少女・濱中多瑛子さんが登場します。 

濱中多瑛子さんが、世界中の爆笑動画でペンギンの意外と知らない驚くべき生態を全部教えてくれます! 

ここでは、「博士ちゃん」に出演する、ペンギン博士ちゃんの濱中多瑛子(はまなかたえこ)さんの自由研究やペンギンの驚くべき生体についてまとめました。

「博士ちゃん」ペンギン博士ちゃんの濱中多瑛子さんの驚きの自由研究とは?

濱中多瑛子(はたなかたえこ)さんは、ペンギンが好きすぎて、日々研究しています。

濱中多瑛子さんの自由研究が凄いと評判です。

じゆうゆうびんde自由研究、2018年切手部門で当時小学校3年生の濱中多瑛子さんの「ペンギンとおともだちかもしれない」という作品が1位になりました。

ペンギンのことはもちろんペンギンが生息している国や、その国の他の動物について詳しく調べてあります。

その詳しい内容は、こちらから見ることができます。

「博士ちゃん」ペンギンの驚くべき生体とは?濱中多瑛子さんが説明!

南米に生息するペンギンの「ヤバすぎる穴掘り力」

子づくりや子育てのために、外的から身を守るため、自分の足で穴を掘るのですが、どうやって掘っているの不思議になるほど、見事な穴を掘っていきます。

空からの攻撃から身を守るためでもあります。

「ヤバすぎる演技力」

咬まれたら死んだふりをしたり、アザラシが油断した隙に脱出したりと、なかなかの演技力を見せます!

「ヤバすぎる統制力」

南極の皇帝ペンギンの群れを見てみると、一列に並んで進んでいく姿を見ることができます。

氷がひび割れた深い穴であるクレバスを避けるため、一糸乱れず一列で進んでいきます。

クレバスに落ちるときは、先頭のペンギンだけ、という図式です。

皇帝ペンギンのいる南極は、世界一過酷な環境です。

6月頃には6週間も太陽が沈み、最低気温は、マイナス60℃になります。

皇帝ペンギンは、集団で塊になり、ヨチヨチ歩きをします。

寒さ対策で、内側と外側の集団を入れ替えながら、押しくらまんじゅう状態で、寒さから身を守る集団行動をします。これは、ハドリングという行動です。

SUICAのモデルにもなっているアデリーペンギン「ヤバすぎる跳躍力」

アデリーペンギンの体形は、ラグビーボールのような体系で、水の抵抗がほとんどなく、見事な泳ぎをします。

また、跳躍力もすごく、潜る力も、27分36秒、564メートルという記録があります。

「ふてぶてしいヒナ」

キングペンギンは、生後5か月までは、ヒナは茶色い毛を全身にまとっており、大人のペンギンより体が大きいのです。

羽毛が生え変わる換毛期に、とても大きなエネルギーを使うので、そのエネルギーをためるためにこのような生態になっているのだそうです。

「ペンギンの足は本当は長い!」

ペンギンの見えている足は、実は「つま先」です。

寒さ対策のため、本当の足は、お腹のほうに隠れています!

「ペンギンは、胃が縦に二つあります!」

まず前胃で、丸飲みした魚を柔らかくし、二つ目の胃に移動します。

二つ目の胃である砂嚢の中にはヒナの頃に飲み込んだ小石が蓄えられていて、小石と筋肉でエサを細かく砕き消化するそうです。

まとめ:ペンギン博士ちゃんの濱中多瑛子(はまなかたえこ)!自由研究や生態とは?

ここでは、「博士ちゃん」に出演する、ペンギン博士ちゃんの濱中多瑛子(はまなかたえこ)さんの自由研究やペンギンの驚くべき生体についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事