ポトフ

2020年2月28日放送「かりそめ天国」で、ジョエル・ロブションの若き総料理長直伝のレシピが公開されました。ここでは、「かりそめ天国」で公開された、ジョエル・ロブション直伝のレシピを紹介します。

「かりそめ天国」ロブション直伝のレシピ!

ジョエルロブションの若き総料理長とは、ミカエル・ミカエリディスさん、38歳です。

フランスのリヨン出身のミカエルさんは、世界のレストランを渡り歩いた後、30歳の時に師匠ロブションさんと出逢い、香港のジョエル・ロブションでシェフに就任。2017年からロブション氏に指名され、恵比寿の総料理長になりました。

そんなミカエルさんのレシピ

「リーフマウンテンエッグとパートブリックを纏わせ~モンドールのクーリとイベリコ豚の生ハムを添えて」

工程①ポーチドエッグを作る

工程②それをパートブリックという生地を纏わせ揚げる

工程③ベシャメルソースを作る

工程④彩り豊かに盛り付け

実際にジョエル・ロブションで提供されているこの料理を、上記4つの工程で、家庭でもがんばれば作れるのでしょうか???

1.90℃のお湯にお酢と塩を入れ、かき混ぜます

2.そこに卵を落とし、1分30秒茹でます(玉子をくるくる回します)

3.余熱で黄身が固まらないように氷水で冷やします

4.ポーチドエッグの余分な白身を綺麗にカットし、溶き卵がつきやすいように小麦粉をつけます

5.溶き卵をつけてパートブリックで覆い、ラップで包みます

  ラップで包むことでパートブリックを綺麗にまんべんなく付けられます

6.網じゃくしにのせたまま、 160℃の油のなかに投入し、40秒揚げます

7.ベシャメルソースにモンドールチーズを入れて加熱します

モンドールチーズは、家庭では、コンテチーズ(フランスを代表するハードタイプのチーズ)で代用できます。

8.生ハム、エスペレットなどを添え、ソースをかけて出来上がりです

まとめ:「かりそめ天国」ジョエルロブション総料理長直伝のレシピ!

ここでは、「かりそめ天国」で公開された、ジョエルロブション直伝のレシピを紹介しました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事