トラベルチケット

LCCとは?

最近よく「LCC(ローコスト・キャリア)」という言葉を耳にするようになりました。格安航空会社のことで、LCCが登場したのは、1960年代のアメリカです。既存のANAやJALなどの航空会社(レガシー・キャリア)との攻防を経て、欧米では10年以上も前から普及しました。日本に就航するようになったのは2007年のことです。
ではLCCは、レガシー・キャリアと何が違うのでしょうか?

特にLCCについて、明確な定義はありますが、一般的には、「コスト削減を徹底することで、レガシー・キャリアと比較して、格段に安い航空券を提供しているエアライン」のことを指します。しかし、明確な定義がないだけに、人によって、どの航空会社がLCCかについての判断が異なる場合があります。

 LCCのサービスの違いとは?

LCCは、サービスを重視するのではなく、安い航空券の提供を目指しています。そのため、レガシー・キャリアで普通に受けていた無料のサービスが、LCCでは有料になることが多いです。エアラインによって多少の違いはありますが、機内で無料で提供されていた飲み物や食事、毛布、枕、イヤホンなどは有料になります。空港で受託手荷物を預ける際、あるいは機内に荷物を持ち込む際にも、無料で預けられる重量制限枠が最初から無かったり、あるとしても軽めに設定され、すぐに追加料金が発生してしまいます。

また、シートピッチが狭くて座席が多少窮屈だったり、レガシー・キャリアではメジャーになった座席モニターが搭載されていないなど、機内の設備面でも違いがあります。さらに、フライト時間に遅延が生じやすい、発着便が少ないのもデメリットです。また、LCCはレガシー・キャリアに比べて、都心に近い第一空港の利用が少ない傾向にあります。その他、LCCの場合、レガシー・キャリアと違い、マイレージが貯まらないという特徴もあります。

飛行機の座席 

航空券比較サイトとは?

LCCの就航が増え続けたことにより、私達ユーザーにとっては、どの航空会社を使用すると、最も安く航空券が入手できるか、比較するのは難儀な作業になります。LCCやレガシー・キャリアのサイトを一つずつ見ていくことは時間がかかるため、簡単に早く数ある航空会社の運賃を知りたいというニーズからつくあれたのが、航空券比較サイトです。世界中にあるレガシー・キャリアの飛行機チケットやLCCの最安値を比較・検索することができます。

特定のキャリアに乗りたい方は公式サイトから予約するのが良いですが、より安く、便利な日時の便を予約したいという方は、各航空会社の便を比較できる航空券予約サイトを用いる方が多いでしょう。

しかし、航空券予約サイトが増えすぎたために、どのサイトを使うべきか、選ぶのに苦労します。ここでは、おすすめの飛行機予約サイトのそれぞれの特徴を比較してまとめました。

 

エアトリ(旧DeNAトラベル)

 

エアトリのホームページのトップ画面

エアトリホームページ

旧名・スカイゲートが2000年に創業され、2013年にDeNAトラベルに改称され、2018年6月1日よりDeNAトラベルはエアトリに名称が変更されています。比較的歴史の長い飛行機予約サイトです。会員数は50万人以上です。

エアトリは、航空券以外にも宿泊施設も扱っており、航空券と宿泊施設が組み合わされたパッケージツアーも取り扱っております。国内旅行も取扱ってはいますが、ほぼ海外旅行に特化した予約サイトですが、日本語対応がしっかりしています。

海外の格安航空券は1,000以上の都市、2万以上のコースを取り扱っており、格安航空券の販売サイトとしては、他と比較してもトップクラスの実績を持ちます。また、海外の格安航空券とホテルがセットになった海外ツアーや、国内格安航空券、国内ツアー、高速バスの予約も可能です。
定期的に特価セールやファイナルセールを実施しており、サイト上には公開されない会員向けシークレット商品も提供する等、利用するタイミングによっては、さらにお得な航空券を入手し国内・海外旅行を実現できます。海外格安航空券は、予約金だけで混雑期でも出発間際まで座席をキープできます。急な出張や旅行の場合、このサイトが役に立ちます。海外での宿泊なら世界中の3万軒の宿泊施設から検索してくれます。この数は「日本最大級」のサイトと言えるでしょう。支払方法がカード、銀行振込、郵便振替、コンビニ、おサイフケータイ、el10など多彩なのも魅力的です
メルマガ登録やLine登録することにより受けられるセール情報も充実しており、リピーター施策にも注力されています。

エアトリのサイト

スカイチケット 

 

スカイチケットのホームページのトップ画面

スカイチケットのホームページ

2014年に上場した株式会社アドベンチャーが運営する格安航空券予約サイトです。同社は訪日旅行向けに多言語対応のアクティビティ予約サイト「WannaTrip(ワナトリップ)」の運営なども行なっており、スカイチケットのサイトも非常に見やすく、使いやすいです。

スカイチケットは取り扱いの航空会社が多く、日本国内14社対応、海外航空会社400社以上対応です。海外旅行も扱っておりますが、国内旅行に特化した予約サイトです。

国内旅行の格安チケットを探すなら、スカイチケットはおすすめです。国内の最安チケットを効率よく探せるのが、こちらのサイトの特徴です。カレンダー機能を使えば、何日が安いのか簡単に見つけることができます。サイトが重くないので、サクサク探せます。

こちらのサイトは、希望のフライトを見つけたら、たった2分で予約が完了するスピード重視のサイト。取扱手数料は一切なく、航空会社等のページに移動せずにskyticketのサイトのみで予約が完結します。アカウントを作る必要もなく、さくっと予約できるので、忙しいビジネスマンなどにおすすめです。
詳細ページに飛ばずに予約できる分、無料で荷物が預けれるのか、機内食は出るのかなどは自分で調べなくてはいけませんが、ある程度飛行機の予約に慣れている方や、慣れている航空会社を予約するのであれば、問題はないと思います。

サイト開設は2009年で、近年もっとも成長率の高い飛行機予約サイトでしょう。

格安航空会社(LCC)参入により、比較検索の需要が増えたことにより2015年には東証マザーズに上場もしている成長企業です。

往復航空券とホテルがセットになった国内ツアーは、セット商品として航空会社の最低販売価格の制限を受けないため、50%以上の割引も可能です。
また、リピーター割引があり、2回目以降の購入では、決済時に前回の予約番号を入力することで500円OFFとなります。国内旅行のレンタカーや宿泊施設も予約できます。2017年にはフェリー予約も導入されました。利用者の口コミを見る限り評価も高いので、安心して使える定番サイトとなるはずです。

スカイチケットのサイト

 Travelist(トラベリスト)

 

トラベリストのホームページのトップ画面

トラベリストのホームページ

トラベリストでは国内・海外の航空券とホテルの予約ができるサイトです。よりスムーズに予約から搭乗体験までできるようにと、サイト内にチャット型接客サービスも導入され

普通料金より最大82%オフの大幅値下げキャンペーンを行なったり、最安値価格を発見できる可能性大です。

当日・前日の国内便でも格安航空券をゲットしやすいので、必ず見て欲しいサイトです。

特にゴールデンウィークや夏休み、年末年始などの需要が高くなる期間は、他の比較・予約サイトと比べてさらに格安で見つかったりします。

海外航空券も格安チケットが多く、他社より数万円安いこともあります。

会員登録不要で簡単に予約できるのも利用者にとって嬉しいポイントです。

トラベリストのサイト

 スカイスキャナー 

 

スカイスキャナーのホームページのトップ画面

スカイスキャナーのホームページ

 

航空券をチェックするときに必ずチェックしたいのが、こちらのスカイスキャナーです。

YahooやGoogleで「格安航空券」と検索すると必ず上位に表示されるので、利用したことがある方も多いと思いのではないでしょうか。

私も最初にスカイスキャナーで料金を調べ、その値段を基準として他サイトを比較しながら調べていくことが多いです。

海外サイトですが、日本語で検索することができるのがメリットです。予約可能な航空券をすぐに検索、手数料は一切発生しないのがうれしいですね。海外発海外着のフライトもしっかり検索してくれて、情報の精度が高いです。

1,000社以上の航空会社を比較でき、圧倒的です。

格安航空券を探すなら、まずこのサイトでザッピングするのがいいでしょう。格安チケットを手早く探し出すことができます。世界中の航空券を販売しているため、サイトが少しゆっくりと動くのが難点でしょう。

スカイスキャナーは、当記事で紹介する他の飛行機予約サイトとは異なるモデルで、飛行機予約サイトの比較サイトなのです。スカイスキャナーで検索するとDeNAトラベルやExpediaの航空券情報が表示され、それらを安い順や、早い順などで並び替えて比較することができます。

検索結果から各飛行機予約サイトへ遷移し、航空券の購入はその予約サイトと直接契約になります。エアラインの検索に強みを持ち、海外ホテルでも優秀だと思います。ただし、国内ホテルは連係サイト数が少ないようで、空室が見つけられないケースも目立ち、ホテルについては、海外旅行に限って使うべきでしょう。

スカイスキャナーのサイト

 

Expedia

 

エクスペディアのホームページのトップ画面

Expediaのホームページ

 おなじみ世界最大の旅行サイトExpediaで、CM等で知っている方も多いでしょう。日本語対応で、アフターサポートもしっかり日本語で行ってくれる頼れるサイトです。電話でも24時間対応OKなので、万が一のトラブル時にも安心です。予約手数料が無料です。こちらのサイトの魅力は「AIR+割」が魅力で、航空券とホテルを同時に予約することで、ホテルの割引を受けられます。航空券を予約すれば、その同時期のホテル代が安くなります。空券とホテルを同時に予約すると、ホテル代がタダになったりする場合もあります。航空券とホテルの予約を一緒にすれば管理がやすく、抜けが出ることがない。このサイトで、予約を一括管理しよう。さらにExpedia の良さは、サイトの検索が早いことです。他の検索サイトの「検索時間です」が長いのに対して、Expediaは短いです。検索が早いのは使い勝手が良いです。

Expediaのサイト

 

トラベルコ 

 

トラベルコのホームページのトップ画面

トラベルコのホームページ

 航空券だけでなく、ホテル予約サイト・オプショナルツアー・パッケージツアーなどでも有名な比較サイトで、最大級旅行メタサーチのトラベルコ。国内航空券も海外航空券も扱っています。

国内の予約サイトはもちろんのこと、外資系の有力比較サイトである「スカイスキャナー」などとの提携を通じて、海外の予約サイトも網羅。国内外の検索力に優れ、最安プランを的確に表示するケースが目立ちます。国内ホテルでは、大浴場の有無など細かな条件で絞り込みができるなど、日本人ならではのニーズに対応しています。使い勝手でも優れており、料金比較なら筆頭候補といえる。

ホテルとエアラインを組み合わせたツアー商品「ダイナミックパッケージ」は、利用するエアラインごとに催行する旅行会社が異なり、それぞれ個別に検索する必要があります。トラベルコの「国内航空券+ホテル」検索は、8サイトのダイナミックパッケージを同一画面で比較できる唯一のサイトです。エアラインはタブで切り替えます。

トラベルコのサイト

 

イーツアー 

 

イーツアーのホームページのトップ画面

イーツアーのホームページ

 人気の理由の一つは、ポイントプログラムがあることです。会員登録が必要ですが、新規会員になると、もれなくイーツアーポイント390pがプ レゼントされます。このポイントを貯めれば、航空券などの次回購入時に利用でき、料金が割引される仕組みです。

ちなみに、イーツアーポイントはGポイントにも交換可能なので、Gポイントからマイルに交換することもできます 。安さ、使いやすさ、ポイント制度があること、取り扱い商品の量が多いことなどから、人気第2位にランクインです。

ちなみに、イーツアーは、パックツアー(ホテル+航空券)の取り扱いも多いので、航空券と一緒にホテルを予約したい方に、かなりおすすめです。

予約の早さに定評のある「etour(イーツアー)」。平日15時までに予約すれば、その日のうちに連絡をもらえるという迅速な予約サービスが特徴です。ただし、こちらもWEBトップ画面には航空券料金しか表示されていないのでご注意を。

イーツアーのサイト

 

格安航空券サイトの使いわけは?

 

一つのサイトが幅広く航空券の金額を比べたい場合↓

スカイスキャナー、トラベルコ

操作がしやすく、早く予約を完了したい場合↓

スカイチケット、Expedia

国内路線の格安航空券を探す場合 ↓

スカイチケット

ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始等の繁忙期に探す場合↓

トラベリスト

出発まで時間がないく急ぐ場合 ↓

スカイスキャナー、エアトリ、イーツアー

航空券とホテルを一緒に探す場合 ↓

Expedia、エアトリ(海外ホテルに強い)、トラベルコ

 

航空券比較サイトを利用する際の注意点は?

 

LCCは荷物代、食費代が含まれない状態で表示

一見するとLLCが安くても、荷物代を含めるとレガシーキャリアの方が安くなることもあります。

ただ、「機内食が必要ない」とか「荷物を預けない」という人は、LCCでも問題ありません。

LCCのセールは反映されにくい

LCCは頻繁にキャンペーンやセールを行っています。しかし、比較サイトにはキャンペーン価格が反映されにくく、航空会社から直接購入したほうが安い場合もあります。それぞれの航空会社のサイトに行って、現在セールを行っていないかを一つ一つ確認していくのも骨が折れる作業です。最近は国内線でも様々な航空会社が運行しているのに、海外行航空券の場合、国内外の航空会社すべてを調べるのは現実的ではありません。

そんな時に確認したいのがTraicyというサイトです。

 

Taicy(トライシー)とは何?

 Traicyは、航空・鉄道・バス・旅行・観光情報を中心とした情報メディアです。このTraicyの航空系への情報網の強さと速報性からLCC(格安航空会社)を中心に日本路線を持つ世界中の航空会社が今どのようなセールを行っているのか確認するのにとても便利なのです。

Traicyはリアルタイムでセール情報を事前に知らせてくれるため、FacebookやTwitterを登録しておくと便利です。常にアンテナを立てておくこと席数限定の格安航空券を見逃すことなく手に入れることができます。

一方で、現時点で手に入る航空券情報が知りたいこともあると思います。そんな時はLCC各社の航空券を一括して検索できるLCC.jpというサイトが便利です。

LCCのみで航空券の比較をしてくれます。

Traicyは思いがけないお得な航空券を見つけるために、LCCjpは旅行先が確定している中で今最も安い航空券を探すために、それぞれ使い分けると良いと思います。

Traicyのサイト

 

 

関連キーワード
おすすめの記事