ラグビーのタックル

ラグビー日本代表の母校も、高校ラグビーの夢の舞台、花園に出場します。ここでは、ラグビー日本代表の母校に注目し、花園の展望を紹介します。またラグビー日本代表の高校時代の活躍、今年花園に出場する8つの母校の結果も追っていきます!

ラグビー日本代表の母校の花園出場は?

ラグビーのラインアウト

日本中が熱狂したワールドカップ日本大会によってもたらされたラグビー熱が続いている中、第99回全国高校ラグビー大会が12月27日、花園ラグビー場で開幕します。

都道府県代表の51の高校が出場し、2020年1月7日の決勝まで、W杯の会場にもなった高校ラグビーの聖地花園で熱戦が繰り広げられます。

花園を舞台に、将来のラグビー日本代表を背負う逸材は現れるのでしょうか。

ここでは、ラグビー日本代表の母校について、スポットを当てたいと思います。

ラグビー日本代表の精鋭31人の中では、来日した外国人選手が増えたことにより、日本の高校出身者は大会ごとに少なくなっています。

今回のワールドカップラグビーのラグビー日本代表の国内の母校の数は17です。ラグビー日本代表が二人いる母校は2つ、伏見工業(京都工学院)、東海大仰星です。

全国高等学校ラグビーで、花園で日本一になった経験があるラグビー日本代表は、山中亮平選手(2006年度、東海大仰星)、松島幸太朗選手(2010年度、桐蔭学園)の2人です。

花園を経験していないのは、木津悠輔選手(由布)、具智元選手(日本文理大付属)、堀江翔太選手(島本)のみです。

つまり、ほとんどのラグビー日本代表の日本国内の高校出身者が花園を経験しており、今年の高校ラグビーでも、将来桜のジャージを着たブレイブブロッサムズの一員になる精鋭がいるに違いません。

ラグビー日本代表の17の母校のうち15校が花園に出たことがあるラグビー強豪校ですが、今年花園の舞台に立つ母校はどこなのでしょうか。

ラグビー日本代表の17の出身高校のなかで、公立高校は6校で、新潟工業、伏見工業、島本、福岡、由布、荒尾(岱志)です。

田中史朗選手や松田力也選手の出身高校伏見工業(京都工学院)は、テレビドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルとして有名で、過去日本代表を2番目に多く輩出している高校です。

伏見工業高校は、平尾誠二さん、大八木淳史さん、細川隆弘さんの出身高校でもあります。

福岡高校は、福岡堅樹選手の母校です。福岡選手が2010年度に花園に出場したときは、やはりその俊足で大活躍をしました。

第99回全国高校ラグビー大会で、ラグビー日本代表の母校で花園に出場する高校は8校です。

ラグビー日本代表の母校含めて2019年の展望は?

ラグビープレイヤー

優勝候補筆頭は、ワールドカップのラグビー日本代表の松島幸太朗選手の母校、桐蔭学園(神奈川)でしょう。

春の選抜大会で史上2校目の3連覇を果たし、夏の7人制大会も制した脚力を武器に、前回準優勝からの雪辱を期します。

次に続くのが、ラグビー日本代表の坂手淳史選手の母校、選抜大会ベスト4の京都成章(京都)と同大会準優勝の御所実(奈良)の関西勢Aシードの2校でしょう。

またラグビー日本代表の山中亮平選手と北出卓也選手の母校、東海大大阪仰星(大阪第3)も強力です。

上記の強豪4高校以外では、ラグビー日本代表のSH茂野海人選手の母校、石見智翠館(島根)も実力校で、今秋の茨城国体では、大阪桐蔭など強豪校の選抜チームの大阪代表を下しています。

他には、ラグビー日本代表のリーチ・マイケル選手の母校の札幌山の手(南北海道)や、田村優選手の母校の国学院栃木(栃木)、プロップ稲垣啓太の母校の新潟工(新潟)、ナンバー8姫野和樹の母校の中部大春日丘(愛知)といずれも注目されており、偉大なOBであるラグビー日本代表の大活躍に刺激され、虎視眈々と頂点を狙っています。

それでは、今年の花園出場を決めた、ラグビー日本代表の母校の8高校の詳細を紹介していきます。

ラグビー日本代表の松島幸太朗選手の母校、桐蔭学園(神奈川)

松島幸太朗選手の母校の桐蔭学園(神奈川)は優勝候補筆頭です。

2019年度の花園で史上3校目の“高校3冠”を狙う「東の横綱」です。

この10年で優勝1回(東福岡と同時優勝)、準優勝4回、3位2回を誇り、今年は春の選抜大会で3連覇を達成し、夏の7人制ラグビーの大会も制して勢いにのっています。

またラグビー日本代表WTB/FBの松島幸太朗選手、早稲田大キャプテンSH齋藤直人ら多くの名選手を輩出しています。

松島幸太郎選手は、入学した当初から規格外の才能を発揮したそうです。

当時の松島幸太朗選手を始めて見た桐蔭学園の監督は、バネ、スピード、加速力が群を抜いており、すごい選手になると思ったそうです。

松島幸太朗選手はすぐに、その才能は輝きを放ち、高校ラグビー界を席巻しました。

桐蔭学園時代、松島幸太郎選手は高校3年間すべて花園に出場し、高校3年生の時には全国優勝を果たしました。

特に松島幸太朗選手を高校時代のプレーの中で伝説と言われるプレーが、2011年の花園での100メートル独走トライです。

相手チームがトライまじかのライン側から、ボールを奪い、松島幸太朗選手は華麗なステップワークで軽々と抜き去り、チームを勝利に導きました。

高校ラグビー界は2000年代に入ってから関西以西のチームが強く、「西高東低」と言われていますが、その中で桐蔭学園は強さを維持しています、

強気の司令塔・SO伊藤大祐主将(3年)、U17日本代表主将も務めたナンバー8佐藤健次選手(2年)を軸に、歴史を塗り替える勢いです!

目指すはラグビー日本代表がワールドカップで見せたような、変幻自在の攻撃ラグビーです。

桐蔭学園といえば華麗なBK展開が看板ですが、今季はFWにも身長190センチの安達選手(3年)、同187センチの青木選手(2年)の両ロックらサイズのある選手がそろいます。

桐蔭学園が初の高校3冠&初の花園単独Vのダブル金字塔に挑みます!

ラグビー日本代表の山中亮平選手と北出卓也選手の母校、東海大大阪仰星(大阪第3)

東海大学付属大阪仰星高校のラグビー部が、第99回全国高校ラグビーフットボール大会府予選を勝ち抜き、全国大会へ出場を決めました。

11月17日に行われた決勝戦で関西大学北陽高等学校を相手に41-14で東海大仰星が勝利し、全国大会に駒を進めたとのことです。

東海大仰星のラグビー部といえば、2大会前の第97回全国高校ラグビーフットボール大会では優勝を果たし、今までに5度の優勝をしているラグビーの強豪校です。

東海大仰星は、ラグビー日本代表の北出選手、山中選手の母校です。

北出選手は、高校時代には高校日本代表に選出されました。

山中亮平選手は3年時、第86回大会(2006年度)では決勝で東福岡を19-5で降し、仰星に7大会ぶり2度目の全国優勝をもたらしました。

チームメイトには、フッカーとして日本代表になる木津武士選手がいました。

木津選手は南アフリカを34-32で破り、世界を驚愕させた前回のワールドカップに出場しています。

昨年は常翔学園に決勝で大敗。「体を張る」強さが足りないと感じ、フィジカル強化に努めた。コンタクトを増やし、この日、前半は無失点です。

成果も出し、松井翔主将(3年)は「去年の負けがあって、あらためて、ひとつになれた」と話しています。

1年時に全国制覇したCTB谷口宜顕(よしあき)選手ら経験豊富な選手もおり、「ひとつ間違えれば優勝もある」とダークホースにあげられています。

以下、花園の全国高校ラグビーの速報です!

Bシードの東海大大阪仰星(大阪第3)は、11トライを奪い、71得点で関商工(岐阜)に圧勝しました。後半は主力を休ませ、リザーブ8人を起用する余裕も見せましたた。

ラグビー日本代表の坂手淳史選手の母校、京都成章(京都)

全国高校ラグビー大会京都府予選の決勝が11月17日に行われ、京都成章は31-5で京都工学院を破り、4年連続11度目の優勝を果たしました。花園には、6大会連続12度目の出場となりました。

伏見工の歴史を継ぐ京都工学院は、現校名では初となる花園出場を逃しました。

京都成章は、ラグビー日本代表坂手淳史選手の母校です。

同校伝統の堅い防御は「ピラニア」とも呼ばれ、坂手選手が務めたNO8は、仲間の防御の乱れをカバーする機会が多くやってきたようです。

「味方が抜かれた瞬間にタックルに行く。ずっと狙って、狙って、仕留める。『あっ、俺や』と思った時では遅いんです」と坂手選手は語っています。

高3の冬、御所実(奈良)と7-7の激闘を演じ、全国高校大会準々決勝で抽選負けしました。

現在、世界の舞台で戦う坂手選手は「体を動かしながらタックルに入るのは、成章で学んだ。今に生きている部分は多い」と話しています。

今年の京都成章はロックの山本嶺二郎ら身長190センチ台の選手を3人擁する大型FW陣が自慢です。

当たりが強く、セットプレーにも安定感があり、高校日本代表候補もプロップの西野拓真ら6人に上り、主将のフランカー三木皓正(こうせい)選手は「体の大きさを生かしたラインアウトの競り合いには自信を持っている」と話しています。

以下、花園の全国高校ラグビーの速報です!

西のAシード・京都成章(京都)は、LO本橋拓馬選手(2年)がトドメのトライを決めて32-14で尾道(広島)に逆転勝ちしました。

後半17分、ハーフウェーライン付近から背番号のない巨体が飛び出しmした。191センチ、110キロ。超高校級の肉体を軽やかに操り、タックルをいとも簡単にはねのける。本橋が50メートル独走トライで試合を決定づけました。

ラグビー日本代表のリーチ・マイケル主将の母校、札幌山の手(南北海道)

2大会連続出場の札幌山の手(南北海道)は、主将を務めたリーチ・マイケル選手の母校です。

今年のチームをけん引するのが、リーチマイケル選手と同じニュージーランドからの留学生NO8ヴェア・タモエフォラウ選手(3年)です。

トンガ出身の父とサモア出身の母を持ち、身長186センチ、体重123キロ、太もも周りは76センチ、足は30センチと大型だが50メートル6秒2の快足です。

“リーチ2世”と称される高校日本代表候補は「全てを出し切りたい。試合が終わったらつかれて死んでしまうぐらいに」と闘志を燃やしています。

昨年の花園では熊本西との1回戦で約40メートルを独走し、トライを演出しました。

リーチ選手をはじめ、多くの留学生を指導してきた佐藤幹夫監督をして「フィジカルはNO・1でしょう」と言わしめます。

「日本代表になって世界一を倒したい」と、母国代表オールブラックスを破ることを夢見て来日した18歳はリーチも果たせなかったシード校撃破の原動力となるでしょう。

リーチ選手と同校との交流は続いており、昨年の大会前にはチーム全員にパーカーを送られたそうです。

今年は多忙の合間を縫って12月に佐藤監督が対面し「花園、頑張ってください」と激励の言葉を現役部員に届けられました。

原田季弥主将(3年)は「どこにいってもリーチ先輩の母校と言われる。恥ずかしい試合は出来ない」と発奮材料に変えてきました。

過去花園に17度出場も、最高成績は2回戦進出で、なかなかシード校の壁を破ることはできません。

今年は、タモエフォラウを中心とした平均体重91・5キロの強力FW陣に、バックスの機動力を磨いてきました。

高鍋(宮崎)との1回戦を突破すれば、昨年の大会で敗れたBシード、ラグビー日本代表の母校姫野選手の中部大春日丘(愛知)と再戦となります。

以下、花園で行われている高校ラグビーの試合結果です!

第99回全国高校ラグビー大会が12月27日、花園ラグビー場で開幕し、1回戦8試合が行われました。

日本代表リーチ・マイケル主将の母校・札幌山の手が、高鍋(宮崎)を26―14で破り、2大会連続で初戦突破しました!

勝利に大きく貢献したのは“リーチ2世”の異名を持つNO8ヴェア・タモエフォラウ選手(3年)でした。

高鍋に先制トライを許した後の前半15分、ゴール前のラックからボールを持ち出し反撃のトライ。同22分にはモールで押し込んだ後、左中間へ勝ち越しました。5点差に迫られて迎えた後半26分には、ゴール手前5メートルでのラックからパスを受け、中央へ決めました。「花園では3トライは初めて。最後のトライがうれしかった」 とヴェア・タモエフォラウ選手はコメントしました。

ヴェア・タモエフォラウ選手は、リーチ選手と同じニュージーランド出身で高校も同じです。186センチ、129キロのボディーには大きな可能性を秘めています。

2回戦では、昨年敗れた、姫野選手の母校の中部大春日丘と対戦します!

日本代表対決となりましたが、姫野選手の母校・中部大春日丘(愛知)に3トライを奪われ、札幌山の手(南北海道)は完封勝ちしました。

ラグビー日本代表の田村優選手の母校、国学院栃木(栃木)

ラグビー日本代表で司令塔として活躍した田村優選手は、ラグビーワールドカップ終了後の10月29日、母校の国学院栃木高(栃木県栃木市)を訪れました。

全校生徒らを前に、田村選手は「歯を食いしばり、何を犠牲にしてでも勝つべきだと思い頑張ることができた。ベスト8という結果は最高」と大会を振り返りました。

生徒の一人が心がけていることを尋ねると、田村選手は「まず有言実行であること。そしてラグビーを100パーセント全力で楽しむことだ」と答えた。そして「夢や目標はかなう。あきらめず一緒に頑張ろう」と呼び掛けました。

栃木大会決勝では佐野日大を40―5で降し連続出場を18に伸ばしました。

前回大会では引き分けで抽選の末、2年ぶりの初戦敗退となり、今大会は4年ぶりのノーシードで臨みます。

強力なフォワード陣とグラウンドを広く使ってパスをつなぐ伝統の「ランニングラグビー」が今年の特長です。

以下、花園の全国高校ラグビーの速報です!

Bシードの国学院栃木が、1回戦で1試合の大会最多得点記録を更新した報徳学園(兵庫)に14-12で競り勝ちしました!

ラグビー日本代表の稲垣啓太選手の母校、新潟工(新潟)

新潟工業高校は、ラグビー日本代表の稲垣啓太選手の母校です。

花園出場43回を誇る新潟工のグラウンドを天然芝にする話が持ち上がり、新入部員が7人(現在は10人)と少なく、このままでは部員不足を招きかねないと、樋口猛監督が決断しました。

稲垣啓太選手に協力を依頼したところ快諾、芝の苗や芝刈り機など、300万円を寄付しました。

全国高校ラグビー新潟県予選大会は11月3日、新潟市陸上競技場で新潟工業高校と北越高校の試合が行われました。

前半を新潟工 12 - 0 北越で折り返し、最終スコアを新潟工が19 - 12で北越を降して、7点差での勝利となりました

16大会連続44回目の出場となる新潟工は28日の1回戦で、徳島代表の城東(3大会連続13回目)と対戦することが決まりました。

樋口監督は、同校グラウンドの芝への改修費用を寄付してくれたOBの日本代表・稲垣啓太には「晴れ舞台でしっかりと成績を残し、いいところを見せたい」と恩返しを誓いました。

以下、花園の全国高校ラグビーの速報です!

日本代表PR稲垣啓太の母校新潟工業は、1回戦で敗退しました。12月28日に東大阪市花園ラグビー場で徳島県代表の城東と対戦し、7-21で敗れました。

ラグビー日本代表の茂野海人の母校、石見智翠館(島根)

石見智翠館(島根)は、130―0で出雲を破り、29年連続29回目の優勝を決めました。

前回大会で8強、前々回大会で4強の強豪で、春の高校選抜ラグビーでも4強、今大会のBシード校です。

石見智翠館は、前半開始早々に宮本脩汰選手(3年)が相手防御を振り切ってトライ。その後もフォワード(FW)、バックス(BK)一体となった分厚い連続攻撃でトライを量産しました。

前半で64点差をつけると、後半もボールを支配して計20トライと得点を重ねました。

石見智翠館は、ラグビー日本代表の茂野海人選手の母校です。平成18年4月に、前身の江の川高校に入学し、3年間ラグビー部スクラムハーフとして活躍しました。

茂野選手は、同じポジションの田中史朗、流大が活躍し、出場機会を得られませんでしたが、母校の後輩たちの憧れです。

フランカーの手島壮汰主将(3年)もその1人で、中学時代には茂野選手に教えを受ける機会がありました。

172センチ、87キロの主将を中心に29回連続で花園出場を決めました。

手島主将は、大学でも茂野選手と同じ大東大に進学予定で、今回目指す道のりは高校ラグビーの頂点です。

以下、花園の全国高校ラグビーの速報です!

ノーシードの石見智翠館(島根)が、トライを量産し、初の日本一へ白星発進しました。

前半、SO久富連太郎(3年)のトライを皮切りに、前半だけで11トライ。久富は後半に交代となったが、ゴールキックも10本決め、1人で25点を稼ぎました。後半になっても勢いは弱まらず、9トライを奪う圧勝で132得点をあげました。

ラグビー日本代表の姫野和樹選手の母校、中部大春日丘高校(愛知)

ラグビー日本代表の姫野和樹選手は11月18日、全国高校ラグビー大会に出場する母校、中部大春日丘高をサプライズで訪問し、ラグビー部の壮行会に出席しました。

全校生徒約1500人を前に「勉強をしっかりしてください。自分はしてこなかったことを後悔している。いま週2回英語の勉強をしている」と呼び掛けた。ラグビー部には「ベスト8の壁を乗り越えてほしい」とエールを送りました。

また、代名詞となった相手からボールを奪うプレー「ジャッカル」を教えたり、生徒からの質問で自身の恋愛エピソードを披露したりする場面もありましたた。

高校に入学した姫野和樹選手は1年生から花園でプレーし、2年生の時も花園へ出場しましたが、3年生の時は愛知県予選の準決勝で敗退し花園出場は出来ませんでした。

1年生の花園は1回戦で尾道高校に12-12の同点で抽選負け、2年生の花園は1回戦で再び尾道高校に19-19の同点で今回は抽選勝ち、続く2回戦では桐蔭学園に10-23で敗退しました。

やはり高校時代からすごかったらしく、キック、ロングパス、ステップと何でもできたそうです。強豪の東海大仰星(大阪)や大阪桐蔭との練習試合で、チームは負けても「個人の力でトライを取ってくるような当時から異次元の選手だったそうです。

リーチマイケル選手の出身高校である山の手高校と今年は同じブロックに入っており、対戦が楽しみですね!

以下、花園の全国高校ラグビーの速報です!

W杯日本代表NO8姫野和樹選手の母校、中部大春日丘が同代表リーチ・マイケル主将の母校、札幌山の手との“代理決戦”を制しました。

中部大春日丘(愛知)と札幌山の手(南北海道)が対戦し、19―0でBシードの中部大春日丘が勝利しました。

まとめ:ラグビー日本代表の母校が花園出場!松島、稲垣、リーチ選手の高校も!

ラグビーのキック

ラグビー日本代表の出身高校も、花園を舞台にした高校ラグビーの活躍が期待されます。ここでは、高校ラグビーについて、ラグビー日本代表の出身高校に注目し、強豪校やラグビー日本代表の母校を中心に、花園の展望を紹介しました。

またラグビー日本代表の高校時代の活躍、そして今年花園に出場する8高校についても調査しました。

12月27日から開幕する高校ラグビー!ラグビーワールドカップにも負けないぐらいの熱戦を期待します!

おすすめの記事