音楽

2020年4月22放送「あいつ今何してる」では、スウエーデン育ちの奈良女子大学附属中の天才・坂本くん(坂本龍右・リュート奏者)が登場します。ここでは、「あいつ今何してる」に登場する、奈良女子大学附属中の超天才で5か国語を話す坂本龍右(リュート奏者)の経歴についてまとめました。

「あいつ今何してる」奈良女子大学附属中の天才!スウェーデン育ち?

2020年4月22放送「あいつ今何してる」では、スウエーデン育ちの奈良女子大学附属中の天才・坂本龍右さん(リュート奏者)が登場します。

国立の進学校・奈良女子大学附属中等教育学校で、中1にして教師に「教えることは何もない」と言わしめた超天才!がいます。

それが、坂本龍右さんでs。

坂本龍右さんは、スウェーデン育ちで5か国語を操り、さらに古楽器“リュート"の圧倒的な才能がありました。

名だたるグローバル企業が立ち並ぶ国・スイスに住まわれています。

ここでは、「あいつ今何してる」に登場する、奈良女子大学附属中の超天才の坂本龍右(リュート奏者)の経歴についてまとめました。

「あいつ今何してる」坂本龍右(リュート奏者)のプロフィールは?

名前: 坂本龍右(さかもとりょうすけ)

出身地: 奈良

出身校: 東京大学文学部思想哲学科(美学芸術学専攻)

趣味:仏像彫刻・鉄道・図柄集めなど

坂本龍右さんの両親は、古楽器奏者の坂本利文さんと洋子さんです。

両親の影響を受けて、坂本さんは、幼少時より古楽器に親しんでいました。

父親の教えで、6歳からリュート、10歳からヴィオラ・ダ・ガンパを弾き始めます。

1994年最年少で、全日本古楽コンクール本選に出場しました。

「あいつ今何してる」坂本龍右(リュート奏者)の経歴は?

中学は、奈良女子大学附属中と教育学校に進学し、幼い時にスウエーデンで過ごしていたこともあり、中学のときには5か国語を話していたそうです。

音楽だけでなく、勉強も知識もトップクラスで、中1にして教師に「教えることは何もない」と言わしめるほどの天才でした。

高校卒業後は、本格的にリュートを勉強することを希望するも、日本には学べる場所はなく、仕方なく東大(文科Ⅲ類)に進学したということです。

東大卒業後は、2008年にスイスのバーゼル・スコラ・カントルムに留学し、リュートをはじめとする撥弦楽器を学んで、2011年に優秀な成績で修士課程を修了しました。

その後新設されたルネサンス音楽科に進み、プレクトラムリュートを学び、2013年に修了しました。

2013年イタリアで行われた国際古楽コンクールにて、リュートソロ部門1位となりました。

2015年よりパーゼル・スコラ・カントルムに公式伴奏者として勤務します。

リュート奏者として、ヨーロッパ各国のリュート協会・古楽祭にソリストとして招聘される他、通奏低音奏者としても数多くの団体に参加しました。

2017年には国際ビーバー古楽コンクールアンサンブル賞最高位獲得されています。

「あいつ今何してる」坂本龍右(リュート奏者)の現在は?

現在、坂本龍右さんは、現在スイス・バーゼルを拠点に活動され、リュート奏者、ヴィオラ・ダ・ガンパ奏者としてソロ公演や様々な活動をされています。

コンサートホールや教会で演奏されているそうです。

まとめ:「あいつ今何してる」坂本龍右(リュート奏者)!奈良女子大学附属中の天才!

ここでは、「あいつ今何してる」に登場する、奈良女子大学附属中の超天才の坂本龍右(リュート奏者)の経歴についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事