公共料金

2020年4月15日放送「ソクラテスのため息」の「超お得!家計改善!節約術教えます!」で電気代・水道代を安くする方法が説明されました。ここでは、「ソクラテスのため息」で説明された、光熱費の節約術、電気代・水道代を安くする方法についてまとめました。

「ソクラテスのため息」電気代を安くする方法は?

電力の自由化により、電力を作る会社と電力を販売する会社が分かれました。

それまでは、居住地域によって、契約する電力会社は一つでしたが、2016年4月の電力の小売 全面自由化により、電力は、消費者が選ぶ時代になりました。

電気の消費量が多い人へのおススメは!

ピタでん!「使いたい放題プラン」

月額基本料 12220円で、500kW/hまで使い放題です。

だいたい4人家族ならこれで十分とのことです。

マンションでも部屋ごとに契約可能ですので、自分に合った電力会社、プランを選んで契約するのもOKなのです。

逆に、電気の消費量が少ない人へのおススメは、20Aから契約可能な、エルピオでんきです。

月々の電気使用量と、居住地域によって、自分に合った電力会社を探してみてはいかがでしょうか?

「ソクラテスのため息」水道代を安くする方法は?

月々の水道代を安くする方法は、シャワーヘッドを変える、のが王道です。

1人当たり1にh氏の水道使用量290Lのうち、約半分がお風呂で使う水道代です。

普通のシャワーヘッドを、節水シャワーヘッドに交換するだけで、年間、約9000円の節約になります。

水圧が心配ですが、節水シャワーヘッドを使うと、実は逆に水圧は高くなったりします。

水が出る穴がちょっと小さかったり、穴の数が少ないのが、節水シャワーヘッドですが、使用感としてはすごく強く出るけど、実際の水の量は少ない、というものです。

おススメの節水シャワーヘッド

アラミック シルキンシャワー・プレミアム(ST-X1A) 参考価格 5480円(税抜)

節水効果は、60%!

手元に水を止めるスイッチがあり、出しっぱなしも簡単に防ぐことができます。

まとめ:電気代・水道代の節約術!光熱費を安くする方法!「ソクラテスのため息」

ここでは、「ソクラテスのため息」で説明された、光熱費の節約術、電気代・水道代を安くする方法についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事