オリーブオイル

「主治医が見つかる診療所」認知症のリスクが半滅するというマインド食が紹介されました。摂り入れるべき10の食材となるべく控えた方がいい5の食材は何なのでしょうか?

ここでは、「主治医が見つかる診療所」紹介の認知症のリスクが半滅するマインド食を説明しています。

認知症のリスクが半減するマインド食とは?アメリカで開発された食事法とは?

ベリー

2020年1月23日放送「主治医が見つかる診療所」で、認証症のリスクを減らす食べ物が紹介されました。

国立循環器病研究センターの猪原匡史先生は、脳卒中と認知症の専門医で、脳の老化を防ぐ食事法を研究しています。

猪原先生によると、認知症予防のために世界中で注目されている食事法がマインド食だそうです。

アメリカのラッシュ大学医療センターで考案された食事法です。

マインド食を実践すると、認知症のリスクが53%も減少すると言われています。

認知症になっていない高齢者923人(58~98歳)に10年間マインド食を試してもらった結果、少し実行したグループに比べて十分に実践したグループは認知症発症リスクが53%低かったのです。

摂り入れるべき10の食材なるべく控えた方がいい5の食材は何なのでしょうか?

認知症のリスクが半減するマインド食とは?取り入れるべき10項目の食材とは?

ナッツ

マインド食は15項目設定されていて、内訳は次の通りです。

10項目:できるだけ摂取したい食材

5項目:できるだけ避けたい食材

マインド食で取り入れるべき10の食材は以下の通りです

マインド食で取り入れるべき10の食材

1.緑黄色野菜 週6回以上

2.根菜類 1日1回

3.ナッツ類 週5回以上

4.豆類 週3回以上

5.ベリー類 週2回以上

6.魚 週1回以上

7.鶏肉 週2回以上

8.全粒穀物 1日3回

9.オリーブオイル 優先的に使う

10.ワイン 1日215mlまで

全粒穀物とは、玄米や胚芽系のパンなど精製していない穀物だそうです。

認知症のリスクが半減するマインド食とは?控えた方がいい5項目の食材とは?

チーズ

マインド食でなるべく控えた方がいい食材(認知症予防のため控えた方がいい)

1.赤身の肉 週4回まで

2.バターやマーガリン 1日スプーン1さじ未満

3.チーズ 週1回まで

4.お菓子・スイーツ 週5回まで

5.ファストフード・揚げ物 週1回まで

猪原先生によると、15項目中10項目以上守れるのが理想ですが、8項目守れていた人でも35%認知症が予防できたという結果が出ています。

ゆるめの目標を設定しても、効果があるのがマインド食の特徴です。

まとめ:「主治医が見つかる診療所」認知症のリスクが半滅するマインド食とは?

赤ワイン

「主治医が見つかる診療所」認知症のリスクが半滅するというマインド食が紹介されました。

摂り入れるべき10の食材となるべく控えた方がいい5の食材を公開しています。

完璧に実践することは難しい食材もありますが、ゆるやかな設定でも効果がありそうなので、可能な範囲でマインド食を取り入れてみてください!

おすすめの記事