認知症イメージ

「主治医が見つかる診療所」で、認知症の原因や、睡眠の質や生活の新習慣などの認知症予防が取り上げられました。ここでは、「主治医が見つかる診療所」で教えられた認知症の原因や認知症予防、睡眠の質を向上する方法や脳活性を高める日常の新習慣を紹介します。

「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!認知症とは?

アルツハイマー

2020年1月23日放送「主治医が見つかる診療所」で、すぐできる認知症予防新習慣がとりあげられました。

認知症とは、正常だった記憶や知能などが低下し、日常生活に支障をきたす状態のことを言います。

認知症は、高齢な人だけが気を付けるべき病気ではありません。

最近では、20~30代から認知症対策が必要と言われています。

認知症は一度かかると治らないと言われていましたが、また最新の研究では脳にある方法で刺激を与えれば、回復する可能性があるともいわれています。

認知症の原因となる脳のゴミとは?

またその脳のゴミを予防する対策はあるのでしょうか?

ここでは、認知症の大きな原因とその予防について、取り上げていきたいと思います。

「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!脳のゴミとは?

教えてくれたのは、脳研究では世界トップレベルとよばれる新潟大学脳研究所教授の池内健先生です。

日本人に発症する認知症が、日本人にしかない遺伝子の変異が原因の1つであることを、世界で初めて発表した研究チームの一人で、まさに認知症研究の権威です。

脳のゴミは、話す・見る・考えるなど、私たちが普段日常生活を送っているだけでも発生してしまう物質です。

このゴミがたまりすぎると脳の細胞が破壊され、アルツハイマー型認知症を発症してしまうそうです。

脳のゴミはアミロイドβと呼ばれるたんぱく質の一種です。

この脳のゴミであるアミロイドβが、認知症の最も大きな原因です。

認知症にならないためにはこの物質をため込まないことが重要なのです。

人間は脳のゴミを脳脊髄液へ流して分解する処理能力を持っているのですが、年齢とともに処理能力が低下してくるとゴミが徐々にたまっていくそうです。

すると脳細胞を破壊しはじめ、認知症を発症してしまいます。

80歳を超えると約4人に185歳以上になると2人に1人が認知症を発症しているのです。

脳のゴミは、認知症を発症する約20年前からたまり始めます

つまり70歳で認知症を発症した人は、50歳ごろから脳のゴミがたまり始めていたのです。

高齢になってから気を付ければいいという考えは、大間違いです。

30代もしくは20代から、認知症を考慮した生活習慣を考えるのが重要です。

認知症予防は、すべての世代に必要というのが、認知症の新常識です。

「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!脳のゴミがたまる原因は?

脳のゴミがたまる原因は、主に2つあります。

1.運動不足

アメリカ東部で行われた研究によると、認知症の有病率が下がっているという報告があります。

その理由は運動習慣を持つことを、国をあげて推奨しているという取り組みがあるからだそうです。

2.悪い睡眠

人は睡眠中に脳脊髄液の量が増え、脳のゴミを押し流していることがわかっています。

起きている時は、脳のゴミを流す力はあまりないといいます。

悪い睡眠をしていると、脳のゴミを流すことはできません。

「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!脳のゴミを流す方法は?

良い睡眠をとることが、脳をキレイに保つカギとなり、脳のゴミを流すうえで最も重要となるのです。

1.理想の睡眠時間をとる。

スペインのマドリード大学病院の調査で65歳以上男女3286名を3年間追跡調査したところ、認知症のリスクが一番低くなる睡眠時間がわかったそうです。

理想の睡眠時間は約7時間で、6時間以下だと認知症リスクが1.36倍にあがってしまったそうです。

また8時間以上の睡眠時間の人もリスクが1.27倍となり、長すぎる睡眠もよくないことがわかりました。

2.睡眠の質が重要です。

ただ寝るだけではなく、ぐっすり眠ることも重要だそうです。

脳のゴミを流すためのポイントは、適切な睡眠時間と睡眠の質です。

「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!睡眠の質をためるには?

1.寝る前に体を温めてから眠る。

池内先生が実践しているのは、寝る約1時間前に、ぬるめの風呂(38~40℃)に入ることだそうです。

体は夜になると自然と体温が下がり、その作用で眠気がくるようになっています。

現在不規則な生活やスマートフォンの普及などで、夜自然と体温が下がらない人が増えているそうです。

そこで寝る前にぬるめの風呂で体を温めることで、入浴後体温が下がりはじめぐっすり眠れるようなります

2.短時間の昼寝がおすすめ

睡眠時間が取れない場合は、休みの日に寝だめをするのではなく、短時間の昼寝(30分程度)をするのがおすすめです。

3.自分がリラックスできることをする

札幌禎心会病院の上山博康先生は、本を読むなど自分の楽しい趣味に関することをしてリラックスするようにしているそうです。

4.スマホ・パソコンを見ない

イシハラクリニックの石原新菜先生は、寝る1時間前間接照明に切り替えスマホやパソコンを見ないようにするそうです。

暗くなると脳からメラトニンが分泌され、眠りを誘います。目から入る刺激が強いと、メラトニンが分泌されづらくなるそうです。

5.少量のアルコールを飲む

石原先生が実践しているもう1つの方法は、眠る前に少量の赤ワインを飲むことだそう。

適量の飲酒は、アルツハイマー型認知症のリスクを下げることがわかっています。

ビールであれば中ジョッキ1杯、日本酒であれば半合、赤ワイであればグラス1杯程度におさえるのが大切です。

6.寝る前にホットドリンクで体を温める

秋津医院の秋津先生のおすすめは、寝る前に気に入ったホットドリンク(ホットミルクなど)を飲むことだそう。

寝る前に入浴できない人も、ホットドリンクで体を温めることで同じような効果が得られます。

「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!脳を活性化する新習慣とは?

イシハラクリニックの石原先生に、スーパーなど日常生活で出来る認知症にならないための新習慣を教えてもらいました。

1.レモンの香りで脳を活性化

認知症予防が期待できるのはレモンの香りです・

レモン(柑橘類)の香り交感神経を刺激し、脳の血流をアップさせることがわかっています。

記憶や集中力を高め認知症の予防や改善が期待できるとのことです。

レモンの香りのアロマオイルにも、同様の効果が期待できるそうです。

2.食材選びは旬を意識する

食材を選ぶときは、旬のものを選ぶのがポイントです。

認知症になると時間の感覚が薄れ、季節を感じにくくなります。

旬を意識しながら買い物をすると、それだけで脳が活性化され認知症予防につながります。

3.知らない人と会話する

スーパーでできる3つ目の認知症予防の新習慣は、知らない人と会話することです。

対面販売しているコーナーなどもおすすめ。初めて話す人と会話することで、脳が活性化するそうです。

4.ニンニクの香りで早期発見

認知機能が低下すると先に匂いが分かりづらくなるのがニンニクです。

普段からニンニクの匂いを意識しておくと、認知症の早期発見につながるそうです。

5.1日5分間ボーッとする

石原先生は1日5分間ボーッとする時間を作っているそうです。

人は活動して脳を使っている時よりも、ボーッとしている時の方が脳は20倍のエネルギーを消費しています。

ボーッとしている時脳は記憶や感情などの情報を整理整頓しているんだそうです。

ヨガの瞑想同じような効果があると言われています。

まとめ:「主治医が見つかる診療所」認知症予防と原因!睡眠の質と新習慣?

レモン

2020年1月23日放送「主治医が見つかる診療所」で教えられた認知症の原因認知症予防睡眠の質を向上する方法脳活性を高める日常の新習慣を紹介しました。

認知症予防は、20代や30代からでも必要なこと、生活習慣や睡眠時間・睡眠の質を改善することで十分に改善できることがわかりためになりました。

認知症については、治療よりやはり予防が重要なので、今からでも意識して取り組んでみてはいかがでしょうか。

「主治医が見つかる診療所」一生認知症にならない脳育?簡単体操?の記事もご覧ください!

「主治医が見つかる診療所」認知症のリスクが半滅するマインド食とは?の記事もご覧ください!

「主治医が見つかる診療所」認知症にターメリックが有効?レシピは?の記事もご覧ください!

おすすめの記事