シュクメルリ鍋

2020年2月11日放送「めざまし」に、ニンニクたっぷりの牛丼・松屋のシュクメルリ鍋が紹介されました。ここでは、「めざまし」 に紹介された、 ニンニクたっぷりの牛丼・松屋のシュクメルリ鍋 のメニュー、そして実食した感想を紹介します。

牛丼・松屋のシュクメルリ鍋が「めざまし」登場!シュクメルリとは?

シュクメルリ

2020年2月11日放送「めざまし」に、ニンニクたっぷりの牛丼・松屋のシュクメルリ鍋が紹介されました。

シュクメルリとは、ジョージアの伝統料理で、鶏肉をガーリッククリームソースで煮込んだものです。

ジョージアは国として存在していて、日本では一般的に「グルジア」と呼ばれていました。

2015年まではグルジアと呼ばれていましたが、国家名称を定める法改正により「グルジア」から「ジョージア」と表記することになったようです。

ロシア、アジア、ヨーロッパ、中東に囲まれたジョージアは、様々な地方の特性を含んだ料理が多く、日本人の口に合う美味しい料理がとても多いそうです。

ホワイトソースで鶏肉を煮込んだシュクメルリの味のポイントは、なんといってもにんにくとチーズです。

世界一ニンニクを美味しく食べるための料理といわれています。

刻んだにんにくをたっぷりと使い、仕上げにチーズと生クリームをこれまた贅沢に加えたソースは、濃厚中の濃厚です。

日本でもよく見られる鶏肉のクリーム煮とは一線を画します。

牛丼・松屋のシュクメルリ鍋が「めざまし」登場!松屋のメニューや価格は?

シュクメルリと松屋のコラボ?

最初は、なんとなくアンマッチで不思議でした。

松屋の『シュクメルリ鍋定食』はそのシュクメルリをメニュー化したものです。

鶏もも肉とサツマイモを、ニンニクホワイトソースで煮込み、とろけるチーズを振りかけて仕上げています

2019年12月に店舗限定で販売されていましたが、大反響のため全国販売に踏み切りました。

2020年1月14日(火)に発売されるやいなや、「シュクメルリってなに!?」「ジョージア料理って初めて」などその注目度が急上昇しました。

シュクメルリの生まれ故郷であるジョージア大使館の大臣たちも食し、故郷の味の再現度の高さに太鼓判を押したといわれています。

メニューと価格は、以下の通りです。

シュクメルリ鍋定食(ライス・生野菜・みそ汁付き) 790円(税込) 1042kcal

松屋の公式サイトより引用

シュクメルリライスセット(ライス・みそ汁付き) 730円 (税込)  1,018kcal

松屋の公式サイトより引用

牛丼・松屋のシュクメルリ鍋が「めざまし」登場!実食した感想は?

お店で食券を渡し、最初に提供されたのは、白いごはん、お味噌汁、そして「火です! 

よく旅館とかで見かける固形燃料です。そして、その上に鍋が置かれました。

すでに湯気が出てグツグツしていますが、このまま火にかけて熱々で食べることができます。

ホワイトソースがベースですが、白いというりは、少し黄色~茶色がかっています。

ゴロゴロとした大ぶりの鶏肉とさつまいもが美味しそうです。

ひとくち食べた瞬間、口の中はニンニクでいっぱい!

香りもかなりパンチがあって、にんにくとチーズの臭いが鼻に飛び込んできます

チーズにニンニク、クリーム、チキン、さつまいもなど、多くの人が好む食材が使われています。

味は、 クリームシチューにチーズとにんにくがうまく調和したかんじでしょうか。

これは日本人もすきな味です

ニンニクが効いた濃厚なクリーミーなホワイトソースが、柔らかい鶏肉と絡み合います。

とろけるチーズもいいですね!

鍋は温められているので、最後まで熱々!寒い時期には最高です!

いつ販売終了になるかわからないので、早めにおでかけください!

まとめ:牛丼・松屋のシュクメルリ鍋が「めざまし」登場!ニンニクたっぷり?

ここでは、 「めざまし」 に紹介された、 ニンニクたっぷりの牛丼・松屋のシュクメルリ鍋 のメニュー、そして実食した感想を紹介しました。

松屋で鍋、しかもクリーム鍋とは驚きでした。

寒い冬には最高のメニューで、ニンニクもたっぷりなので健康的です。

みなさんもぜひお試しください!

おすすめの記事