寿司

2020年3月22日放送「BACKSTAGE バックステージ」に、寿司職人であり、ホストのSHUNが出演します。ここでは、「バックステージ」に登場する、ホストのSHUNのプロフィールや鮨職人として鮨を握る理由や店舗についてまとめました。

「バックステージ」寿司職人であり、ホスト!

2020年3月22日放送「バックステージ」に、寿司職人であり、ホストのSHUNが出演します。

17時から寿司を握り、21時になったらホストクラブで、ホストとしてお客様を出迎えています。

SHUNさんは、「一人前になるには10年はかかる」という、すし職人の世界の中で、「修業期間が長すぎる」と持論を展開し、ホストとして働きながら板前の修行をし、1年前に新宿・歌舞伎町に寿司屋さんをオープンしました。

ここでは、「バックステージ」に登場する、ホストのSHUNのプロフィールや鮨職人として鮨を握る理由や店舗についてまとめました。

「バックステージ」寿司職人・ホストのSHUNのプロフィールは?

1987年、東京都生まれ。

ホストクラブSmappa! Hans Axel von Fersen代表です。

NPO法人グリーンバード歌舞伎町チームリーダーです。

入れ替わりの激しいホスト業界で14年間正統派トップホストとしてその名を知られています。

飲食店などをグループ展開するSmappa!Groupのホストクラブ本店の代表を10年間務めています。

2008年から2年間 おちまさとプロデュース「ヒルホス」のメインパーソナリティを務めるほか、テレビ朝日「ロンドンハーツ」など多くのメディアにも出演しました。

2019年5月には自らが大将を務める寿司店「へいらっしゃい」をオープンさせました。

「バックステージ」寿司職人のSHUN!ホストが鮨を握る理由は?

SHUNさんは、17時から寿司を握り、21時からホスト業をこなし、25時からまた寿司屋のカウンターに入り寿司を握ります。

SHUNさんは、「ホストの中にもこんなやついるんだ」と思って欲しいという気持ちがありましたと語っています。

世の中の人がホストに抱いている、ちょっと誤解されがちなイメージが少し変わるといいなと思っています。

SHUNさんは、14年間続けてきたホストという職業に誇りを持っているといいます。

これからもホストをやっていきたい。

その中で、このキャリアを活かして、ホストのおもてなし精神が、他のサービス業でも通じることを示したい!と考えています。

でも、何より1番は「女性のための寿司屋を作りたい」ということだそうです。

長年、好きな食べ物は何?とお客さまに聞いてきたら、ダントツで寿司が1番だったそうです。

自分みたいにダブルワークをするホストの存在が、一つの生き方の提示になればと考えている!とSHUNさんは語っています。

「バックステージ」寿司職人のSHUNの店舗は?

店舗情報: へいらっしゃい

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-12-15 新宿第7ビル B1 

電話:03-6273-9541

営業時間・定休日:ホスト業と兼業のため、営業時間はTwitterにてご確認ください。

まとめ:「バックステージ」寿司職人のSHUN!ホストが鮨を握る理由は?

ここでは、「バックステージ」に登場する、ホストのSHUNのプロフィールや鮨職人として鮨を握る理由や店舗についてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事