ロボット

2020年3月11日放送「未来はココまで来た」で、ボストンダイナミクス社の世界最先端のロボット犬・SPOT(スポット)が登場します。ここでは、「未来はココまで来た」に登場する四脚ロボット犬・SPOT(スポット)のYouTubeや特徴や用途、東京での初披露などをまとめました。

ボストンダイナミクス社のロボット犬・SPOT(スポット)「未来はココまで来た」に登場!

2020年3月11日放送「未来はココまで来た」で、ボストンダイナミクス社最新ロボット犬・SPOT(スポット)が登場します。

100年前に発行された雑誌で描かれた「対面電話」は現在、「テレビ電話」として実現しました!

50年前の万博での展示で描かれた「壁掛けテレビ」は現在、「液晶テレビ」として実現しています。

「こんなモノがあったら良いな」「こんな未来になったら良いな」と思い描いた未来は今、どこまで実現しているのでしょうか?

スタジオには、日本のテレビ番組初登場となる未来型ロボットが登場します。

総合司会の加藤浩次もさんもかねてから注目していたというボストンダイナミクス社の最新ロボット「Spot(スポット)」です。

セットの階段を物ともせず動き回る姿に、最年少ゲストのKing & Prince神宮寺勇太さんも大興奮します。

ここでは、「未来はココまで来た」に登場する ロボット犬・SPOT(スポット)のyoutubeや特徴や用途、東京での初披露などをまとめました。

「未来はココまで来た」 最新ロボット犬・SPOT(スポット)とは?

米ボストンダイナミクスが「Spot Launch」というタイトルの動画を公開しました。

「Spot」は同社が厳選した一部のクライアントにのみ出荷が始まっていて、量産準備に入っているといいます。

「スポット(Spot)」は、犬のように四足で歩行し、斜面や階段を上り降りすることができます。

キリンのような首と顔(マニュピレーターにもなる)を拡張したり、LiDARやカメラ機器なども追加拡張できる身体性能に優れたモバイルロボットです。

左手の親指でコントローラーのジョイスティックを弾くと、ロボットが前後左右に動きます。

右手側のジョイスティックを左右に動かせば、モーター音とともにロボットが方向転換します。

岩をよじ登ったり、傾斜を乗り越えたりするのもお手の物です。

たまに泥に足をとられることもあるが、めげずに前進していきます。

基本的なプラットフォームの能力としては、起伏の多い地形を移動したり、360度の障害物を発見して回避したり、ナビゲーションと自律性を持った移動、リモートコントロール性などを持っています。

「未来はココまで来た」最新ロボット犬・SPOT(スポット)の 用途は?

ロボット犬”の異名をもつ四脚ロボット「Spot(スポット)」を市場に送り出します。

ところが、その用途はボストン・ダイナミクス自身もよくわかっていないといいます。

その器用さと期待の大きさ、カスタマイズ性の高さゆえ、実際に何ができるのか、何に便利なのかを顧客と話し合いながら決めていく必要があります。

初期段階で想定している顧客と用途としては、建設現場の監視、ガスや石油、電力施設や公共の安全監視や遠隔検査を想定しているそうです。す

すでに量産に入っていて、限定した初期ユーザー向けの出荷を行っているといいます。

2018年には竹中工務店とソフトバンクらが実証実験を実施していることが伝えられました。

「未来はココまで来た」最新ロボット犬・SPOT(スポット)を東京都がデモ公開!

ボストンダイナミクスの四足歩行のロボット犬「SPOT」製品版、デモを初公開したのはソフトバンクロボティクスや大手ゼネコンではなく、なんと東京都となりました。

2020年1月29日、「スマート東京シンポジウム&ダイバーシティTOKYOアプリアワード表彰式」がアクセンチュア・イノベーションハブ東京で開催されました。

副都知事の宮坂氏が登壇し「スマート東京 実施戦略 東京版Society 5.0実現に向けて」と題して講演を行いました。

副都知事はヤフーの代表取締役社長やソフトバンク(現・ソフトバンクグループ)の取締役などを務め、ソフトバンクとは縁が深いことから、ソフトバンクグループ傘下のボストンダイナミクス社の「SPOT」を最先端のロボット技術として日本初公開したと思われます。

宮坂氏は主に”繫がる”街を実現し、スマート東京を推進していく考えです。

バス、バス停、建物、橋梁、公園、地下街、信号、地下鉄、医療、教育など、高速通信でつなぐインフラを整備するとともに、公共施設や都民サービス、都庁などのデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるということです。う。

スマートシティにおいては、5G、IoT、ロボットの普及事業を促進するとともに、自動運転など次世代モビリティの利用拡大に向けた検討を進めていくといいます。

そして、最先端のロボット技術として「SPOT」のデモが国内初公開されるに至ったのです。

まとめ:ロボット犬・SPOT登場!ボストンダイナミクス社! 「未来はココまで来た」

ここでは、「未来はココまで来た」に登場する 四脚ロボット犬・SPOT(スポット)のYouTubeや特徴や用途、東京での初披露などをまとめました。

まるで生きているような動きをする四脚ロボット犬・ SPOT(スポット)!

ロポットと人間が共存する時代がもうすぐ到来しそうですね!

おすすめの記事