2020年2月6日放送の「ハナタカ」にて、ストレッチのプロが、体が硬い人でもできるストレッチや注意点を紹介しました。プロが教えるストレッチの「ハナタカ」について、ストレッチの方法や注意点をまとめました。

「ハナタカ」体が硬いからストレッチができないわけではない!?

東京文京区にあるB3 stretch salonは、ストレッチに特化した専門店のプロが教えてくれるハナタカです。

ストレッチとは、筋肉を伸ばすことにより、筋肉の長さを覚えさせるもので、筋肉を伸ばすことにより体が柔軟になります。

ストレッチが出来ないのは体が硬いから、と思い込んでいる人が多いのですが、実は、それ以外にも「脳が出来ない」と思い込んでいるから、ということがあるのだそうです。

「痛い」というようなマイナスのイメージが筋肉を収縮させてしまうことがあるので、二人一組で後ろから背中を押すような前屈はおススメしません。

強く押されると脳が拒否反応を起こすのだそうです。

「ハナタカ」 ひとりで前屈をするときに注意することは?

体が硬い人が前屈をするときに注意することは、膝は曲げ、背筋を伸ばして行うのがよいそうです。

膝を曲げることで骨盤が前に倒れるので、太ももの裏側が良く伸びます。

体の硬い人が、膝を曲げずに前屈すると、骨盤が前に倒れないので、太ももの裏が伸びにくいのです。

前屈の大きな目的は、太ももの裏側を伸ばすことなので、これが出来ていないとあまり意味がないのだそうです。

ジョギング前にプロがおすすめするストレッチとは?

さて、太ももの裏側のほかに、ジョギング前には、どの部分のストレッチが重要なのでしょうか?

答えは「腰」です。

腰方形筋という走るときなどに使う重要な筋肉が使えておいないと、走るときにバランスよく走れず、膝をひねったり傷めたりするのだそうです。

おススメの腰のストレッチ

①右手の親指で腰の横あたりを押さえます。

②足を肩幅より広めに開き、左手は上に伸ばします。

③そのまま右にだらーんと倒れ、その態勢のまま10秒間キープします。

④逆側も行います。

また柔らかいものをイメージすると、それだけで筋肉がゆるみ、体は柔らかくなるそうです。

例えば「こんにゃく」

まず、普通に前屈します。

次に、こんにゃくをイメージします。次に自分の体がこんにゃくになったイメージをします。

更に、さきほどより1mm曲がるイメージをします。

さて、いつもより前屈が出来るのでしょうか???

素直なひとほど早く効果がでるようです!?

まとめ:「ハナタカ」プロが教えるストレッチ!おすすめの方法や注意点は?

2020年2月6日放送の「ハナタカ」にて、ストレッチのプロが、体が硬い人でもできるストレッチや注意点を紹介しました。プロが教えるストレッチの「ハナタカ」について、ストレッチの方法や注意点をまとめました。

ストレッチには、イメージが重要のようですね。

今日から、ストレッチをするときに「こんにゃく」をイメージしてみたいと思います!

おすすめの記事