タオル体操

2020年5月28日放送「主治医が見つかる診療所」で、巻き肩を解消する改善ストレッチ(タオル体操)が紹介されました。ここでは、「主治医が見つかる診療所」で紹介された、浅い呼吸の原因となる、巻き肩を解消する改善ストレッチ(タオル体操)についてまとめました。

「主治医が見つかる診療所」巻き肩により呼吸が浅くなる?

北里大学の整形外科教授の高平尚伸医師が教えてくれました。

高平尚伸先生によれば、 浅い呼吸の原因の一つが巻き肩とのことです。

巻き肩は、両方の肩が前に出て、体を包むこむように内側に入り込んでいる状態です。

この状態が長く続くと、胸が圧迫されて、呼吸が浅くなります。

現代人は巻き肩が多いとのことです。

スマートフォンなど手にするものが小型化したため、巻き肩になりやすいとのことです。

また運動不足やストレスなどにより、巻き肩になることもあるそうです。

「主治医が見つかる診療所」巻き肩のチェック法は?

1.リラックスして立ち両手を下に垂らします。

手の甲が前を向き、中指まで見えると、巻き肩になっている恐れがあります。

「主治医が見つかる診療所」巻き肩改善ストレッチのやり方は?

大胸筋ストレッチ

鎖骨の下・胸・腕の付け根につながる筋肉です。

ストレッチで胸を広げることが必要です。

1.手を体の後ろで組み、大きく息を吸い込みます。

2.10秒ほどかけて、ゆっくりと上を向き、息を吐きながら腕を上げていきます。

ポイント:肩甲骨を寄せるように意識してください。

3.大きく2~3回深呼吸してください。

体がかたくて、後ろで手を組めない人はタオルを使えばOKです。

肩甲骨引き寄せストレッチ

タオルを用意してください。

1.タオルを肩幅よりやや広めに持ちます。

2.両手を頭の上に持ち上げます。

3.両ひじを曲げて、タオルを頭の後ろに下ろします。(胸を張るよう意識しましょう。)

4.これを10回くらい繰り返してください。

まとめ:「主治医が見つかる診療所」巻き肩改善ストレッチ!タオル体操で?

ここでは、「主治医が見つかる診療所」で紹介された、浅い呼吸の原因となる、巻き肩を解消するタオル体操についてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事