二重あごを気にする女性

2020年2月18日放送「教えてもらう前と後」で、二重あご(スマホ首)を数秒で改善する方法が公開されました。ここでは、「教えてもらう前と後」 で放送された二重あご(スマホ首)を数秒で改善する方法を紹介します。 随時更新します!

「教えてもらう前と後」二重あご(スマホ首)を数秒で改善!若者にも多い 二重あご(スマホ首) の原因は?

2020年2月18日放送「教えてもらう前と後」で、二重あご(スマホ首)を数秒で改善する方法が公開されました。

最近特に、20代~40代の女性二重あごが増えているそうです。

その原因はスマホを見る時間が多くなり、下を向く時間が増え、首の骨がスマホ首になることが大きく影響しているそうです。

長時間スマホ使用で、「肩こり」「頭痛」「倦怠感」「自律神経障害」など引き起こしがちです。

その上、二重あごやほうれい線が下がるなど若い人でも老け顔になってしまいます。

これは、長時間前かがみの姿勢が良くないということですね。

スマホの見すぎ以外にも、長時間下を見続ける家事や仕事をしている人は、スマホ首になりやすいとのことです。

ここでは、「教えてもらう前と後」 で放送された二重あご(スマホ首)を数秒で改善する方法を紹介します。

「教えてもらう前と後」二重あご(スマホ首)を数秒で改善!スマホ首のチエック法!

1.椅子に深く腰掛けて、背もたれに寄りかかり正面を向きます。

2.他の人に80cm後ろで、じゃんけん(グー・チョキ・パーのどれか)を胸の前で出してもらいます。

3.肩は動かさず、首だけで後ろのものを見ます。

これが見えるかどうかがポイントです。

片方でも見えないとスマホ首の危険があります。

「教えてもらう前と後」二重あご(スマホ首)を数秒で改善! トレーニング方法は?

肩・腰のプロ、さかい保険整骨院の酒井慎太郎先生が教えてくれました。

スマホ首と言うのは、アゴが出て背中が丸まっています。

椅子1つでできるスマホ首改善法

1.背筋を伸ばし座った状態で、頭を水平に前に出します。

2.アゴに指を当て、水平に’後ろに強めに)押し込みます。

以上を2~3回行います。

3.  椅子に浅く座り、両手を上げ胸をそらします。(椅子の背もたれに肩甲骨の胸椎があたるようにしてください。)

丸まった背中をしっかり伸ばして、10秒を2セット行います。

「教えてもらう前と後」二重あご(スマホ首)を数秒で改善! あさイチで紹介された方法は?

以下は、あさイチで紹介された二重あご解消の方法です。

二重あごを解消するために、ストレートネックを改善する必要があるようです。

北里大学医療衛生学部教授の高平尚伸先生おすすめの簡単ストレッチです。

最初に、壁を背に1m離れて立ちます

後ろで手を組み腕を後ろに引っ張りゆっくり上を向きます。

首がほぐれていなく、ストレートネックになっていると、上を向くことが難しいでしょう。

首が固くなっている人は、首の肉をほぐす必要があります。

その場合は、手を後ろに組み、あごを思いっきり引いて二重あごを作るのがポイントです。

今まで、あごを突き出すのが必要と思っていましたが、思いっきりあごを引いて二重あごをつくるのが重要とのことです。

二重あごをつくることで、ストレートネックで問題になっている首の下のほうの骨を動かすことができるようになります。

二重あごを作るように後頭部を引くようにすれば、首の下の骨も動くようになるとは驚きですね。

それでは、以下に二重あご解消簡単ストレッチのプロセスをまとめました。

二重あご解消簡単ストレッチ!

1.後ろで手を組み、腕を後ろに引っ張り、胸を大きく開きます。

2. 二重あごをつくるように首を引きます。

3. 7秒かけて、首の骨を、1つずつを曲げるイメージで,少しずつ天井に顔を向けるようにしましょう。

4. あごを上げた状態で、3秒キープしてください。(ただし、あまり無理をしないで、痛くない範囲で行ってください。)

以上のステップを、一日に3回繰りかえしてください。

二週間ほどで、ストレートネックも改善されてきて、それが二重あごの解消につながるそうです。

まとめ:「教えてもらう前と後」二重あご(スマホ首)を数秒で改善!方法は?

ここでは、「教えてもらう前と後」 で放送された 二重あご(スマホ首)を数秒で改善する方法を紹介しました。

ぜひ参考にしてください!

おすすめの記事