体内時計

2020年3月3日放送名医と「名医とつながる!たけしの家庭の医学」にて、新型コロナ対策の免疫力アップにもつながる体内時計簡単リセット法が紹介されました。体内時計リセットドリンクや体内時計食材とは?ここでは、「たけしの家庭の医学」で紹介された、免疫力を向上する体内時計を整える方法をまとめました。

「たけしの家庭の医学」 体内時計簡単リセット法 ! 新型ウイルス予防&高血圧改善

2020年3月3日放送「たけしの家庭の医学」にて、免疫力向上にもつながる体内時計簡単リセット法が紹介されました。

乱れた体内時計を修正すると、新型ウイルスだけでなく普段の不調を一挙に解消するとのことです。

・体内時計を整えて高血圧が改善!主婦の体内時計を乱していた悪い生活習慣と改善法とは?

・不眠、ダイエット、脳の活性化にも…!様々な悩みを体内時計で解決する方法をクイズで紹介

ここでは、「たけしの家庭の医学」で紹介された体内時計簡単リセット法 (体内時計リセットドリンクや体内時計食材)をまとめました。

「たけしの家庭の医学」 体内時計の重要性とは?

体内時計は、ホルモンの分泌・体温・血圧・自律神経など、全身の様々な機能を調節しています。

体内時計が乱れると、様々な不調の原因になり、体内時計が整うと様々な不調の改善につながります。

新型コロナ対策も、体内時計を整えることで、免疫力を高め有効です。

人間の体内時計は、24時間ぴったりではないので調整が必要となります。

「たけしの家庭の医学」 体内時計を整える方法?体内時計を乱す習慣とは?

1.毎日の起きる時間

起きる時間がバラバラ。起きる時間を統一した方が良いです。

2.起きた後の行動

カーテンも開けないのは体内時計を乱します。起きたらまず朝日を浴びることが重要です。

3.朝食

朝食をとらないと、脳が活性しません。朝起きたら、定時に朝食をとるようにしましょう。朝食には、ツナサンドがおすすめです。EPA DPAなどの脂質、炭水化物、タンパク質がそろっていると、乱れた体内時計を正常に戻します。

4.昼間の過ごし方

日中はじっとしていないで、体を動かすことが重要です。運動と静養を交互に繰り返すことが重要です。

夕方に運動するのがおすすめです。睡眠に重要なメラトニンが多く分泌されるのが夕方で、この時運動する睡眠ホルモンが多く分泌されるそうです。

これにより、睡眠の質があがります。

体内時計を整えてくれる飲み物は、緑茶です。

枝豆は、体内時計を動かす葉酸が多く含めているので、体内時計を調整するのに有効です。

海苔や鶏のレバーもおすすめです。

5.お風呂に入る時間

お風呂は、寝る前の90分前までにはいるようにしましょう。

「たけしの家庭の医学」 体内時計を整える方法? ダイエットには?

間食しても脂肪がたまりにくい時間帯は、午後2時~3時頃がおすすめです。

実際に番組で、間食の量を変えないで、 午後2時~3時頃に間食を食べるようにしたら、体重は見事に減りました!

夜は脂肪をため込むように体はできています。

よって、夜8時頃までに夕食をとるのが理想的です。

夜遅くに夕食を食べる人は、夜6時頃に少し分食して、夜中の量を減らしましょう!

「たけしの家庭の医学」 体内時計を整える方法? 脳を活性化?

学力アップにつながる朝食の食べ方は、3品以上食べることです。

朝食の品数と学力は関係するのです。

朝食の品数が多いほど、脳の中にある時計が活性化するそうです。

番組で取り上げた小学生も、朝食を3品以上にする生活をすると、実際に学力がアップしていました!

まとめ:「たけしの家庭の医学」体内時計簡単リセット法?免疫力アップ!

ここでは、「たけしの家庭の医学」で紹介された、免疫力を向上する体内時計簡単リセット法をまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事