ストレッチ

2020年6月2日放送「教えてもらう前と後」で、武田真治さんが簡単エクササイズを紹介しました。ここでは、「教えてもらう前と後」で、オンライン授業や、リモートワーク、巣ごもり生活でコリコリになった体をほぐす、武田真治さんが紹介してくれた自宅にあるボウルを使った簡単エクササイズについてまとめました。

「教えてもらう前と後」武田真治の簡単エクササイズ!

まずは、肩こりの大きな原因の一つ「肩甲骨周り」の固さをチェックします。

手を指先を下に向けて、背中側で合わせて、出来るだけ腕をまっすぐにします。

どのくらいの角度まで腕をあげられたか、効果を知るために、最初の腕の角度を覚えておきます。

「肩こり改善エクササイズ」

STEP1:ボウル(水が入っていることをイメージしましょう)を押し上げるように、頭の真上に、肘をまっすぐにしてあげ、頭は固定したまま、両腕を左右に10回ずつ揺らします。

※肘をまっすぐにするのがポイントです。

上げた両腕は、耳より後方にあるのが理想的です。

STEP2:頭を固定し、腕だけを10回回します。(車のハンドルを回すイメージです

ボウルの幅程度(肩幅より狭いくらい)で出来れば理想的ですが、それがキツイという方は、ボウルの代わりにタオルなどを持ち、肩幅より広くして行っても大丈夫です。

STEP3:体は反らずに、胸を張る意識で、両腕を腕より後方にします。

※腕は後方へ、胸は前へ、の意識で行います。

STEP4:ボウルを背中側で持ち、上体はそらさず、腕だけを10回高く上げます。

※なるべく胸の位置は変えずに、腕だけを上げます。

ゆっくり肩甲骨を寄せる意識です。

1日に、夜と朝、10回 x 2セットを目標に行いましょう!

まとめ:「教えてもらう前と後」武田真治の肩こり予防改善エクササイズ!ボウルでトレーニング!

ここでは、「教えてもらう前と後」で、オンライン授業や、リモートワーク、巣ごもり生活でコリコリになった体をほぐす、武田真治さんが紹介してくれた自宅にあるボウルを使った簡単エクササイズについてまとめました。

ぜひ参考にしてみてください!

おすすめの記事