東大寺初詣2023の混雑状況や屋台は?駐車場や料金は?
東大寺の初詣

奈良の大仏で有名な東大寺の2023年の初詣について、参拝日程や時間、混雑状況・時間帯、屋台の出店、拝観料(料金)等気になりますよね。ここでは、東大寺の初詣の2023年参拝日程や時間、混雑状況や混雑時間帯、交通規制、屋台(露店)の出店、アクセスや駐車場、拝観料(料金)、特徴やご利益、元旦の観相窓の開閉について紹介します。

東大寺の初詣の2023年参拝日程や時間は?

奈良が誇る東大寺の大仏様の堂々たる姿は、新年の息災を祈る初詣にはぴったりですね。

東大寺の初詣の2023年の参拝日程や時間をみていきましょう。

【東大寺の初詣の2023年参拝日程や時間】

・除夜の鐘 元旦0時〜

一般参拝者は除夜の鐘をつくことはできません。

・大仏殿

元旦 0時~20時

1月2日以降 8:00~17:00

一方通行での参拝となります。

・二月堂

元旦0時〜2時

【拝観料】

三が日の参拝は無料となっています。

東大寺の初詣の2023年混雑状況や混雑時間帯は?交通規制は?

東大寺の初詣は、毎年正月三が日で約6万人程度の参拝者が訪れます。

初詣参拝者としては比較的少ないですが、周囲の交通規制などが行なわれるため、混雑します。

東大寺の近隣の駐車場が封鎖され、歩行者天国になっているところもあり、混雑しやすくなっています。

コロナ禍では、入場規制もありました。

特に、22時から0時が一番参拝者が多く混雑しますが、明け方以降はやや混雑が緩和されるようです。

車で行かれる場合は、JR奈良駅か近鉄奈良駅周辺のコインパーキングに駐車し、東大寺までバスで行かれることをおすすめします。

JR奈良駅や近鉄奈良駅から東大寺方面に向かうバスが随時運行されていますので、利用される方が早いかと思われます。

また、JR奈良駅からは徒歩約30分、近鉄奈良駅からは徒歩約20分で東大寺に到着し、道中は夜間でも様々な屋台がでているため、屋台を楽しみながら東大寺に向かうこともできます。

東大寺の初詣の2023年屋台(露店)の出店は?

東大寺の初詣の屋台は、ものすごい数の屋台(露店)が出店します。

近鉄奈良駅から東大寺の前の交差点にかけて、お土産屋さんと屋台が出ています。

連なる屋台は壮観ですよ!

国立博物館付近が特に賑やかです。

時間は大晦日から元旦にかけて、夜通し営業され、翌朝の5時くらいまで食べ物の心配はありません。

正月三が日は、朝10時頃から夕方頃まで、屋台がオープンされていますよ♪

東大寺の初詣2023のアクセスや駐車所は?

東大寺の初詣のアクセスもみていきましょう。

東大寺

住所: 奈良県奈良市雑司町406−1

【アクセス】

電車でのアクセス

JR奈良駅、近鉄奈良駅からバス約4分 「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

車でのアクセス

京奈和自動車道「木津IC」から約7キロメートル

【駐車場】

・奈良市役所駐車場 1日1000円

・若草モータープール

東大寺の初詣の特徴やご利益は?観相窓の開閉は?

東大寺は、世界的に有名な「奈良の大仏様」をご本尊とする寺院です。

天武天皇が激動の世の中を癒やし、国家の安泰と民衆の幸福のために建立しました。

そのため無病息災、一家安泰などのご利益があります。

大晦日から大仏様が鎮座する大仏殿の参道に、篝火は灯され、年明けとともに大仏殿が開扉されます。

外からも大仏様のお顔を拝見しながら、新年を迎えることができます。

観相窓の開かれ、大仏殿の外側から大仏様のお顔を拝見できるのは、1年に2回のみという貴重な機会です。

まとめ:東大寺初詣2023の混雑状況や屋台は?駐車場や料金は?

ここでは、東大寺の初詣の2023年参拝日程や時間、混雑状況や混雑時間帯、屋台(露店)の出店、アクセスや駐車場、拝観料(料金)、特徴やご利益、元旦の観相窓の開閉について紹介しました。

元旦には、大仏殿の観相窓から、大仏様のお顔が拝むこともできますので、2023年のご利益を東大寺で祈願しましょう!

関連キーワード
おすすめの記事