ファッション

2020年3月24日放送「セブンルール」に、モデルの冨永愛さんが出演され、パリコレや子育てなど7つのルールを語ります。ここでは、 「セブンルール」 に出演する冨永愛さんのプロフィール・経歴・7つのルールについてまとめました。

冨永愛がセブンルールに出演!パリコレ復帰?

2020年3月24日放送「セブンルール」に、モデルの冨永愛さんが出演され、パリコレや子育てなど7つのルールを語ります。

世界の第一線で活躍し続けるモデル・冨永愛。

ファッション界の最高峰、パリ・コレクションなど、世界中の名だたるショーに出演してきました。

そんな彼女が、今年、10年ぶりにパリコレへの復帰に挑むことになりました。

パリコレ出演が決まっているわけではなく、オーデションに参加し、声がカるのを待っていました。

幼少期から背が高く、中学を卒業時には身長が176センチになっていました。

「自分のことが嫌いで、コンプレックスだらけだった」。

そんな自分を変えることが出来ると思ったのがモデルの仕事でした。

雑誌に載った制服姿が海外のファッション関係者の目に留まり、17歳でニューヨーク・コレクションに参加。そこから世界のトップモデルへ駆け上がったのです。

食事管理とトレーニングを怠らず、気温3度の中、肌を露わにしながらも平然とした表情で撮影を続けます。

モデルという仕事に徹底したプロ意識を持つ彼女、実はプライベートでは中学生の一人息子のシングルマザーでもあります。

10年ぶりのパリコレ出演へ。

彼女程の実績があっても、オーディションに合格しなければ出演することはできないといいます。

いつ届くかもわからない合格の知らせを待ちます。

それでも準備を怠りません。

国内中心に活動してきた冨永愛さんは、いくつかのブランドに売り込みます。

そして、パリコレのランウェイに帰りざきました。

また、このほど、8年ぶりにパリコレ出演を果たしたこともインスタグラムで報告し、話題になっています。

トレーニングの様子も紹介されました。

番組では、現在14歳の長男を持つシングルマザーとしての生活も告白します。

ここでは、 「セブンルール」 に出演する冨永愛さんのプロフィール・経歴・7つのルールについてまとめました。

冨永愛がセブンルールに出演! プロフィールは?

冨永愛 (とみなが・あい/Tominaga Ai

出身地  神奈川県相模原市

生年月日  1982年08月01日

年齢 37歳

星座 しし座

血液型 B型

身長:179cm

股下:92 cm

趣味:着物集め

好きな食べ物:ラーメン

略歴 雑誌『プチセブン』モデルを経て、2001年にニューヨークコレクションでランウェイデビューを飾ります。

日本人としては異例の世界に通用するトップモデルとして、一流ブランドでのショーや広告に起用されています。

映画『デビルマン』に妖鳥シレーヌ役で出演して話題を呼びました。

冨永愛さんは179cmという高身長で、日本だけではなく海外でもモデルとして活躍されています。

神奈川県相模原市に誕生した冨永愛さんですが、少し家庭の事情は複雑のようで、母親はネグレクト気味だったようです。

冨永愛さんには二人の姉妹がいますが、すべて父親が違うのだとか。母親は離婚と再婚を繰り返し、その経済状況も決して良くはなかったそうです。

冨永愛さんがモデルとしての活動をスタートさせたのは15歳のことでした。

17歳の時には雑誌に掲載された冨永愛さんの写真が海外のファッション関係者の目にとまり、その活動は日本から海外へと広がっていきます。

冨永愛さんは2004年に結婚されています。お相手はパリ在留の日本人パティシエだったそうですが、2009年には離婚をされていたようです。

冨永愛さんにはこの元旦那さんとの間に息子が一人おり、現在はシングルマザーとして息子を育てているそうです。

息子の年齢は現在14歳前後とみられており、子供の親権は冨永愛さんが持っているそうです。

冨永愛がセブンルールに出演! 経歴は?

冨永愛さんがモデルとしての活動をスタートさせたのは15歳のことでした。

17歳の時には雑誌に掲載された冨永愛さんの写真が海外のファッション関係者の目にとまり、その活動は日本から海外へと広がっていきます。

この時に冨永愛さんは現在の所属事務所であるボン・イマージュに所属し、本格的なモデル活動を行っていくことになりました。

コンプレックスだった高身長は、モデルという仕事をするにあたっては最大の利点ともなりました。

ファッション雑誌のモデルとして実績を積み重ねていた冨永愛さんに、さらなる転機が訪れます。

冨永愛さんの高校の制服を着た写真がファッション雑誌「Vogue」に掲載されたのですが、これが海外のファッション関係者の目にとまったのだそうです。

制服のスカートの丈はギリギリまで短くし、白いルーズソックスにラルフローレンのカーディガンとローファー、さらには当時はやっていたガングロというスタイルだったようです。

冨永愛さんはこの「Vogue」での制服写真の掲載をきっかけに、世界へと活動の場を広げていくことになりました。

そして2001年に冨永愛さんは念願のコレクションモデルとしてデビューします。高校2年生の時のランウェイモデルデビューの場となったのが、ニューヨークコレクションでした。

この時のブランドはラルフローレンだったそうです。冨永愛さんは高いヒールを履いてウォーキングやポージングを行う練習を繰り返してきたそうですが、この時に着たのはラルフローレンの中でもストリートタイプのファッションだったそうです。

冨永愛がセブンルールに出演! 7つのルールとは?

ルール1.仕事相手全員と握手する。(挨拶していない人が空間にいるとやりずらい。自分はモデルとして、全てをさらけ出しているから。)

ルール2.ポーズはミリ単位を意識する。(ミリ単位で写真にすると全然違うといいます。あくまで最高のパフォーマンスを目指します。)

ルール3.ラーメンは年2回。(ラーメンは好き。2回しか食べれないラーメンを食べる瞬間は宝物のようにキラキラしているそうです。)

ルール4.試食は断らない。(体型維持は大事。でも人情はもっと大事。試食を進める人の心や想いを考えます。)

ルール5.10年後も使えるものしか買わない。(母子家庭で3人を育てた母を見て、物を大事にすることが身についているそうです。)

ルール6.息子のお土産はスノードーむと地図(オーディションの合間は子供のことを考えています。)

ルール7.いつでも裸になれる自分でいる(モデルはどんな衣装を着るかは当日までわからない。求めてくれる人がいる限り手は抜かない。)

まとめ: 「セブンルール」 冨永愛の7つのルールとは?パリコレ復帰と私生活?

ここでは、 「セブンルール」 に出演する冨永愛さんのプロフィール・経歴・7つのルールについてまとめました。

最後までご覧いただきありがとうございました。



おすすめの記事